リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ: 床リフォーム

フローリングとソファ


在来木造住宅の床は、根太(ねだ)工法で施工をされていることが多く、
表面の床材を支える下地材。その下地材を支える根太。
そして根太を支えるために大引きと言う順序で、床を支えています。

長い年月の間には、地震や建物そのものの重みで、水平で失くなっているが多くあります。
また床下は大変湿気が多く、これも長い年月の間に部材が腐ってきたり、
白アリに食害にあっていたりします。

そのため、畳からフローリングにするケースなどのときは、床下の部材を部分的に交換することもあり、
その交換分、別途費用が嵩むこともあります。


下地の調整をしないで、フローリングを施工してしまうと、床がきしんだり、沈んだりと、
思わぬトラブルに繋がります。

また隣室や廊下との段差が生じる場合がありますので、充分注意が必要です。


畳からフローリングへのリフォーム工事をする場合も、業者で相見積もりを取り、
一番安い業者に依頼したはずが、下地の傷みが見つかり、追加工事費を請求されて、
結局は他の業者より高くなってしまった等の失敗例も多くあります。

リフォーム工事の場合、見積もり時点では予測不能なことがあるのは、確かです。
キッチンや浴室なども、既存の設備を撤去したら、下地材のやり直しが必要であったなど、
致し方ないことも多いです。


見積り前の現地調査をしっかり行ってくれる業者を選ぶこと、失敗しないリフォームに繋がります。
特に畳からフローリングへの張替えの場合は、下地までしっかりと確認して見積もりをしてもらうことを、
おススメします。


床をリフォームする業者 を選ぶポイントとして、一番重要なのは、地元の業者を選ぶという事です。

業者によって得意な分野が違ったりすることもあるので、こちらの業者の選び方を参考に業者を選ぶようにしてください。


⇒ リフォーム業界の3つの非常識 


 

フローリングの家



畳をフローリングに変更する場合のフローリングの選び方ですが、
フローリング材にも色々特徴があります。

特にマンションの床材であるフローリングは、階下へ音が聞こえにくい衝撃音遮断性能を持っているものを
選ぶ必要があります。

各マンションにおいて、リフォームをするときには、どのフローリング材を使用するのかを、
取り決めて有る場合があります。
必ず、管理組合や管理事務所に問い合わせてみるようにしましょう。

余談ではありますが、マンションのリフォームをする場合、
管理組合でリフォームをする旨の許可を申請しなければイケないマンションもあります。
充分、注意をしましょう。


その他、フローリング材の中には、ペットとの生活を考えて、
耐傷・耐アンモニア性能を持っているものがあります。
ペットと言えば、通常のフローリング材は滑りやすく、犬や猫の関節への負担が大きいと言われています。
昨今では、そんなペットちゃん様に、滑りにくいペットに優しいフローリング材も発売されています。

また自然素材である無垢材のフローリングも人気があります。天然木の風合いや、
森林浴をしているような住み心地の良さが味わえる無垢材は高級品と思われがちですが、
一般的な合板フローリング材と大きな違いはありません。

ただ無垢材には欠点があります。湿度や温度によって反りやねじれが起こると言うことです。
また、ダイニングなどでは、椅子を引きずったりすると、表面を傷つけてしまいます。

無垢材を使用するときには、これらのことを踏まえて、フローリング選びをするようにしましょう。

畳と窓


リフォームで、畳からフローリングへ変更したいと考えた場合、
どれくらいの費用が掛かるのでしょうか?

リフォームを計画する前に、ある程度の費用を知ることが大切です。

もちろん、依頼する業者によっても価格が違いますし、
フローリング自体のグレードによっても変わってきます。

例えば、畳6畳の和室をフローリング張りにする場合の費用ですが、
一般的なフローリング材を使用した場合は、約200,000円前後となります。

その内訳としては、既存の畳撤去処分費が、約18,000円で、
下地調整を含めたフローリング張りの費用は、約100,000円。

それに、現場管理費や、養生代などが、約80,000円です。
合計で約200,000円ほどの費用が掛かってきます。

もし、一般的な合板のフローリングではなく、無垢材のフローリングを使用する場合は、
それに約50,000円ほど高くなります。

余談ではありますが、無垢材は、合板のフローリング材では出せない、風格があるため、
家にこだわりがある方には、無垢材の使用をおススメします。

ただし、天然もの故に、隙間ができたり、反ったり膨れたりするものも有ります。
水をこぼしたら直ぐに拭き取る様にしなけばならず、少々手が掛かると考えて良いでしょう。

畳からフローリング材へリフォームする場合、壁をクロスに張り換えたり、
押入れをクロゼットに変更したりはしませんか?

ただ、畳をフローリングに変えるだけのリフォームより、いっそ畳・壁・床材・建具に至るまで、
和室から洋室へリフォームをすることも計画の中に入れておきましょう。

和室から洋室に全部まとめてフルリフォームをされると、良いでしょう。

畳からフローリング


畳からフローリングへ変更する場合、構造上の違いから、
補強や段差の解消工事が必要となります。

畳を撤去してすぐにフローリングは張ることが出来ません。

何故ならば、床の下地となっている根太(ねだ)と言う部分がありますが、
畳の場合、強度が維持できるため、根太の間隔を広めにして、下地が組んであります。

これをフローリングにする場合、根太の間隔を303㎜程度まで、狭くしてから、
フローリングを張りることが必要です。



畳には厚みが有るため他の部屋との段差が出来てしまいます。
根太を組んだ、あとに捨てベニヤを張って高さを調節します。

また、古い木造建築では、和室の下地に断熱材を入れていないところが多いです。
これは、畳自体に断熱効果が期待できるからです。

フローリングにリフォームする際には、断熱材を入れる工事を行うと良いでしょう。

畳を洋室フローリングへ変更する場合、遮音性も気になるところです。
畳は遮音性に直ぐれているため、畳の上を歩いても音がしないはずです。

フローロング材にすると、音が響きやすく気になりますね。
戸建ての2階部分をリフォームする場合は、下の階に響きやすいことは、
覚えておきましょう

フローリングには遮音性を求めることをおススメします。

畳と将棋


和室から洋室へリフォームを考える人は多く、その理由としては、ライフスタイルの変更や、
介護など車いすを使うことになったなど様々です。

ただ畳からフローリングへ床材を張り替えるだけでも、
一気に洋室らしくなり、使い勝手も良くなります。

畳を剥がしてフローリング材を張るだけと、簡単に考えがちなリフォームで、
今流行りのDIYで、業者に頼まず自分で張り換える人もいるようです。
 

しかし、確かに簡単そうに見える工事ですが、やはり大切なお住まいの床材です。
プロに任せる方が、安心なのではないでしょうか?

何故ならば、床材を支える下地材が、畳とフローリングでは大きく違いが有るからです。
在来の木造建築住宅の場合、根太(ねだ)と呼ばれる下地材があり、
畳の場合は、厚みと強度があるので、根太の感覚が広くても問題が無いとされています。

しかし、フローリング材に変更する場合、根太を303mm前後に配置しなければ、
強度が足りず、床が沈み込んでしまいます。

古い住宅の場合は、断熱材が使用されていない場合も多く、和室から洋室へ改装時に、
断熱材は入れておくことをおススメします。

洋室フローリング張りにする場合は、下地をしっかりしたものにすることが大切です。

後付け床暖房費用


床暖房を後付けで設置する場合気になるのが、
そのお値段と日々掛かってくる費用についてではないでしょうか?

床暖房は電気式と温水式の二種類のタイプがあり、
電気式の場合は工事費用は比較的安く、電気代は高く掛かるのが一般的です。

また、反対に温水式の場合は、日々の光熱費は安くなるのですが、
設置時に熱源機と呼ばれる温水を作りだす本体と、熱源機と床材を接続するための配管工事などが、
大きく掛かります。


それでは、ここで一般的な設置費用をご紹介します。

14畳LDKに電気式床暖房を設置する場合
14畳の内、床暖房の設置面積を全体の約43%とした場合の費用は、概算で約70~120万

この場合の床の工法は、床張替工法での金額です。
床張替工法とは、床を剥がし下地から工事をする方法で、床解体や補修工事費用も含まれます。


この床張替工法ではなく、直貼り工法での後付工事をする場合の概算費用は約60~80万となります。
直張り工法とは、既存の床の上に直接張れる床暖房の事です。

既存の床を解体することなく、工事も簡単でコストも節約できます。
ただ、デメリットとして、既存の床よりも12~18㎜程度高くなります。

床面に段差を付けたくない場合や、バリアフリーを考える場合は、やはり床張替工法を選ぶことが必要です。

では、同じ内容で温水式にした場合はいくら掛かるでしょう?
温水式の場合、暖房専用熱源機を含んだ費用で、床張替の場合は約120~140万で、
直張り工法の場合は、約75~100万です。


以上、概算費用をご紹介しました。
その他、使用する仕上げのフローリング材を一般的な普及品ではなく、
傷がつきにくいものや、汚れにくいものなどをグレードの高い物を選ぶと、費用は上がってきます。

ご使用状況によって、フローリング材を選ぶことをお薦めします。


後付け床暖房 注意点


床暖房を後付けで設置する場合は、まず設置するお部屋の中を見渡してみましょう。
大きな家具やソファなどがあり、床全面に床暖房を設置する必要がない場合もありますね。

その場合、その部屋の床全面に設置する必要はなく、
床面積の約50~70%に設置するだけでも、充分に暖房効果が発揮できます。

床暖房を後付け工事する場合、仕上げ材のグレードや電気式は温水式にするかで、
工事費用は大きく変わってきますが、設置面積でもコストは変わってきます。

ソファやベッド、家具の下を温める必要はなく、人が直接触れる場所を温めることを、
中心に考えて行きまよう。

面積を減らす分、床暖房のユニットの数が減り、設置費用が変わってきますし、
工事後のランニングコストも変わってくることを、計画するときに考えましょう。


使用する床材を選ぶ場合、断熱性が高く熱を伝えやすいものを使用する必要があります。
一般的なフローリングは、熱に弱いものも有り、熱を加えると反りや割れなどが発生し、
床に隙間が空く場合もありますので注意が必要です。

床暖房に適したフローリング材を選ぶか、他の素材で床暖房に適したものを選ぶの良い方法です。
例えば、たたみやタイルなども床暖房に適した素材と言えます。


床暖房を使用する上での注意点としては、木製品を直接床暖房の上に置いていしまうと、
木製品を置いた個所に熱がこもり、木製品が変形したり、床材が変色してしまうことがあります。

後付けで床暖房を設置する計画がある場合、高価な木製品の家具などは、
直接置くことは避けて、板を敷くなどの方法を取るように計画することをお薦めします。


床暖房 マンション


最近の新築マンションには、一般的に床暖房設備が標準装備されているところが多くなっています。
そのため、中古マンションを購入した場合にも、
後付けで床暖房システムを取入れる方が増えてきています。

しかし、マンションによっては、床暖房設置がむずかしい場合もあります。
どの様な場合に床暖房設置ができないのか、また設置できても、
問題は無いのかを詳しくご紹介したいと思ういます。

マンションには既定のフローリングを設けているところが有り、
後付けで床暖房使用のフローリングを入れようとした場合、
マンションの管理組合の承認が必要となります。

それは、各マンションのフローリング規約に遮音性のある
フローリングを使用するように決められていることが多いです。
 
既存のフローリングを剥がし、、後付けで床暖房使用のフローリングを引き詰めるのですが、
その場合、既存の床材を撤去し、配管をしてその上に、通常のフローリングを張ることで、
床の高さが、廊下や他の部屋よりも、少し高くなっているため、扉の開け閉めにトラブルが
生じることが有ります。


その次の注意点が、床暖房機能付きの給湯器に交換しなければいけません。
共同住宅のマンションでは、ガス供給量を満たす太さのガス供給管でなければいけません。
管理組合に届けを出して、交換する床材や給湯器の承認を貰う様にしましょう。

床暖房の設置する部屋から機能付きの給湯器までの配管ですが、
マンションの場合、コンクリート壁に穴をあけて設置することがあります。

しかし、この壁に穴をあけることを禁止している場合、床暖房を後付けすることは不可能になります。

管理規約書の禁止事項のなかに、床暖房の設置工事を禁止している場合が有りますので、
注意が必要です。


床暖房後付け 基礎知識


冬を快適に過ごすためのリフォームとして、人気を集めているのが床暖房です。
新築住宅に、最初から設置されているお住まいが多く、
既存の住宅でも、後付け用の床暖房を設置するご家庭が増えています。

その背景には、各住宅機器メーカーがブームに乗って、
安価な後付け用の床暖房を売り出したと言う理由があります。


なぜ、床暖房に人気が集まっているのかを考えてみると、
何と言っても、安全性にあるのではないでしょうか?

ストーブなどでは、火災や火傷などの心配もありますが、
床暖房は安全で、高齢者や幼い子供が居る場合の暖房器具として、
使用するのには良いと考えられています。

また、床面からお部屋全体の空気を暖かくするので、
温度にムラが無いのも特長です。

ひとつデメリットをあげるとするならば、昔ながらの日本家屋で、
すきま風などが入るようなお住まいでは、少々効き目が低く、
機密性や断熱性が高いお住まいに向いている暖房器具です。


せっかく、床暖房を設置しても、お部屋の断熱性が悪い場合は、
その効き目が半減してしまうので、注意が必要です。

設置前に業者に点検を依頼して、壁や天井などの断熱性を高めることと、
ドアや窓の開口部の機密性にも良くしておく必要があります。

せっかく、床布暖房の後付けするのですから、
充分に効果があるように、設置するようにしましょう。


床暖房種類


後付できる床暖房には、大きく電気式と温水式があります。

電気式とは、電気ヒーターを用いた床暖房です。
最近では、蓄熱材を使用する方式も増えてます。

電気式は施工が比較的簡単と言われ、スイッチを入れると、直ぐに温かくなると言う魅力があります。
メンテナンスもほとんど必要が無いため、電気式を選ぶ方も多いです。


しかし、時間あたりに換算すると、光熱費は温水式より高めと考えましょう。


施工の方法としては。既存の床材を剥がして張る方法や、
剥がさずに、その床の上からヒーターと専用フローリングを重ね張りする方法があります。

この重ね張りの場合、工事中に騒音やホコリなどで室内が汚れず、
工期の期間も短く、住みながらのリフォームができます。


もし、既存の下地板や床組の劣化が激しい場合は、交換または補修を行います。
床下地などの状況に応じて、工事内容の変更になることは、覚えておきましょう。


一方、温水式の場合、床材の施工のみでは床暖房としての機能が働きません。
温水を作りだす熱源機の設置工事と、床材とつなぐ配線工事を行って、
床暖房としての機能が働きます。

工事は大掛かりで、初期費用は高くなります。また通常1年に1回程度のメンテナンスが必要です。
しかし、ガス又は灯油を使用して温めたお湯を使用する温水式の方が、
日々の光熱費は安く済みます。


シーズン中は、長期間使用する暖房器具の床暖房です。
どの方式を選ぶのか迷うところですが、やはり選ぶ基準としては、設置費用が余りかからずに、
維持費用も安く上がることが望ましいですが、一番は生活スタイルで選ぶことが大切です。

長時間つけっぱなしにする部屋の場合は、温水式が適していますし、
朝夕程度の使用でしたら、電気式でお手軽に使用することを考えましょう。


このページのトップヘ