リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ:外壁塗装 > 外壁コーキング

外壁コーキング費用


コーキング工事を行う場合、足場の設置、既存コーキングの撤去、
新規コーキングの増し打ち作業が必要です。

では、ここでコーキング増し打ちに掛かる費用をご紹介したいと思います。

・足場設置費用
コーキング工事をする場合、外壁塗装や屋根工事を伴う場合は、
その足場を利用することできます。

しかし、コーキング工事のみを行う場合、足場の費用が個別に掛かってきます。
一般的なお住まいで、足場を掛けるとなると、おおよそ20万円位の費用が掛かります。

作業を請け負う業者によっては、足場無しで、はしごなどで行う場合も有りますが、
安全性と施工性を考えれば、やはり足場設置をお薦めしたいですね。


・既存コーキング撤去費用

既存のコーキングを取り除く作業です。
カッター等を使用して、既存コーキングを綺麗に取り除きます。
この費用は、一般的なお住まいで約3万円です。


・新規コーキング打ち施行費用

一般的にサイディングなどの目地に使用するコーキング材は、変性シリコンと言う種類を使用します。
マスキングテープで養生を行い、他の場所に付かない様注意をしながらの工事です。
この費用が、約10万円で、その他既存コーキングの処分費用やなどが必要となりまう。


気をつけたいことが、業者によって、それぞれ計算方法や単価が違ってきます。
外壁工事など、他の工事と並行する場合は、金額が値引されることあります。
まずは、複数の業者から見積りを取ることをお薦めします。

複数業者に一度で見積もり依頼をするならこういったサイトを利用するのが便利ですね。


↓  ↓  ↓


 



サイディングの特徴であるボードとボードの繋ぎ目を目地と言います。
この目地と、窓のサッシ周りに埋め込まれているのが、コーキング材です。

新築時は、このコーキング部分がむき出しであり、紫外線などが直接あたり劣化して行きます。
特に日当たりの強い南西側の劣化は激しいと言われています。

劣化してると、雨水の浸入などが起こり、内部にも影響を与えますので、
このコーキングの打ち替え工事が必要となります。

特に外壁塗装工事を行う前は、このコーキングの打ち直し工事をする必要があります。
コーキング打ち直しを行わずに塗装をすれば、コーキング部分の劣化と共に、
雨水の浸入が起こり、雨漏りなどの原因になります。

多少、費用が増えるとしても、必ずコーキングの打ち直しを行うことが大切です。
また、それが長持ちの秘訣にもなります。

コーキングの傷み方としては、
『コーキングにヒビが入る』
『痩せてくる』
『剥がれてくる』
などが見られます。
 

それでは、工事の進め方をご紹介しましょう。

1.劣化したコーキングをカッターなどで撤去します。

2.マスキングテープなどで、養生を行います。
これは、コーキング材が横にはみ出した場合、仕上がりが汚くなるために行います。

3.接着剤となるプライマーを刷毛で塗っていきます。
ここを丁寧に作業しないと剥離の原因になります。

4.「ガン」と言う工具で、コーキング材を注入していきます。


これで、外壁塗装を続けて行うことができます。
コーキングの上から、塗装をすると、コーキングに直接紫外線があたらず、
長持ちすることになります。


外壁塗装の足場


外壁コーキングには、打ち替えと増し打ちと言う工事の方法があります。
この打ち替えとは、完全に既存のコーキングを撤去し、新しくコーキングを、
やり替える方法です。

また、増し打ちとは、既存の劣化したコーキングをそのままにして、
その上からコーキングを打つ方法です。この場合費用は安く済みますが、
あまりお勧めできる方法ではありません。

その理由は、既存のコーキングと新たに打つコーキング材との密着性が良くない場合、
剥離を起こしてしまうことがあるからです。

既存のコーキングが残っていることで、その後もコーキング材は劣化し痩せて行きます。
既存のものと新しく増し打ちしたコーキングが、目地の中で隙間を作り、
本来のコーキングの作用をしなくなる場合も有ります。

サイディングやALCボードの繋ぎめの目地部分に打ち込むコーキング材は、
膨張や伸縮を繰り返し、劣化していきます。

おおよそ、10年で硬化劣化すると言われています。
そうなると、防水効果が薄れ、雨水が入りこむことに繋がります。

外壁を観察して、ボードなどのつなぎ目部分で、コーキングがよれて劣化したり、
剥がれて来たりしている場合は、コーキングの打ち直しの時期と判断しましょう。

10年と言えば、ちょうど外壁塗装を考える時期でもあります。
コーキングを打ち直しをする場合も、足場が必要となりますので、
外壁塗装工事や、もしくは屋根の工事と同時に行う事で、足場代の節約になります。

ひび割れ クラック



外壁工事を行うときに、耳にすることがある外壁のコーキングとは、
どういう工事の事でしょうか?

まず、このコーキングと言う言葉を、日本語に直訳すると、
「詰め物をする」となります。

また、コーキングと似た言葉に、シーリングが有り、
こちらは「密閉する、蓋をする」となり、まさしくこの言葉通りの工事を言います。


では、どのような時にこの外壁コーキング工事を行うのかをご紹介します。

・外壁材にある、サイディングやALCボードの目地に使用

複数のパネルやボードを貼りあわせて、出来ている外壁で1枚の壁ではありません。

そのため、どんなに合わせても、そのボードやパネルの間には隙間ができてしまいます。
そこで、その間に目地と言う隙間を、敢えて作ります。

その目地にコーキング材詰め、密閉することで、
そこから、水が侵入することを防ぐことができます。

コーキングはその言葉通り「詰め物をして蓋をする」工事のことですね。


・外壁のひび割れに使用

外壁にクラック(ひび割れ)が出来てしまった場合、
そこから、雨水などが入り込みます。

そのため、クラック部分の隙間にコーキング材を埋め込む作業をします。
これで、雨水などの進入を防ぎ、クラック補修ができます。


このコーキング部分が劣化してくるのを放置していると、
外壁塗膜の劣化のみではなく、建物内部の腐食にも繋がります。

このコーキング部分を小まめにメンテナンスをすることは、
建物の寿命を延ばす秘訣であることを、心得ておきましょう。

外壁のひび割れ


モルタル壁や、サイディング壁のひび割れは、
ひび部分にコーキングを充填する補修方法が一般的です。

もしこのひび割れを放置していると、雨漏りの原因になりますし、
雨水が浸入すると、内部に腐食を起こたり、白アリが発生します。

外壁のひびを見つけたら、必ず外壁コーキング補修を行うことが必要です。

ひびの部分をカッターできれいにし、下地材を塗布しますが、
もし、ひびが0.5㎜を超えるほどであれば奥深くまで、
ひび割れている可能性があります。

そこで、V字に溝を掘り、コーキング材を充填するVカット工法を行います。
カットすることで、接着面を広げ、ひび割れの再発を防止します。

外壁のひび割れを発見した場合、今流行りのDIYで補修しようと考えていませんか?
確かに、正しい施工や工具などが揃っている場合、補修ができるかもしれません。

しかし、ここまでお話したように、ひびに対するコーキング工事は、
見た目だけでは、どこまでのひびなのか、わからないことが有ります。

どこまでのひびなのか?
どの補修方法を取れば、繰り返しひび割れを起こさないかなど、
判断が難しいところです。

ひびに対する補修は防水性能を高めなければ意味が有りません。
大切なお住まいを長持ちさせるためには、専門の業者に任せる方が、
良いのではないでしょうか?

また、外壁ひびをコーキング補修行った場合、補修した部分のみが目立ちます。
補修を行う際は、できれば外壁塗装を行うことをおススメします。

このページのトップヘ