リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ: 介護リフォーム

介護リフォーム 費用相場


急に介護が必要になった場合などは、介護リフォームの時期は緊急を要しますが、
そうで無い場合、費用の準備やタイミングなどもあり、工事の時期を決めかねると言った意見が多いです。

お住まいをリフォームするには、それなりの気力と経済的な負担が必要ですね。
その為にも、慌てて工事をすることの無いように、
しっかり計画を立てて、リフォームしておくことも大切ではないでしょうか?


誰もが高齢になり足腰などが弱くなりますので、介護リフォームとは言っても、
介護が必要な方ばかりでなく、事故なく快適な生活をするためのリフォームと考えられるのではないでしょうか。

介護リフォームの内容としては、手すりをつける。段差を無くす、扉を引き戸に変更する。
ヒートショックの対策をしておく。足元を明るくしておく。滑らない床材にするなどです。

一度に改修してしまわなくても、気になるところから工事をしておくと良いでしょう。
では、一般的な介護リフォームの費用をご紹介しましょう。


・手すりの設置費用は、1ヵ所約10万円までで出来ます。
ただし、取付場所の下地がしっかりしていない場合は、危険ですので、
下地補修をする必要がありますので、補修費用が発生します。

・トイレのバリアフリーは、約10万~20万
トイレは手すりを取り付ける共に、廊下との段差を無くす工事が必要です。

・浴室のバリアフリーは、約20万~50万
浴室も手すりの取付けや、浴槽の高さを低くすることも介護しやすくなりますね。

・玄関のバリアフリーは、約20~30万
玄関の間口が狭い場合、車いすでの出入りが難しい場合があります。
上り框の段差を無くす工事も必要になります。


どの介護リフォームも、介護される方・する方が使い勝手良くならないと意味が有りません。
実際の本人や介護される方が立会い、背丈にあった高さなどを調整しながら工事を行うようにしてもらいましょう。


介護保険助成金制度



高齢の家族の介護が必要になった場合、緊急に住まいのバリアフリーを考えなくてはイケません。
この場合、家族の介護の負担も大きい上に、バリアフリーのリフォーム工事をするには、
本人又は家族の金銭的な負担も大きくなります。

そこで、40歳以上の人が保険料を負担している介護保険の、
介護リフォームの助成金制度を活用する方法をご紹介したいと思います。

介護保険制度で介護リフォームの補助金を受けるには、いくつかの条件があります。
まず、介護保険金制度の「要支援」または「要介護1~5」と認定された方で、
在宅での介護が必要があり、住宅改修をする場合に受給資格があります。

しかし、この助成金制度は、介護リフォームの工事代金をすべて補助してくれる訳ではありません。
その点を間違えないようにしましょう。

この介護保険助成金制度は、一生涯に20万円まで、住宅改修の9割を補助してくれます。
20万円の9割ですので、工事代金20万円が掛かった場合に実質18万円の補助金と言うことですね。
改修内容にも条件があります。工事をする場合は事前にケアマネージャーに相談しておくようにしましょう。

20万の枠は一度に使い切る必要は無く、数回に分けて介護リフォームに利用することも可能です。
「要支援」「要介護」のランクが一気に3ランク以上上がった場合や、住居を転居した場合には、
改めて20万まで給付を受けることができます。

適用になる介護リフォームの内容をご紹介しましょう。
・浴室・トイレ・階段など屋内の手すりの手すりや、出入り口から屋外までの手すりの取付け
・浴室や玄関など出入り口などの段差の解消やスロープや踏み台などの設置
・車いすの移動や歩行がしやすい床材などに変更
・介護される人が開けにくいと言われる開き戸などを、引き戸や折れ戸などに変更
・和式便所を洋式便所に変更など介護しやすいトイレへの変更


この制度を利用するには、ケアマネージャーや主治医の意見書などが必要です。
事前にしっかりとした打ち合わせをしましょう。

また、この介護保険補助金制度とは別に、
各市町村でも高齢者や障害者向けに助成金を支給しているところもあります。
各自治体に相談してみることもオススメします。

介護される方も介護する人も、他人事ではありません。
介護が必要になる前に、あらかじめ介護リフォームや助成金などについて、
知識を持っておくことを、オススメします。

介護リフォーム業者選び


世の中には、リフォーム業者や工務店など、
住宅改修工事などリフォームを手掛ける会社は多数存在します。

しかし、それぞれに専門としている工事や得意としている分野があり、
介護リフォームは一般リフォームとは違う専門知識と経験が必要としますので、
まだまだ介護リフォームが得意ですと言う会社の数は多くありません。


そこで、介護リフォームをする場合の業者を選ぶポイントをご紹介します。

↓   ↓   ↓
 





・介護保険の内容を理解している会社か?
各自治体ごとに介護リフォームをする業者に、「介護保険住宅改修施工事業者の登録制度」を設けています。
自治体が実施する研修会に参加しないと登録できませんので、
この登録を行っている会社かを確認してみましょう。

・過去に介護リフォーム工事の実績があるか?
施工実績が有る場合、施工時の写真などを見せてもらうと良いでしょう。

・介護保険の介護リフォーム補助金の申請などの書類を準備してもらえるか?
申請書類には、施工前、施工後の写真も必要です。

・福祉住環境コーディネーターが在籍しているか?
福祉住環境コーディネーターは、高齢者にとっての住みよい住宅作りのポイントを知っていますので、
頼りになるだけでなく、補助金制度にも詳しく、福祉住環境コーディネーター2級になれば、
補助金申請に必要な、「住宅改修が必要な理由書」の作成もできます。

そして何よりも、親身になって介護リフォームをススメてくれること。
信頼できる業者であるかが何よりも重要なことですね。


 
↓   ↓   ↓
 




介護リフォーム ポイント


介護リフォームをと言えば、ただ生活に支障が出ないようにすることだと考えがちですが、
忘れて行けないのが、介護が必要になったからと言って、世間から隔離した暮らしをする必要はないと言うことです。

たとえば、高齢の友人などが訪ねて来やすいお家にしてくことも大切なことですね。
玄関に腰かける場所があると、高齢の方の訪問にも役立つなどと言うこともあります。

介護疲れで不幸な事件が起こるニュースを見聞きすることもある昨今です。
是非、介護される方も介護する方も、楽しく暮らせる介護リフォームをすることをオススメします。


ここでは、介護リフォームをするときの、ちょっとしたポイントをご紹介したいと思います。
役立てて頂けると幸いです。

●トイレのリフォーム
トイレを介護リフォームするときは、できれば便器前または横にスペースを設けると良いでしょう。
車いすで入れるスペースが欲しいところですが、一般住宅では中々難しいことも考えて、
せめて、介助される方のスペースを確保すると大変楽に介助が出来ます。
もちろん、立つ・座るの動作には手すり設置が必須です。ドアも引戸にできると良いですね。

●浴室のリフォーム
ユニットバスを入れ替える場合などの選び方は、
・滑りにくい床であるか
・浴室のまたぐ高さの配慮
・入浴補助用に手すりの設置
・出入りは楽な引戸または折れ戸
などの点に注意しましょう。

●出入り口のドア
玄関や居室にかかわらず、開閉時に体を移動が少なくて済む引戸にすると良いでしょう。ドアの取っ手は、握りやすい物が良く棒状のものを選ぶことをオススメします。
もし、ドアの交換が難しい場合は、取っ手は丸いノブ状のものよりも、レバーハンドル形式が力を入れるのが少なくて良いでしょう。

●段差と手すり
家の中や玄関のアプローチは出来るだけ段差をなくしたいものです。解消が難しい場合は、滑りにくい材質の床材などに替えることや、スロープや手すりの設置も考えましょう。足元は必ず明るく見えやすいようにしておくことが事故を防ぎます。

どの介護リフォームも、一番大切なのは使う人が如何に楽に生活できるかを考えることです。
せっかく付けた手すりが、介護される人の背丈に合っていなければ意味が有りません。

是非、介護される方・介護する方の立場に立って、細かい心配りで介護リフォームの計画を立てるようにしてくださいね。


介護リフォーム バリアフリー


まず、お住まいの中でのバリアフリー住宅とは、どんなことを言うのでしょうか?
簡単に言えば、身体障害者の方や、高齢者にとっての障害となるものを取り除いた住宅のことを言います。

従来の日本の住宅と言えば、玄関には上がり框が有り、廊下から居室に入る段差や、
脱衣場から浴室も段差があることが多くみられました。

おまけに、在来の浴室では跨ぎづらい高い浴槽、トイレは和式でしゃがむ動作が必要で、
体力やひざや腰が弱くなっている高齢者や、身体障害者の方が大変生活しづらい環境にあります。

また車いすの生活になった人には、玄関や出入り口の狭さ、廊下の幅の狭さも困った問題です。

そこでバリアフリーリフォームとは、身体機能が低下しても日常生活ができる住まい、
即ちバリアフリー住宅にするリフォームのことを言います。
そう将来を見据えてリフォームしておくことでもあります。

では、介護リフォームとは何でしょうか?
バリアフリーリフォームは、本人が生活しやすい環境づくりをすることですが、
介護リフォームは、それに加えて介護する人の負担を失くし、楽に介護ができる住まいにすることを言います。

では、どの様なお住まいに介護リフォームが必要でしょうか?

・出入り口や廊下に段差が有る場合
・廊下が車いすで通れない場合
・浴槽内がすべりやすく、浴槽が高い場合
・トイレが寝室から離れた場所にある場合
・階段が急である場合

今のお住まいに当てはまるものは有りましたか?
ひとつでも当てはまるものがあれば、バリアフリーリフォームまたは、
介護リフォームの計画を考えましょう。


このページのトップヘ