おしゃれな建物


経年劣化における外壁のひび割れには、様々な要因が考えられます。

たとえば、家の近くに国道や電車の線路が有る場合は、
それらの振動により、外壁が揺らされてしまうことで起こるひび割れです。

振動により外壁に何度も力がくわわることで、耐え切れなくなった場合に起こります。
また、外壁部分の乾燥によって壁が収縮するときにも、無理な力が加わりひびが起こります。

その他には、地震による影響の場合です。
地震の場合、小さな振動で徐々に内側からひびが行くのとは違います。

外側から大きな力が掛かることで、建物が歪むことでひびの原因となります。


この様なひび割れの原因とともに、ひび割れにも種類があります。
 
・ヘアクラック
髪の毛のような細い短いひび割れのことを言います。経年で塗膜が劣化することで発生します。
・乾燥クラック
壁の水分の蒸発時に起こる、収縮で起こるひび割れのことです。
・構造クラック
地震などで建物が大きく揺れた場合に、構造に歪みが生じ外壁にひびが入ります。



ひび割れの種類や程度によって、補修方法が変わります。
小さなひびの場合は、ウレタン塗料材や変性シリコンのコーキング材で、
ひびを埋めていきます。

ひびが大きい場合は、電動工具であらかじめひびを削り、
シーリング材やモルタル樹脂を埋めていきます。

そのひびの削り方は、「Uカット」と「Vカ ット」の2種類あり、
ひびの分を分大きく切り出す「Uカット」は。切り込む量が多いため、
粉塵量が多いのが欠点です。


最初は小さなひび割れも、次第に大きくなって、雨水などが浸入するようになります。
そうなる前に、ひびを見つけたら補修を行う事をオススメします。