リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ: マンションリフォーム

マンション耐震補強工事

マンションなどの集合住宅の耐震補強工事をする場合、
どのように進めて行くのでしょうか?
 
またどのような配慮が必要でしょうか?


建築基準法が昭和56年6月に改訂されて、耐震基準が大幅に変更されましたが、
まず、昭和56年以前に建てられたものの場合、大きな地震が起こったときには、
倒壊などの被害に合いやすいと見られています。

しかしながら、新耐震基準法以降に建てられたマンションでも。

 
手抜き工事や、ずさんな工事などにより、
耐震基準に満たないマンションも多く存在していると言われています。


また、平面の形状が、L字型やコの字型や細長いマンションや、1階が駐車場になっていて、
柱だけの構造のマンションは注意が必要です。

しかしながら、実際に耐震診断を行い、耐震基準に満たないと判断された場合、
補強工事には、大きな費用が掛かるため、耐震補強工事に踏み切れない、
マンションが多く有ると言われています。


旧耐震基準で建てられているマンション場合、築33年以上で、
住民も高齢化している場合が多く、修繕積立金の上乗せ改修などが
難しい場合が多いようです。


基本的に耐震補強工事は、建物の強度が弱いところや、
地震が起こった場合転倒しそうな場所を補強します。


マンションのすべてを補強するのではなく、出来るだけ費用を抑えた工事内容で、
なおかつ、最大限の効果がある耐震補強工事を行う必要があります。


住民間で十分に話し合いを持ち、工事費用の負担額などを
取り決めて行くことが必要です。

リフォーム費用

マンションのリフォームをする時期ですが、一般的に築年数によって変わってきます。

築10年以内のマンションのリフォームであれば、小規模なリフォームをする場合が多く、
20~30年となると、そろそろ水廻りの設備も古くなり、取り換え時期もきますから、
そこそこ大規模なリフォーム工事になることが多いです。


そこで、全面リフォームをするのであれば、
スケルトンリフォームで、骨組みだけにして、キッチン・浴室・洗面所・
トイレの4カ所の水廻りや、すべての部屋の壁紙や床材を張り替えたり、
ドアなどの建具も交換。


この際、間取りも変えてしまおうなどと考えると、400万円の予算ではむずかしく、
一般的な3LDKのマンションのスケルトンリフォームの相場は
800万円前後掛かります。


それでは、400万の費用であれば、どこまでのリフォームが可能でしょうか?
 
各部分別に金額を見てみましょう。

・システムキッチンの入れ替え:60~200万
・ユニットバス入れ替え:60~100万
・給湯器の入れ替え:20万
・洗面台の交換及びクロスと床材の張り替え:30万
・トイレ入れ替え:20~50万

水廻りの費用だけで、これくらいの予算は必要です。
 
しかしこの金額に幅があるのは、選ぶ設備の仕様やグレードでの大きな差があるからです。


また、リフォーム業者によっては、水廻り4点パックとしての、
お安い価格で提供をしているところも見受けられます。


まず見積もりをする段階でおおよその予算を伝えておくことも、
ひとつの方法です。


賢い選択をして、お得に400万円でリフォームが出来る様に、
信頼のおけるリフォーム業者選びをしてください。

マンション


長年住んでいたマンションを、新たに全面リフォームする場合や、
中古マンションを購入して、自由にスケルトンでリフォームする場合の基礎知識を、
ご紹介します。


まず、スケルトンリフォームとはどんなものでしょうか?
スケルトンリフォームとは、建物の構造以外を撤去して、家を造り直すことを言います。

通常のリフォームでは、給排水の配管を移動することは難しく、
キッチンなどの水廻りの移動ができません。

しかし、スケルトンリフォームで有れば、キッチンの移動も可能です。
壁つけキッチンから、対面やアイランドキッチンにもできますね。

スケルトンリフォームにすると、自由性が出来て、
自分の好きなように部屋内のデザインにすることができます。

もちろん大規模な間取り変更も可能です。
ただし、通常のマンションリフォームよりも費用は高くなることは承知しておきましょう。

マンションスケルトンリフォームをする場合の費用としては、
60㎡のお住まいで、500~800万円で相場となります。

新築マンションを購入するよりも、安いお値段でリフォームできる中古マンション購入に人気があるもの頷けます。
ただし、機器や設備材料のグレードでも価格に大きく差が出来てきます。

何度もリフォームをするわけにはいかないので、後で後悔の無いように、
慎重に計画を立てることが重要ですね。



マンションリフォームで喜ぶ女性



マンションのリフォームを行う際に気を付けたいのが、
専有部分の確認です。

ご承知のように、マンションはひとつの建物を区切って、
多くの家族が住むように設計されているものです。

そのため、一戸建てのように好きなように好きな部分を、
自由にリフォームをすると言う訳にはいきません。

実は、マンションのリフォームは、「建物の区分所有等に関する法律」と言う、
法律に従い工事を行わなければイケません。

専有部分と共有部分に区別されているため、共有部分はリフォームできないことを、
心得ておきましょう。

では、ここでマンションリフォームで、できることを考えていきましょう。
また反対にできない部分についてもご紹介します。


・住居の内部
天井や壁・床材の張り替えはは自由にできます。
ただし、フローリング材は規制が有る場合もありますので注意が必要です。

水廻りの移動や交換は可能です。
壁の撤去ですが、建物の強度に関係のない壁の撤去です。


・玄関
玄関のドアですが、内部の塗装はできますが、ドアの交換や、外側の塗装はできません。

・窓サッシ
窓サッシの交換はできません。そのため断熱性能をあげるには、二重窓の設置がおススメです。

・ベランダ
避難の邪魔になるものを設置するのは禁止です。また、ベランダの構造を変更することも許されていません。

以上のように、マンションリフォームには、規制があります。
各、マンションの管理組合で規制をチェックしておくようにしましょう。


マンション図面


マンションのリフォームをする場合、各マンションごとの規定が有ったり、
壁の材質によっては、間取り変更が不可能な場合があります。

そこで、マンションリフォームを計画するときの注意点を、ここでは挙げてみます。
是非参考にしてください。


マンションのリフォームする場合、マンションの管理組合に届けなければいけません。
各マンションごとで、届けでの基準も違いますので、注意しましょう。

一番制限が厳しいのが、床のリフォームです。
マンションは床の騒音防止の為にフローリング材に規定を設けているところが多く、
多くのマンションでは、遮音等級L-45以上と言う制限のところがほとんどです。

L-45は、人の走行音が小さくなったり、スプーンを落とすとかなり聞こえる程度の、遮音等級です。
それより上の遮音等級はL-40de、これだと生活音は気配を感じる程度になります。

必ずリフォームするときのフローリングには注意が必要です。


また間取り変更をする場合ですが、間仕切りの壁が軽量鉄骨であったり木製の場合は、
その間仕切壁を取り払い、部屋を広げる間取り変更は可能ですが、
コンクリートの間仕切壁の場合は、撤去や移動ができませんので、注意しましょう。


リフォーム工事が決まれば、トラブル防止の為にも近隣挨拶をしておきましょう。
小さなリフォームでも、工事の音は意外と気になるものです。

出来れば、上下左右の部屋にはご挨拶に行くようにしましょう。
リフォーム業者が代わりに行ってくれる場合もありますので、工事を依頼する際に、確認しておきましょう。

マンション水廻り


中古マンションを購入してリフォームをする場合の費用はどのくらいでしょうか?

中古マンションは、新築のマンションに比べて、価格がお手頃なことから、
購入して、リフォームをすると言う人は多いです。

ただ、リフォームの内容やリフォームをどこまでにするのかで、価格は変わってきます。
そこで、今回はもっとも多い水廻りリフォームを内容ごとで、おおよその費用を見てみましょう。

1.水廻り

水廻りのリフォームは、キッチン・浴室・洗面・トイレの4カ所で、
リフォーム会社によっては、「水廻り4点パック」などの名称で、
安いリフォーム価格を提示していることが多いです。

・キッチン 
システムキッチンを入れかえる場合、現状の仕様のままでの入れ替えと、
壁つけから対面キッチンにするのでは、大きく費用に差が出ます。

一般的なシステムキッチンの入れ替えは、約40万から100万で、グレードを上げれば、
もっと価格は高くなります。

また壁つけキッチンから対面式に変更での
キッチン入れ替えの場合は、約180万から250万前後です。

・浴室
マンションの浴室は、現状ユニットバスがほとんどで、
そのユニットバスの入れ替え価格は、約65万~130万です。

マンションのユニットバスのサイズは、1216・1316・1418サイズが多く、
この1216とは、1.2mX1.6mと言う、浴室のサイズを指します。


・トイレ
近年、トイレはタンクレスのものや、収納がたっぷりあるものなど、
豊富な商品があり、おおよそ約9万から28万くらいの工事費用です。

ただ、グレードの高いトイレを選ぶと費用は増額になります。
また、トイレの交換の場合、トイレの床張り換えや壁紙の張替えなども同時に行うことが多く、
その費用は、約5万から15万です。


・洗面化粧台
毎日使用する洗面化粧台です。最近では収納力のある洗面化粧台も発売されています.
洗面化粧台を入れかえて、脱衣場のクロスやクッションフロアを張り替えると良いでしょう。
その費用は、約15万から20万です。


水廻りリフォームはまとめて依頼すると、割引き価格になる場合があります。
是非、少しでも賢く、マンションの水廻りリフォームを計画してください。




このページのトップヘ