リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ:サイディング > ラップサイディング

二世帯住宅リフォーム相談



外壁をおしゃれなラップサイディングでリフォームしようと考えた場合、
やはり気になるのは、掛かる費用ですね。

しかし、このサイディングの費用は、ラップサイディングだけではなく、
窯業系も金属系もですが、面積だけでいくらかと費用を提示するのは難しく、
すぐに答えは出ません。

それは、サイディングの場合は、その建物の窓の大きさ・数や、造り付け出窓、
建物自体の形状、屋根の形状、独立した柱など、面積だけでは無い箇所のチェックが必要です。

また、ラップサイディングの場合、普通のサイディングより、1つサイズの小さなものを設定します。
その為、工賃などの費用が高くなる傾向があります。

使用する役物なども割高になりますので、窯業系や金属系サイディングでリフォームするときより、
約2割増しの費用を考えておく必要があります。

このラップサイディングですが、材料や工法共に大変優れた外装材です。
しかし、一般的に高額な外壁材と考えられています。

それは、近年施工が減っていることと、他の外装材と施工内容が異なるため、
業者の経験値が減っていることも一つの原因です。

リフォーム施工時に掛かる費用が、少々割高にはなるラップサイディングですが、
反面、コーキング部が少なく、メンテナンス費用は少なくて済むと言う利点もありますので、
どこに重きを置いて考えるかで、ラップサイディングの採用を決めることをお薦めします。


ラップサイディング外壁リフォーム


アメリカン調の可愛いお家に仕上がるラップサイディングは、
大変おしゃれで素敵ですね。

ラップサイディングは古くからある手法で施工されるので、
どこのリフォーム業者でも工事が出来るかと言えば、
不慣れな施工業者では、施工できない場合もあるようです。
 
まずは、施工業者探しが必要です。


お近くのの工務店・リフォーム業者でラップサイディングが得意な業者を探すには、
リフォームや外壁塗装の業者を見つけるコツを身につける事がとても重要です。

コチラのページでリフォーム業者の選び方のコツを解説しています。


⇒ リフォーム業界の3つの非常識 




数年前にはアメリカンなお住まいが流行し、たくさんラップサイディングの建物を目にしましたが、
金属サイディングなど、安価なものに押され、最近ではラップサディングにされる方は減ってきました。
その為、施工できる職人も減ってきたと考えられます。

ラップサイディング外装材のメーカーに問い合わせれば、
工事の手配をしてもらう事も可能なようです。
メーカー直の工事ですと安心ですね。

また、施工費も金属サイディングなどと比べると割高で、
将来的な塗替え時期も、早いのでランニングコストも掛かってきます。


また雨漏りを心配される方が多いようですが、
実際には、内側に貼る防水シートなどで、雨漏り対策は万全です。

サッシ周りのコーキングの劣化による雨漏りは、発生しますので、
経年劣化には充分注意が必要です。

また問題は、重ね張りをしていく鎧張りのラップサイディングでは、
中間部の板に傷が付いたり、何らかの衝撃で凹んだ場合などに、
その部分だけを取り替えることは不可能です。

その理由は、上に重なった部分に下板の釘が打たれているためです。

後々のメンテナンスを考えると、費用がかさむことがデメリットですね。

ラップサイディング 家



お住まいの外装材のメンテナンス費は、使用されている外装材により、
大きく変わります。

現在、圧倒的に多いのが窯業系サイディングですが、
この窯業系サイディングは、部材と部材のジョイント部にコーキング材を使用します。

このコーキング材の寿命は、約5~10年と言われており、メンテナンスに費用が掛かります。

その点、ラップサイディングは、ほとんどコーキングを使用せずに施工することが可能です。

施工する際は、ラップサイディングの場合、
一枚の幅が狭く、貼って行く作業に手間がかかり、工事は大変です。

しかし、一枚一枚重ねて貼っていくことで、大変高級感があるのも確かです。

ラップサイディングでは、左右のジョイントは互いに差し込むようになっており、
コーキングを必要としません。

また、一枚一枚施工して行きますので、上下の板のジョイント位置をずらすことができ、
上から下まで連続していません。

コーキング材を使用しないと言う事は、その劣化の心配も必要が無いという事です。
このため、価格的にはラップサイディングの方が高いですが、
長年のメンテナンスコストを比べてみると、
ラップサイディングの方が、お安いと言うことがわかりますね。

それぞれに長所も短所もあり、どちらが良いと言うお話ではありません。
お好みのデザインで、長く美しい外観にリフォームできることが大切ですね。

アメリカン撒布サイディング


ラップサイディングでリフォームをする場合、アメリカンなお住まいを目指してみましょう!
この鎧張りとも呼ばれるラップサイディングは、鮮やかな色からシックな色まで、
さまざまな色を楽しむことができます。

他の住宅との色の違いで個性を打ち出すためには、色使いを考えるのも楽しいものですね。

ラップサイディングは、美しい壁が特徴で、どの色使いでも十分に引き立ててくれます。
窓サッシやドアの色も選び方次第で、遊び心満載のお住まいに返信します。

もちろん!屋根とのコントラストも、コーディネートの仕方によっては、
ダントツに存在感を表せます。

ラップサイディングの外壁カラーは、自分の好みの色を選ぶのも良いのですが、
周りの景観も視野に入れて考えることをお薦めします。

地域によっては、住宅の色についてルールを設けている場合もありますので、
リフォームを決定する前に、そう言った事前情報もしっかりと収集しておきましょう。

外壁カラーを決める時には、色見本を見ながら考えることが多いですが、
近隣で、ラップサイディングの住宅が有る場合や、工事見積を依頼している業者の施工した建物を、
見学に行くと良いでしょう。

色見本は小さなものが多く、実際のお住まいに使用した場合とでは、
雰囲気が変わります。

色を見る場合、小さなサンプルの様なもので見る場合は、
実際に大きな建物に塗った場合より、濃く見えることを心得ておきましょう。

完成後、考えていたイメージと違うと言っても後の祭りとなります。
是非、しっかりと検討をしてカラーを決定することをお薦めします。


地元でラップサイディングが得意な業者を見つけるにはコチラのページを参考にしてください。



⇒ リフォーム業界の3つの非常識 
 

 

ラップサイディング例


外壁に用いられるラップサイディングとは、どんなものかご存知ですか?

実は、アメリカン住宅の特徴とも言える伝統的に用いられてきた壁の施工方法で、
日本の武者鎧と同様の手法のため、「鎧張り」とも呼ばれています。

中世14世紀頃の北洋建築でも使われている工法ですが、
実は、日本でも歴史は古く「鎧張り」の他に、
「下見板」「横羽目」などと呼ばれる木造の伝統建築で、
多くの地域で用いられてきました。

工法としては、木の長い板を、順々に壁に貼り付けて行きます。
張り付ける際は、板の上部を少しだけ重ねて段になるように、
連続して張り付けて行きます。

現在では、木以外の素材も開発されて使用されています。
特に、近年では、東レACEの日本の気候に適合する「繊維補強セメント板」の不燃性外装材を、
使用しての施工が多く見られ、耐燃性・耐久性に大変優れた外装材です。


窯業系サイディングや金属サイディングと比べると、
デザイン性では、物足りなく感じてしまうかもしれませんが、
ラップサイディングは、デザイン性を求めるものではなく、
木を横に張った美しさが基本です。

お住まいをラップサイディングにする計画を持たれる方は、
アメリカン住宅な外観を好まれている方が多いです。

他のお家とは一味違うデザインを探している方に、
オススメな外装リフォームです。



このページのトップヘ