リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ:トイレリフォーム > 和式トイレから洋式トイレ

トイレはコチラ


トイレにも寿命があることはご存知ですか?

便器は陶器製のため、寿命などないわと思われる方もおられますが、
一日に何度も使用するトイレは、便器の裏に、石灰化した尿石がごびりついていたり、
汚れがついて変色している場合もあります。

尿石がたまってくると、お掃除で取り除くことが出来にくくなり、臭いの原因にもなります。
また、尿石が溜まると排水の流れも悪くなり、排水管が詰まりやすくなる場合もあります。

これは、和式トイレ、洋式トイレに関わらずに起こりうることです。
そうなる前に、便器の交換を検討する必要があります。

最新式の洋式トイレには、汚れも付きにくく、節水効果もある便器が増えています。
和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合も、
この様な最新洋式トイレを取り入れることで、毎日のトイレ掃除などお手入れがとても楽になります。

また、節水型の洋式トイレでは、トイレの水量が少なくて済み、
水道代の節約ができるものが増えています。

10年以上前のトイレでは、1回流すたびに約13Lもの水を流していましたが、
最近のトイレでは、小で約3.5L、大で約4Lと大変節水となっています。

これは、節水タイプに入れ替える価値があると言うことですね。

その他、タンクが無いタンクレスで、トイレを広く使える型式のものや、
全自動洗浄などの多機能なタイプの洋式トイレも多くあります。

多機能になるほど、高額になりますが、
水道代の比較を見ると、長い使用期間では、
節水型を選ぶ方がお得になることもあるのではないでしょうか?


外壁コーキング費用


和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合の相場は、25~50万です。
費用に大きく差があるのはなぜでしょうか?

和式トイレから洋式トイレリフォームの費用の内容を詳しく見てみましょう。



・現状の和式トイレによって差が出る
現状の和式トイレに段差がある場合、
段差が必要のない洋式トイレを設置する為には、段差を解消することが必要です。

この段差ですが木枠で出来ている場合と、コンクリートで固めてある場合とでは、
工事内容が変わり、工事費用も変わります。

また、和式トイレの場合、狭いスペースの場合があり
選ぶ洋式トイレによっては、トイレの増築の必要があります。

もし、現状の和式トイレのスペースが狭い場合、
タンク付き洋式トイレのコーナータイプを選ぶか、
小さな手洗いが設置できるスペースがあれば、タンクレストイレを選択することもできます。

文字通り、タンクレストイレはタンクが無い分、通常のトイレより小さくなっており、
狭い場所への設置も可能です。


・入れ替える洋式トイレのグレードの差
洋式トイレには、節水タイプやお掃除がしやすいものなど、
色々なタイプがあり、選ぶのに迷うほどです。

機能が多くあるほど、価格も高くなりますので、
本当に必要な機能なのかを、よく検討してみる必要があります。

できれば、メーカーのショールームなどに足を運び、
トイレ選びをしてみることをお薦めします。


・電気工事が必要の場合の差
洋式トイレには、通常の便器に便座を組み合わせた物ですが、
暖房洗浄便座を別に組み合わせることもできます。

もちろん、最初からセット価格となっているものもありますし、
別に設定することもできます。
こちらも、洗浄機能のほかに、乾燥や消臭機能が付いたものなど、
たくさんの種類が有り迷いますね。


こう言った、暖房洗浄便座を新たに設置する場合、
和式トイレの時には必要なかった電気工事が必要なりますので、
電気工事の費用が必要となります。


出来れば、複数の業者から見積りを取り寄せて、
比べてみることで、適正価格を知り、工事を依頼することをお薦めします。




女子トイレ


和式トイレから洋式トイレに工事をする場合は、
どの様に工事が進められて行くのでしょうか?

一般的なトイレリフォーム工事の大まかな流れをご紹介します。


1.既存トイレの解体撤去
和式トイレの便座や床などを解体し撤去をします。
床がタイルで有る場合、タイルも解体撤去します。
段差がある場合は、この段差部分も解体撤去します。


2.排水管の移設
解体終了後、和式トイレと洋式トイレの排水菅の位置は違い、そのまま利用できない場合は、
洋式トイレの位置に合わせて移設工事を行います。


3.床・壁の下地工事
床や壁を解体した部分の下地工事をします。
手すりを付ける場合、付ける位置に、下地を付ける位置にしっかりと仕上げをしておきます。

4.床・壁の仕上げ

床材や壁のクロスなどを貼る工事で仕上げをして行きます。
床材にはクッションフロアを使用すると、防水性も有り、お掃除もしやすくなります。
クロスも水廻り専用クロスを使用すると良いでしょう。

4.トイレを設置
新しい洋式トイレを設置します。


この他に、暖房洗浄付きの便座にする場合、
電気工事が必要をなります。

また、和式トイレをしrフォームする場合、
くみ取り方式のトイレから洋式トイレにする場合があります。

くみ取り式トイレは、昔から、悪臭や害虫の発生などや、
小さなお子様の転落事故にも繋がることがありました。

くみ取り式トイレを洋式トイレにリフォームする場合は、下水道工事が必要です。
しかしながら、業者によっては、この下水道工事が出来ない場合も有ります。

是非、見積もりを依頼する前に、くみ取り式から水洗トイレにへの、
変更リフォームをした経験があるかを確認してから、話を進めるようにしましょう。

f014661b1e1396f1f27169b9a51cc096_s


ご家族の介護で、和式トイレを洋式トイレにリフォームする場合、
介護保険改修補助金を利用する方法が有ります。

介護保険の制度を利用できる介護リフォームは、
基本的に5つあり、和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合も、
この介護リフォームになります。

では、どのような場合にこの補助金を利用することができるのでしょうか?

介護保険制度では、「要支援」または「要介護1~5」の認定をされた方で、
在宅での介護の為に、住宅改修が必要な人に対し、
20万円までの9割の補助を利用することが出来ます。

ただし、20万円を超えた部分に関しては、自己負担となりますので、
注意が必要です。

この場合、トイレに手すりを取り付ける工事も補助金の対象となります。


ここで、介護のためのリフォームついて注意点をご紹介しましょう。


1.介助のためのスペースを設けよう
便器後方のスペースを20cm取ると、トイレ利用時の後ろからの解除動作が楽になります。
便器前方はスペースが50cm有ると、立ちすわりが楽です。
側方スペースは50cm有ると、介助する人が横に立ち動作が楽です。


2.出入り口の段差は無くそう
出入り口の段差は重要です。
出入り口をフラットにすることで、つまづくなどの転倒防止になります。


3.手すりの設置を考えよう
介護トイレリフォームでは、手すりの設置が補助金の対象にもなります。
ただ、手すりを設置するのではなく、介護される方の身体に合わせた箇所に、
設置することが、重要です。

以上、介護をする為に、和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合に、
考えたい注意点です。

洋式トイレ


近年、和式トイレの住宅は少なくなり、洋式トイレが主流となっています。
まだ、和式トイレのお家でも、ぼちぼち洋式トイレにリフォーム工事をしようと、
検討されている場合が多いのではないでしょうか?

そこで、和式トイレから洋式トイレにリフォームをする場合の注意点について、
ご紹介したいと思います。


日本古来よりある、和式トイレのスタイルは、
実は、下半身の筋力を維持する上ではとても良いことだと見直されてきています。

しかし、身体的に怪我があったり、足腰が弱っている場合や、介護が必要になった場合は、
やはり洋式トイレの方が便利ですね。


和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合ですが、
まず、段差の解消が必要です。

洋式トイレには不要ですが、和式トイレは一段高くなっている場合が多く、
まず、この段差を撤去する必要があります。

床が平らな場合と比べて、工事費と手間が多く掛かることを知っておきましょう。

この段差部分が木組みで作られている場合と、コンクリートで固められている場合があり、
コンクリートの場合は、工期を2日ほど多く見ておく必要があります。

段差を解消した後、床工事や、配管工事、トイレの取付工事と進めて行き、
内装工事で仕上げをします。

また、洗浄便座を設置する場合、新たに電気工事も必要となります。

洋式から洋式へのリフォームですと、1~2日で済みますが、
和式トイレから洋式トイレのリフォームは、3~5日掛かると考えておきましょう。

工事が長く掛かる場合、仮設トイレの設置なども必要となります。
工事を依頼するときに確認をしておきましょう。


このページのトップヘ