リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ: 外壁塗装

アルミサイディング

地震により、家の倒壊が多く起こることがありますが、
アルミサイディングを施工した建物は倒壊する率が低いと言われています。

その理由は、アルミサディング自体が地震に強いと言うよりも、
アルミサイディングすることにより、外からの雨を防ぎ、中の壁内結露を
防いでくれるためで住宅の中の木材の環境が非常によく、強度と耐久性が保たれるからです。


住宅の一番大事な部分である、柱など木材は、最適な環境におけば、
年数が経てば経つほど、強度が強く耐久力が増してきます。


この住宅にとって、水分をコントロールをすることは、
外からの雨を防ぎ、水分が木材に入って来ないようにすることとは、
数年ごとの塗装などのメンテナンスをすることも大切な事です。

しかし塗装は、残念ながら、外からの雨は防いでくれますが、
壁内側の結露を防いでくれません。


そのため、この結露を防ぎ、外からの雨が入って来ない構造にする方法として、
アルミサイディングをオススメしたいと思います。

アルミサイディングの素材である、アルミ合金は酸化により腐食していくものと、
腐食性に優れたアルミ合金があります。

腐食性に優れたアルミ合金は、少々のことでは傷はつきませんが、
先の鋭いドライバーの様なものでは、傷がつくことがあります。
 
傷ついた部分が、外気に触れ酸化すると皮膜を作ると言う機能が
備わっているものがあり、そちらを使用すると安心です。


見積り時に、リフォーム業者に詳しく聞いてみることをオススメします。


リフォーム業者の選び方についてはコチラのサイトを参考にしてください。



⇒ リフォーム業界の3つの非常識 


外壁リフォーム注意点

外壁リフォームを行う場合に掛かる費用は、大変大きく、
少しでも安くなれば助かりますが、工事費を削って、工事自体を
手抜きされる様では、後々問題が起こる場合があります。

それでは、少しでも安くなる方法と言えば、自治体などの
補助金や助成金などを利用する事ではないでしょうか?


補助金は、お住まいの都道府県や市町村区によって、大きく違いがありますので、
自治体のホームページなどを利用して、補助金制度を確認することを
オススメします。

ただし、この自治体の補助金の多くは、工事が済んでしまってから
申請をしても、もらえないものが多くあり、工事を計画した時点で、
補助金の申請をする形です。


必ず、自治体に確認をして、手続きを行う様にしてください。


また今回の熊本地震では、戸建住宅の耐震改修の費用に対して
一部の補助金が出ることとなりました。
 
熊本市内にある住居が対象で、熊本市に登録のある診断士の
耐震診断を実施した住宅が対象です。


耐震補強工事の基礎工事をした場合、既存の外壁の一部を撤去して、
工事を行う場合もあり、外壁リフォームの必要性も出てきます。

耐震診断と実際に耐震工事をした場合に、補助金がでますので、
熊本市の自治体で、内容をしっかり確認して、工事を進めるようにしましょう。


外壁リフォーム

外壁リフォームを進める悪徳業者とは、どのように言葉巧みに
近寄ってくるのでしょうか?
 
 
多くの悪徳業者は、訪問販売や無料で点検しますと家に入り込む
点検商法で近寄ってきます。

この点検商法は、何も問題の無い箇所を、自ら問題を発生させて
工事を契約させると言った商法を取ります。

また大きな地震などの災害などがあった場合は、弱みに付け込むような
悪徳業者が増えることが多いので、充分な注意が必要です。

このままにして置くと大変なことが起こるなど、恐怖心を煽り、契約を取ろうとする商法で、
この様な業者を悪徳業者を言います。


その特徴としては、よく使う手口があります。
 
・ありえない大幅な値引きを提示して、早く契約を取ろうとする。
・見積書を作らず口頭で金額を提示してくる。
 または見積り明細が無い、「一式」で掛かれている見積書を持ってくる。
・オリジナル塗料を売ってくる。


この様な業者に契約し工事を依頼した場合、 下地作業を行わない、
塗料が乾燥する前に重ね塗りを行う様な手抜き工事を行ったり、
見積りとは違う安い塗料を使用する詐欺まがいの行為をされることがあります。


また詐欺まがいの工事を行われた場合、工事後直ぐには分からず、
月日が経って気づく事が多く、また費用を掛けて工事をやり直したり、
場合によっては、腐食などの原因になり、大きな費用が掛かることにもなりかねません。


安心して工事を依頼できる業者選びの方法としては、
複数の業者から見積りを取ることや、詳細な見積もりを出してくる業者を選ぶ、
質問にしっかり答えてくれる業者を選ぶことが大切です。


リフォーム業者はまだまだ詐欺業者も多いので、信頼できる業者の
選び方がとても重要です。
 
リフォーム業者の選び方についてはコチラのサイトを参考にしてください。





外壁塗装優良業者

外壁塗装を計画した場合、信頼して工事を依頼できる業者を選ぶことが大切です。
 
しかし、どんな業者があるのか、どうすれば優良業者なのかを見分けることができるのか、
むずかしいことですが、重要なことでもあります。

約10年に一度行う外壁塗装は、業者選びで仕上がりが変わってきます。
 
また、費用の面でも大きく違いがあり、業者選びで失敗しないポイントをご紹介します。


まずは、見積もりは複数の業者でとることが大切です。
 
あまりにも高額な場合や、安すぎる見積額は疑うべきで、
価格に左右されず、耐久年数など見積もりの中身をしっかりと
確認することが必要です。


見積もり内容に関しては、項目がおおざっぱであったり、
工程ごとの記載がなかったり、使用塗料も明記されていない見積もりの場合、
優良業者とは言えません。

契約を急ぐ業者も疑ってみる必要があります。
 
値引きなどの甘い言葉に騙され無いよう、すぐに契約をしてしまうことは避けましょう。


下請けを使って工事を行う業者よりも、自社施工で工事を行う業者を
選ぶことをおススメします。
 
可能であれば、その業者の事務所など所在地に出向き、
どのような業者であるのかを確認すると、信頼度は
高くなるのではないでしょうか?

経験年数や施工実績などが判断基準に必要ですが、
塗装の職人が、厚生労働大臣認定の塗装技能士の資格を持っているかも、
優良業者である判断材料となります。


素人にも分かりやすい説明をしてくれる業者を選ぶことも、
見分け方の条件のひとつです。


大切なお住まいの外壁塗装ですので、ぜひ失敗しない業者選びをして
満足いく工事になります様、慎重に優良業者を探しましょう。

一括見積もり

お住まいの外壁塗装を考えた時に、業者選びに迷いますね。
 
地元のリフォーム業者から1社見積もりを取り工事を任せますか?

近年、外壁塗装工事に関するトラブルは様々なものがあり、
信頼できる業者を選ぶのも中々難しいと言えます。

大きな会社だから安心か?小さな会社は親切か?
 
実際に工事を行ってみないと、現状はわからないのも事実です。


外壁塗装におけるトラブルの例としては、
実際の工事で見積もりよりも、質の悪い安価な塗料を使われる。
 
塗料を必要以上に薄めて塗装する。

下地工事抜きで塗装をされるなど、様々な事例があります。


しかし、悪徳業者かどうかを見分けるにはどうすれば良いのでしょうか?

そこで、まずは一括見積サイトに登録して、
複数の業者から見積もりを取ってみてはいかがでしょうか?

この一括見積サイトを選ぶ基準ですが、
優秀な業者しか登録させていないサイトを選ぶことが、まず重要な事です。

厳しい加盟審査を行っているサイトでは、利用した人の評価やお客様の声などを、
掲載して、優秀な業者で有るのかが、ひとめで分かるようになっています。

そのサイトから複数社の見積もりを取り、内容を比較することで、どんな塗装が必要であるのか?
 
工事の費用はどれくらい掛かるのかが分かります。

複数から、2~3社に絞り、面談の上、信頼出来て予算に合う業者を選ぶことで、
安心してお住まいの外壁塗装を依頼できるのではないでしょうか?

外壁塗装を行うときの業者の選び方は、くれぐれも慎重にすることを心がけましょう。

外壁リフォーム費用

お住まいの外壁は、建物を維持して行く上で、とても重要な部分です。
 
定期的にメンテナンスを行い、必要なリフォームを行うことで、
建物の寿命を延ばし、長持ちをさせることができます。


日々、厳しい環境にさらされている外壁は、常に太陽光や風雨にさらされています。
 
その為、年月と共に劣化が進みやすく、ひび割れや塗装部分の
剥がれなどを放置しておくと、雨水が内部まで浸入し、
下地や柱の腐食することもあります。

そのような事になる前に、汚れや色あせなどが目立って来たら、
外壁リフォームのサインと考え、リフォームを検討することをお薦めします。

どのような種類の住宅でも、窓など開口部や外壁材の繋ぎ目には、
コーキングがされています。このコーキング材も経年劣化が起こり、
ひびや剥がれなどが起こります。

その為のコーキングの部分的な補修は約2~5万です。


外壁がタイル張りの場合を除いて、外壁リフォームの基本は塗装工事です。
 
住宅の美観のためだけではなく、外壁材の表面塗膜を一定の状態に保つためには、
大変重要な工事です。

既存の外壁がモルタル下地の場合、経年によりヒビが入ることも多く、
この隙間から雨水が浸入し、住まいの構造部を痛めてしまいます。

また既存の外壁がサイディングの場合は、劣化が進むとサイディング本体に亀裂が入ったり、
割れてしまうことで、張替えが必要となり、費用が大きくなります。

シリコン系樹脂塗料を使用して一般的な住宅の外壁塗装工事の費用は、
約50~100万前後と考えておきましょう。

外壁の傷みがひどく、塗装では水の浸入を防げないと考えた場合、
塗装ではなく、サイディングを張るリフォーム工事を検討してみることも方法のひとつです。

既存の外壁を下地として使用する重ね張り工法は、約150~200万程度の費用です。
 
張り替えの場合、既存外壁を剥がして行われますが、工事費用は、約180~300万程度です。


定期的なメンテナンスを行うことで、お住まいを長持ちさせるポイントです。

 
できれば、信頼できる業者に定期的に点検をしてもらえると、
より早く補修箇所を見つけることができて、安心ではないでしょうか?




リシン掻き落とし

リシン掻き落としと言う外壁の名前を耳にしたことはありますか?

リシンとは、御影石や大理石など天然石を、
細かく粒状にしたものに顔料を混ぜて、塗り壁材とした物を言います。

そして、リシン掻き落としとは、どのような工法なのか、
わかりやすく作業の順序で説明します。

リシンを外壁の下地モルタルの上にコテで塗ります。
 
その後、乾山のように先が乾山の針のようにとがった道具を使い、
表面を粗く掻き落として仕上げていく方法です。

出来上がりは、表面に細かい凹凸がある土壁風の仕上がりになります。
 
どの石を使用してリシンにするかで、色合いや仕上がりが変わってくるので、
出来上がりが大変楽しみな工法です。


このリシンは、塗料とは違い、撥水性が大変高く、調湿効果があります。

雨や水洗いで、汚れを落とすことが出来ます。
 
自然素材のため、色あせが無く、美観を損なわず、メンテナンスも、
上から塗り直すことができます。

独特の高級感が表現できるので、和風の住宅外壁などとしても、
多く用いられています。

見る角度により、石がチカチカトと光り、高級感があります。
 
風合いは、やわらかい雰囲気に仕上がります。


リシン掻き落としの塗装をする場合、素穴が塗料を吸ってしまいますので、
素穴止めとして、1回多く塗ることをお薦めします。




外壁塗装の注意点

格安!と言われれば、飛びつきたくなるのは人情です。
 
しかし、ただ安いと言うだけで、安易に飛びつくと、
後々困ったことが起こる場合もあります。


外壁塗装は、大切なお住まいの寿命を左右するリフォーム工事です。
 
格安で安かろう!悪かろう!では、塗料の性能が悪く、10年もつはずの塗料が
2年から3年で、剥がれてくるなどと言うこともあります。

複数の業者より見積りを取った場合、あまりにも安すぎる見積価格には注意が必要です。

では、どのような点に注意して、外壁塗装を信用できる業者に
依頼することができるのでしょうか?
 
注意点を確認してみましょう。

まず、複数の業者に相見積を取ることは必須です。
 
複数の業者に見積もりを取ると、相場や外壁面積などを把握できます。

他業者と比べて、極端に安い見積金額を提示しているところは、
他社と見積り内容の何が違うのか見比べてみましょう。

・塗料のランクは?
外壁塗装に使用される塗料は、その種類の違いから安いものから高価なものまで、
様々な違いがあります。

できれば、同じランクの塗料での見積もりを依頼すると、比較がしやすく、
間違いがないのでお薦めです。

・塗装回数は?
外壁塗装は、3回塗りが基本です。
 
下塗り・中塗り・上塗りと工程をしっかり守ることにより、
塗料は性能を発揮します。

間違っても、格安で2回塗りの業者に工事を任す事の無いように注意しましょう。

塗料の仕入価格が違う為、同じ塗料でも見積り金額が違うのは当然ですが、
工事内容に差があるのは問題です。


安い価格設定に惑わされず、見積もりが正しいかをしっかり判断をし、
信頼できる業者を選ぶようにしていくことが大切です。

基礎知識

お住まいの外壁塗装をする目的は、美観を損なわないように
するためだけでしょうか?
 
確かに、外観を美しくみせることは必要ですが、
一番重要になるのは、お住まいを保護することです。

もし、外壁塗装を行わずにむき出しのままの状態でいると、
大切な住まいの寿命を縮めることになります。

日々を過ごすお住まいを快適な場所にするのも、この外壁塗装工事が必要になってきます。

そこで、今回は外壁塗装の基礎知識をご紹介しますので、
外壁塗装を考える時に、困らないように知識としてポイントを覚えておきましょう。


・塗料について
外壁塗装の塗料は、安いものから高価なものまでたくさんの種類があります。

値段が高いものほど耐久年数が長いと言う傾向があります。

一般家庭で使用されることが多い、シリコン塗料は耐久年数が8~15年で、
耐久性に優れています。

シリコン塗料以上のものと言えば、フッ素樹脂塗料で、熱にも傷にも強いと言う特徴があり、
耐久年数は15~20年です。

その他、各機能を持つ塗料があります。
 
近年、人気があるものとしては、遮熱塗料や光触媒塗料などですが、
建物の素材により、使用できる塗料も変わってきますので、
見積り時に相談するようにしましょう。


・塗替えの目安について
外壁塗装の塗り替えの時期ですが、一般的には10年経過くらいから
劣化が始まると言われています。
 
自分でできるチェックポイントとしては、塗装のひび割れ、剥がれやカビの発生や、
壁を手で触って白い粉が付くなどのチョーキング現象が出ていないかです。


・外壁塗装の工事内容
一般的な住宅の場合の工事期間は外壁のみで、7~10日間で、
屋根塗装と同時に行う場合は、約14日間が目安です。

雨天の場合、工事が空けになり工期が延びる場合も有りますので、
少し多めの日程で考えておきましょう。


・費用について
一般的な住宅でシリコン塗装工事を行う場合の、塗装工事費用は約50~70万ですが、
塗装業者により見積り金額は違ってきますので、充分な検討が必要です。



以上、基礎知識を踏まえた上で、まずは複数業者から見積りを取り、
比較検討してみましょう。
 

メリットとデメリット

外壁塗装をする場合、まず塗料の種類を選びますが、
その次に色を選択して、その他に、艶ありと艶なしを選ぶことになりますが、
塗料のカタログを見ると、艶あり、艶7分、艶5分、艶3分など
艶消しなどと掲載されています。


では塗装においての艶とはどういうものなのか?

その違いをご紹介したいと思います。

外壁塗装に使われる塗料には、艶あり艶なしがあります。
 
艶あり塗装のことをグロス加工、艶なし塗装のことをマット加工と言う、
呼び名も有ります。

このグロスとは、口紅の上から塗るグロスと同じで、
艶あり塗料を外壁に塗ると、つやつやした光沢のある外壁に仕上がります。
 
またその反対に艶なしで塗料を塗った場合、落ち着いた感じになります。

しかしこの艶有りの艶は、約3年くらいで艶なしと同じ状態になります。
 
この艶がなくなっても、耐久性に変わりが有りません。

ただ、艶なしの塗料は、艶あり塗料に艶消し剤と言うものを入れて作るため、
耐久性が下がりますので、艶あり塗料より寿命が短くなると言われています。

耐久性を重視したいところでは有りますが、見た目を考えた場合、
和風建築によく使われる漆喰や砂壁の外壁には、
艶なし塗料を使うことをおススメします。


艶をある程度なくしての塗装を希望の場合、業者としっかり
打ち合わせをすることが重要です。

このページのトップヘ