リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ:フルリフォーム > 二世帯住宅リフォーム

二世帯住宅リフォーム計画


二世帯住宅リフォームを考えるとき、間取りなどを考えるとともに、
ローンや税金問題など、お金に関することも考える必要があります。

登記や名義を誰にするのか、生活が始まれば水道や光熱費などの支払いも必要です。
そこで、ここでは二世帯住宅リフォームをするときの、お金に関することをご紹介しましょう。


まず、登記には3種類の方法があります。

・単独登記
親または子のどちらか単独で所有をして登記する方法です。
子の単独登記にする場合、贈与税が発生する場合もありますので、注意が必要です。

・共有登記
親と子の共有での所有と言う登記です。二世帯住宅リフォームに掛かった費用に応じて、
それぞれが登記すれば、贈与税の発生はありません。

・区分登記
この登記は、完全分離型に限りますが、二世帯住宅を二戸の住宅として登記する方法です。


建物の名義変更をする場合、贈与税を払う予定ならば問題はありませんが、
できれば、贈与の対象にならないように注意することが必要です。

現在、住宅資金の贈与税は非課税枠1,000万円がありますので、それを利用すると、
1,000万円までならば、贈与とみなされなくなります。


また、リフォーム後のお金の話ですが、
二世帯住宅リフォームが完成すれば、実際の生活が始まります。

そこで、気になるのが水道や光熱費の支払いは誰がするのかと言う点です。

二世帯住宅得リフォームをする場合、この点を計画に入れておくことをおススメしたいです。
何故ならば、そこで問題が起こることが多いからです。

住み始めてから、電気の使い過ぎなどと小言を言われるのも嫌なものです。
完全分離型の二世帯住宅ならば、最初からメーターを別にして、
支払いも別と言う形が良いのではないでしょうか?

基本料金が二重に発生するのは割高になるので、最初から料金を折半または6対4などで、
取り決めをしておくと、あとあと揉め事にならないのではないでしょうか?

二世帯住宅リフォームをする場合、メリットもデメリットも、しっかり把握した上で、
事前によく話し合い、専門家の協力を得て進めて行くことをおススメします。


二世帯住宅リフォーム 成功


二世帯住宅リフォームで完全同居にする場合の注意点は、
それぞれの世帯ごとのプライバシーを守れるスペースを作ることです。

家族全員がどこの部屋も自由に出入りできるのは、家族であれば当然と考えますか?
たしかに、親と子供の1世帯ではそれで良いのかもしれません。

しかし、二世帯住宅の場合は、親世代と子世代プラス孫も一緒に、
家族として暮らして行きます。

家事や孫の子育て、また介護などお互いが助け合って生活できる利点はありますが、
せめて、寝室のプライバシーは守ることが成功の秘訣です。

それぞれの世帯ごとのプライバシーを守ると言った点では、夫婦水入らずで過ごす部屋は大切です。
そこに、余裕が有れば、もう一部屋世帯専用のリビングまたは居間があれば、
友人を招待するときも、お互いの世帯に遠慮しないで、招くことができます。


二世帯住宅リフォームを考えるうえで、大切なことは、
各ご家庭の状況に変わります。

夫との親との同居と妻の親との同居だけでも、ずいぶん内容が変わるはずです。
おもわぬストレスやトラブルを招かないように、慎重に計画を立てて行くようにしましょう。

二世帯住宅リフォーム相談


二世帯住宅リフォームの部分同居リフォームとは、玄関や水廻りを共有スペースにして、
寝室などのプライベートな部分は別々にすると言う、二世帯住宅のリフォームをする場合、
もっとも多いタイプです。

水廻りを共有する場合も、浴室とトイレは共有でも、それぞれの生活時間が違うので別にすると言う、
タイプもあります。

メリットは、今ある住宅を少し間取りを変えることで済み、
間取りにも費用にも余裕のあるリフォームだと言うことです。

共有部分が増えれば、プライベートな部分の面積を広く取ることが出来ますし、
既存である玄関や水廻りを触ることなく、そのまま使用するとなれば、大幅に費用が下がります。

この部分同居型は、色々なプランが立てやすく、
理想の二世帯住宅に近づけやすいのがメリットです。

しかし、デメリットもあります。
共用部分の内容によっては、問題が起こる場合があります。

例えば、浴室を二世帯が使用するとなると、順番や使用する時間帯の違いなどで、
ストレスが生じる場合があります。

若い世代が夜遅くに使用する浴室の音が気になり、眠れないなどと言う事の無いように、
浴室と親世代の寝室を離すなど、配慮が必要になります。

事前の計画で、綿密な相談をして、お互い気持ちよく暮らしたいものですね。
部分同居型のリフォームプランは、できれば専門家に相談すると良い提案をしてもらえます。

それぞれの思いを良く聞き取り、良いプランを立ててくれる専門家を探しましょう。


リフォーム業者を選ぶのに迷いが生じる方はこちらのページをご覧ください。


⇒ リフォーム業界の3つの非常識 
 

完全分離二世帯住宅


二世帯住宅リフォームのプランを考えるとき、3種類のタイプが考えられます。
完全に分離型、半分は同居の部分同居型、そして大家族スタイルで完全共有型です。

どれもメリットとデメリットがありますし、ご家族の生活スタイルによっても、
タイプが変わってきます。

しっかりと特徴を見極めて、楽しく暮らせるように、
二世帯住宅リフォームを成功させましょう。

ここでは、完全分離型タイプの二世帯住宅へのリフォームのご紹介をします。


・完全分離型のメリットとデミリット

完全分離型は、一切共有スペースを作らずに、完全にプライバシーを確保できる環境です。
具体的に説明すると、建物は横同士や上下で繋がっているけれど、
住環境は別々と言う、言うなればアパートやハイツのようなイメージです。

もちろん光熱費なども別々にする場合が多く、
メリットは暮らし方の違いでのトラブルが少ないと言う事です。

デメリットとして考えられるのが、面積とそれに伴う費用です。
元々一軒のお家を二軒にリフォームするのですから、狭いところに無理な間取りを考えることになります。

敷地が狭い場合3階建てにしたり、設備機器を2軒分必要になると言った費用面もかさむことを心得ておきましょう。


・臭いと音対策はしっかりと

完全分離型の場合、上下また横に並ぶ方法を取りますが、
元々2階建てをリフォームする場合、上下のほうが、間取りの変更が少なくて済みます。

しかし、上下で分ける場合、階下へ音が響いたり、、下の生活臭が2階に上がってくるなど、
問題が発生します。

防音と臭い対策をシッカリと考えた上で、リフォームを行いましょう。

二世帯住宅リフォーム 基本



近年、二世帯住宅リフォームを考える方が増えてきています。
それは、どう言う理由からでしょうか?

子供世代の意見としては、共働きのために育児の支援を親に求める場合や、
住まいに掛かる家計費の負担を減らすことが出来て、経済的に助かるなどが理由にあげられています。


また、親の方の理由としては、何といっても、将来的に考えた場合、
介護が必要になったときに備えて二世帯住宅bにしていると、
何かと安心と言われる方が多いです。

しかし、元々一世帯で生活していた住まいを、二世帯で暮らすとすると、
そのままでは、どちらも息が詰まると言った状態に落ち入ります。

気を遣う、生活習慣が違うなど様々な問題が発生するのも二世帯住宅には有りがちです。
二世帯住宅リフォームを成功させるポイント考えてみましょう。


まず二世帯住宅リフォームをするときに考えたいのが、
ご家族に合わせて、リフォームを行う事です。

共有スペースを作らずに完全に分離するのか、一部のみ共有するのか、
寝室以外はすべて共有にするのか、3タイプが考えられます。

生活スタイルに合わせたタイプで、二世帯住宅リフォームを計画することが重要です。

その他に、登記や名義など、ローンや税金問題も考えておく方が良いでしょう。
光熱費の支払いも、どちらか一方が払うのか、折半にするのか、
それとも、個別にメーターをつけて支払うのかなど、お金の問題も、
揉めるもとになります。

最初の段階で、きっちりと取り決めておくことが、
二世帯住宅リフォームを成功させるカギを握ると言えるでしょう。


このページのトップヘ