リシン掻き落とし

リシン掻き落としと言う外壁の名前を耳にしたことはありますか?

リシンとは、御影石や大理石など天然石を、
細かく粒状にしたものに顔料を混ぜて、塗り壁材とした物を言います。

そして、リシン掻き落としとは、どのような工法なのか、
わかりやすく作業の順序で説明します。

リシンを外壁の下地モルタルの上にコテで塗ります。
 
その後、乾山のように先が乾山の針のようにとがった道具を使い、
表面を粗く掻き落として仕上げていく方法です。

出来上がりは、表面に細かい凹凸がある土壁風の仕上がりになります。
 
どの石を使用してリシンにするかで、色合いや仕上がりが変わってくるので、
出来上がりが大変楽しみな工法です。


このリシンは、塗料とは違い、撥水性が大変高く、調湿効果があります。

雨や水洗いで、汚れを落とすことが出来ます。
 
自然素材のため、色あせが無く、美観を損なわず、メンテナンスも、
上から塗り直すことができます。

独特の高級感が表現できるので、和風の住宅外壁などとしても、
多く用いられています。

見る角度により、石がチカチカトと光り、高級感があります。
 
風合いは、やわらかい雰囲気に仕上がります。


リシン掻き落としの塗装をする場合、素穴が塗料を吸ってしまいますので、
素穴止めとして、1回多く塗ることをお薦めします。