リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ:フルリフォーム > スケルトンリフォーム

マンション


長年住んでいたマンションを、新たに全面リフォームする場合や、
中古マンションを購入して、自由にスケルトンでリフォームする場合の基礎知識を、
ご紹介します。


まず、スケルトンリフォームとはどんなものでしょうか?
スケルトンリフォームとは、建物の構造以外を撤去して、家を造り直すことを言います。

通常のリフォームでは、給排水の配管を移動することは難しく、
キッチンなどの水廻りの移動ができません。

しかし、スケルトンリフォームで有れば、キッチンの移動も可能です。
壁つけキッチンから、対面やアイランドキッチンにもできますね。

スケルトンリフォームにすると、自由性が出来て、
自分の好きなように部屋内のデザインにすることができます。

もちろん大規模な間取り変更も可能です。
ただし、通常のマンションリフォームよりも費用は高くなることは承知しておきましょう。

マンションスケルトンリフォームをする場合の費用としては、
60㎡のお住まいで、500~800万円で相場となります。

新築マンションを購入するよりも、安いお値段でリフォームできる中古マンション購入に人気があるもの頷けます。
ただし、機器や設備材料のグレードでも価格に大きく差が出来てきます。

何度もリフォームをするわけにはいかないので、後で後悔の無いように、
慎重に計画を立てることが重要ですね。



スケルトンリフォーム費用


スケルトンリフォームをする場合、一番気になるのは、
何と言っても、費用がどれくらい掛かるのかと言うことではないでしょうか?

スケルトンリフォームは、壁・天井・床や、設備などを全て取り払って、新しいものを入れるので、
費用はそれなりに掛かってきます。

掛かる費用はお部屋の広さや間取りで変わります。
また使用する設備や部材などのグレードによっても大きく変わります。

たとえばギリギリ予算を抑えても、60㎡のお住まいで700万くらいの費用が目安となります。
一般の水廻りリフォームでも、既存の設備を撤去して床下開けてみたら、補修箇所などが見つかり、
工事費用が上がったなどと言うことも、実際にあります。

スケルトンリフォームになると、それ以上に思いもよらない費用が掛かる場合もあります。
まして、基礎部分の補修などをしなければならない場合は、
費用を抑え過ぎると、かえって損をする場合もあります。

むやみな値引き交渉で、工事自体の質が落ちることは避けたいものですね。

スケルトンリフォームでは、見えないところの改善も出てくると言うことを心得て置き、
最初の見積金額より、ある程度予算を多く考えておく必要が有りますので、
充分注意をしましょう!

最初の計画のクオリティを下げずに、工事価格を抑えるには、
必要のない無駄な工事は出来るだけ減らすこと。
業者のアドバイスをしっかりと聞き、効率の良い工法を選択すると、
費用を抑えることができます。

費用の面でも、工事作業の面でも、かなり大きな工事になるスケルトンリフォーム工事です。
是非、信頼できるリフォーム業者選びを間違えないように注意しましょう!

信頼できる業者選びの参考のページはコチラをご覧ください。


⇒ リフォーム業界の3つの非常識 

 

スケルトンリフォーム NGポイント


住居を外壁や柱だけのスケルトンにして行うリフォームは、
中身を新しく作り直す全面リフォームです。

外観は新築時より見劣りするものの、中に入れば、
自分好みの空間が広がる魅力的な工事と成る、スケルトンリフォームですが、
工事を行う際に、制約があると言うことも心得ておきましょう。


例えば、マンションの場合は、所有者である人が持つ所有権がある専用部分のみの、
スケルトンリフォームになります。

制約のある個所としては、共有部分の廊下・玄関ドア・外壁や、
構造体の柱や梁などはリフォームができません。

廊下などのあるメーターボックスや、パイプスペースの移動ももちろんNGです。
既存のバルコニーをガラス張りのサンルームにすることもできません。

スケルトンリフォームを計画時に、各マンションごとに定められている管理規約などの内容を、
確認することをお薦めします。

また、戸建住宅の場合も建築基準法の基準を守らなくてはいけません。
例えば、建物には、耐力壁という壁があります。
これは、建物を支えているのですがこの耐力壁を壊したり、大きな窓を新設することはできません。

壁は住居を支える重要な役割を持っているので、むやみに壁を取り除いての間取り変更などはNGです。

戸建住宅の場合、建て替えならば、解体を機械で行い、新たに新築で立て直すことが出来ます。
しかし、スケルトンリフォームの場合、骨組みを残すので解体は機械ではなく手作業で行うことが多く、
建て替えよりも費用が掛かることも有るので注意してください。

できれば、見積もりを取る際に、建て替えの見積りも含めて相見積を取ると、
比較検討に役立ちますので、工事NGの内容も含めてリフォーム業者に相談しましょう。


リフォーム業者の選び方は重要なポイントになりますので、
コチラのページを参考にしてください。


⇒ リフォーム業界の3つの非常識 


 

スケルトンリフォームのメリット


通常のリフォームに比べ、多くのメリットがあるスケルトンリフォームですが、
どのようなメリットを生み出すのでしょうか?

気になるスケルトンリフォームのメリットをご紹介して行きましょう!

・住む人の好みや、家族構成により、自由な間取りに変更できます。

・配管の位置変更が可能なため、水廻りも自由に間取り変更ができます。
ただし、ご利用のマンションにより、配管の位置を変えることが出来無い場合もあります。

・スケルトンリフォームなら、結露やカビ対策を打つことができます。

・床下や天井裏の古い配管、配線などの傷み具合を確認し、
新しく取り換えることが出来るので、安全性が向上します。


・骨組みまで戻すため、壁や床などの断熱材を新たに設置できて、
高い断熱効果を得ることができます。

・バリアフリーとしまして、床をすべて剥がして、段差のないフルフラットにする事ができます。


上記の他にも、各ご家庭でメリットが見つかることと思います。
是非、スケルトンリフォームを計画してみてください。

実際、大きな費用を掛けての工事です。
できるだけ、低コストで希望を叶えられることが理想ですね。

予算の範囲内で様々提案などをしてくれる良い業者選びこそが、
スケルトンリフォームを成功させることに繋がりますので、是非信頼できる業者選びから、
初めてみるのはいかがでしょうか?



信頼できるリフォーム業者を選ぶポイントをまとめているページはコチラをご覧ください。


⇒  リフォーム業界3つの非常識



 

スケルトンリフォーム 期間


現在お住まいの住宅をスケルトンリフォームする場合、
仮住まいを考える必要があります。

仮住まいを借りる費用、仮住まいへの引越し、リフォームが完成後の引越しと
2回分の引っ越し費用も必要です。

また、中古住宅を購入してのスケルトンリフォームでは、
現在お住まいが賃貸住宅の場合、退去日などを計算しての家賃も、
今回のスケルトンリフォームの費用の計算に入れておく必要がありますね。

では、スケルトンリフォームをする場合の工期は、
どのくらいと考えておくとよいのでしょうか?

工事内容により違いがありますが、100㎡以内ならば、おおよそ着工から1ヵ月半から、
2ヵ月で完成、引き渡しが一般的です。

スケルトンリフォームを計画してから、契約までに見積りや商談など重ねたり、
契約後も設備や、建具、壁や床材などを決めたりと、細かい打合せを何度も行います。
そこまででも、2~3ヵ月は余裕を持っていたいものです。

打合せが長引いたり、実際に解体して初めて分かる部分なども出てきて、
工事が完成するのは、計画を立てて実際に動き出してから、4ヵ月半から5ヵ月と考えてる必要があります。
工事内容の変更・追加が生じることも、往々にしてあります。

スケルトンリフォームを行う場合は、余裕を持ったスケジュールで進めることが、
大切であると言うことを念頭においておきましょう!

スケルトンリフォーム 基礎知識


そもそもスケルトンとは、どのような状態のことを言うのでしょうか?
スケルトンとは、骨組みのことを言います。

そして、スケルトンリフォームとは、住まいを一度スケルトン状態にしたあと、
内装や水廻りなどの設備をすべてフルリフォームをすることをスケルトンリフォームと言います。

部屋中の壁・天井・床・キッチン・ユニットバスなど設備機器も全て取り払うことで、
コンクリートがむき出しの状態になるスケルトンリフォームは、
自由に間取り変更ができたり、古くなった配管や配線もこの機に取り換えることができます。

骨組みのみになるのですから、既存の間取りにとらわれずにリフォームすることが可能となりますが、
マンションの場合は、窓のサッシや玄関ドアなどの共有部分は自由にリフォームできません。

マンションのスケルトンリフォームは、さまざまな制約があることを心得てから、
計画を進めて行くようにしましょう。


現在お住まいのお家のリフォームを計画する場合、築年数によっては、
水廻りのリフォームを分けて行うより、
一気にトータルでスケルトンリフォームをしてしまう方が、お得なケースがあります。

おおよそですが、築年数が15~20年過ぎたころが、配管などの取り換え時期に重なります。
お子様の成長や、親との同居など家族構成などの変化がある場合も、
全面的に間取り変更をすることが可能なスケルトンリフォームがオススメです。



このページのトップヘ