リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ: 水廻りリフォーム

マンション水廻り


中古マンションを購入してリフォームをする場合の費用はどのくらいでしょうか?

中古マンションは、新築のマンションに比べて、価格がお手頃なことから、
購入して、リフォームをすると言う人は多いです。

ただ、リフォームの内容やリフォームをどこまでにするのかで、価格は変わってきます。
そこで、今回はもっとも多い水廻りリフォームを内容ごとで、おおよその費用を見てみましょう。

1.水廻り

水廻りのリフォームは、キッチン・浴室・洗面・トイレの4カ所で、
リフォーム会社によっては、「水廻り4点パック」などの名称で、
安いリフォーム価格を提示していることが多いです。

・キッチン 
システムキッチンを入れかえる場合、現状の仕様のままでの入れ替えと、
壁つけから対面キッチンにするのでは、大きく費用に差が出ます。

一般的なシステムキッチンの入れ替えは、約40万から100万で、グレードを上げれば、
もっと価格は高くなります。

また壁つけキッチンから対面式に変更での
キッチン入れ替えの場合は、約180万から250万前後です。

・浴室
マンションの浴室は、現状ユニットバスがほとんどで、
そのユニットバスの入れ替え価格は、約65万~130万です。

マンションのユニットバスのサイズは、1216・1316・1418サイズが多く、
この1216とは、1.2mX1.6mと言う、浴室のサイズを指します。


・トイレ
近年、トイレはタンクレスのものや、収納がたっぷりあるものなど、
豊富な商品があり、おおよそ約9万から28万くらいの工事費用です。

ただ、グレードの高いトイレを選ぶと費用は増額になります。
また、トイレの交換の場合、トイレの床張り換えや壁紙の張替えなども同時に行うことが多く、
その費用は、約5万から15万です。


・洗面化粧台
毎日使用する洗面化粧台です。最近では収納力のある洗面化粧台も発売されています.
洗面化粧台を入れかえて、脱衣場のクロスやクッションフロアを張り替えると良いでしょう。
その費用は、約15万から20万です。


水廻りリフォームはまとめて依頼すると、割引き価格になる場合があります。
是非、少しでも賢く、マンションの水廻りリフォームを計画してください。




水回り 築30年



築30年のお住まいをリフォームをする場合、ただ単に設備器具や建具を新しく変えるだけではなく、
使い勝手の向上をさせることを考えましょう。

現状生活する上で、困っていることや不便なことは、古いと言うことだけでしょうか?
その不便さを解消するリフォームを考えることが、
生活の質の向上にもつながりますね。

また、築30年以上経っているお住まいの為、水廻りを入れ替えるときには、
床下などの基礎もしっかりと点検して、基礎や下地の補修や補強を行う様にしましょう。

この先、また何十年と使用する住まいの寿命を延ばすリフォームにすることを念頭に置いて、
水廻りリフォームの計画を立てましょう。

では、各水廻りリフォームの一般的な費用を挙げてみましょう。


1.浴室

現状の浴室によって工事内容費用が変わります。

・タイル張りの在来工法浴室からユニットバスの場合は約100~150万円
・ユニットバスからユニットバスへ入替えは、約40~60万円

ただし、現状のものを撤去した時に見つかる劣化などから床下の補修工事や補強工事が、
発生したり、給排水管を新しくしたりする追加費用が発生する場合があります。


2.トイレ

トイレも和式から洋式と、洋式から洋式へのリフォームで費用が変わります。
もちろん、内装も新たにリフォームする場合にも追加の予算が必要です。

・和式から洋式トイレへのリフォームは約100万円
・洋式から洋式は約20~50万円(多機能洋式トイレに変更の場合はもう少し高くなります)
・床材・クロスの張替えに約10万円
・トイレを増設する場合は約50万円

和式を洋式トイレにする場合、段差の解消工事が必要な場合があります。
この場合は、費用が上がります。


3.キッチン
キッチンのリフォームが女性には大変楽しみなリフォームになります。
ご希望で、壁付けのキッチンから対面キッチンに変えたり、ガスからIHに変更したりと、
リフォーム内容も変わります。

・キッチンだけを取り換える場合は約50~100万円
・IHクッキングヒーターへ変更は約30~50万円
・壁付けから対面キッチンやアイランドキッチンへ変更は約100~400万円


システムキッチンをタイプ変更や移動する場合は、給排水管の移設や排気ダクトを設置と共に、
元あったキッチンの撤去や、壁にも工事が必要になり、工事費が高額になります。


4.洗面所
・システムタイプの洗面台へ変更は約30万から100万円
・一般的な洗面台への入替えは約20万円

以上、水廻りに掛かる費用を挙げてみました。
水廻りをリフォームしただけで、築30年のお住まいが一気に新しくなった様になります。
是非、住みよいお家になります様にリフォームを計画してみてください。

a7c80c663130ef994fc1839fead0bb50_s


浴室リフォームを考えた時にユニットバスの選び方で、完成時のイメージが違ってきます。
ユニットバスに選ぶ際に大切なポイントをご紹介したいと思います。

まずユニットバスとは、メーカーの工場であらかじめ浴槽・天井・壁・床などのパーツを造っておき、
リフォームの現場で、そのパーツを組み立てて設置するバスルームのことを言います。

ユニットバスを選ぶ際に必要なのが、浴室のサイズです。
サイズ変更なくユニットバスを入れ替える場合、容易にリフォームが出来ます。
しかしタイル張り在来浴室からユニットバスへのリフォームでは、採寸をしてまずはサイズを知ることが必要です。

ユニットバスのサイズは、0.75坪、1坪と床面積で表示されています。
1坪のサイズは約1600㎜X1600㎜で、1616サイズと呼ばれます。
ただし、メーカーによってサイズが違う場合がありますので、注意が必要です。

ユニットバスはサイズなど規格品なので、浴室の形が変形している場合などは、
間取り変更をするなど、工事が大掛かりになり、費用も大きくなります。

また、浴槽の形や窓の位置、天井の高さも規格品の為変更はできません。
思い通りの浴室にしたいとお考えの方には、ユニットバスではなく他の工法でのリフォームをお薦めします。

ユニットバスにリフォームする際には、手すりの設置や段差解消などをしておくと、
バリアフリーになり、高齢者のご家族のためにも役立ちます。
標準設備ではなく、オプションの場合もありますので、見積もり時に相談してみましょう。

その他、便利な機能が標準設備で付いているものや、オプションで依頼する場合などがあり、
せっかく浴室リフォームをするのであれば、使い勝手が良く、
リラックスできる浴室にリフォームしたいものですね。

これら機能を詳しく知りたい場合は、メーカーのショールームへ足を運ばれると良いでしょう。

ac243d2b5beb3737419dd075ceeb6fe0_s


浴室リフォームをするときに、各メーカーのユニットバスから選ぶ際に、
選ぶ基準とは、どこでしょうか?

まずは、現状のお風呂のサイズに合うのか、備えておきたい機能があるのか、
また一番肝心なこあとは、予算と費用が合うのかですね。

ユニットバスを入れ替える場合は、まず自宅の浴室のサイズを知り、
どのタイプが合うのかを確認する必要があります。

カタログやショールームで、表示されるサイズは、0.75坪×1坪など床面積で表示されます。
天井や窓の位置や形状などでも、広さの感じ方は違います。
実際にメーカーのショールームで確認しておきましょう。

各メーカーにより、ユニットバスの機能や特性が違います。
同じメーカーでも、グレードが違うとオプション機能なども違います。

もちろん、機能の充実したユニットバスにすると、
毎日の入浴タイムが楽しめそうですが、価格も高いので、
予算と充分に相談する様にしましょう。

ユニットバスの特徴は、それぞれのメーカーにより、特色があります。
たとえば、LIXILはさまざまな設置条件に対応できる様に、
豊富なバリエーションがあり、一般的なものから、シャワーが打たせ湯機能が付いたものや、
ライトにまでリラックス感を追求した、多機能ユニットバスを揃えています。

またTOTOには、浴室のあたたかさにこだわっていて、
冬でも足を踏み入れた時にヒヤっとしない床や、時間が経ってもお湯が冷めにくい魔法瓶浴槽など、
機能が充実しています。

そして、タカラスタンダードは独自の技術で、どんな大きさの浴室にもぴったりなユニットバスに
リフォームできるユニットバスオーダーメードができます。

在来工法の浴室からユニットバスにリフォームする場合、規定サイズが合わない浴室の場合、
タカラスタンダードでのリフォームを、相談してみると良いのではないでしょうか?


各メーカーの特徴を調べて、お住まいに合ったユニットバスを選ぶと、
満足いく浴室リフォームができるのではないでしょうか?



4c97ec41b5a08e6ba5dfa7001837b23a_s


浴室のリフォーム期間中は、お風呂に入ることができないために、
どれくらいの期間が掛かるのかが気になりますね。

リフォームの工期とは、どのくらい掛かるものなのでしょうか?
また工期が延びると、日常生活に影響が出ますので、なるべく工期が遅れないように
注意して進めなければいけません。

まずは、契約前に工期に関する説明を受けるようにしておくことも大切です。
出来れば、事前に工事予定表の提出を依頼しておくと良いでしょう。

もちろん、リフォームが始まってから問題点が見つかる場合も有りますので、
少し余裕を持って工期を予定しておくことをお薦めします。

浴室には、タイル張り在来工法やユニットバスがあり、その内容によっても
工期は違ってきます。

例えば、マンションやアパートなどのユニットバスをリフォームで新しく交換する場合は、
平均3~4日間の工期です。しかしミスト機能つきなどの特殊な機能などを取りつける場合は、
もう少し工期が延びます。予め確認が必要ですね。

また戸建のお家のタイル張り在来浴室からユニットバスにリフォームする場合は、
土間の基礎工事をするため、時間が掛かります。

一般的に4~7日間の工期を考えておきましょう。
ただし、浴室の様な水廻りは、工事を始めてみたら当初の考えていたものより、
傷んでいたなどと言うこともよくあります。

その場合の工期の延長も必要となりますので、近くの銭湯などを探しておくなどの方法を考えておきましょう。

事前の打ち合わせをしっかりとして、リフォーム工事を進めてもらえるようにしておくと
安心してリフォーム工事を任せることができます。
 

bc2034fd963a355633d66b6d409e64a6_s


浴室リフォームをする場合に、一番気になるのは費用ですね!
実際どのくらいの費用が掛かるものなのか、どのくらいが相場なのかを知っておくと、
ある程度の予算を立てて、リフォーム業者に見積もりを依頼ができます。

全くの知識が無く、業者の言いなりになって高い費用が掛かることの無いように、
賢く浴室リフォームをしましょう。


マンションなど現在の浴室がユニットバスの場合、
ユニットバスからユニットバスへの入れ替えになりますので、
工事費用などは、あまり大きく掛かることはありません。

しかし、機能が多いユニットバスや、オプションで好みの機能を付けたい場合などは、
設備費用が大きくなることもあります。


まず、シンプルに浴室の古さを改善したいと言うリフォームでしたら、
新しいユニットバスの設備費用に、30~60万、ユニットバス取付け工事費用が20~40万です。
給湯器に交換や、配管の工事が必要な場合は、それに10~30万上乗せがあります。

選ぶユニットバスのグレードが高い物であると、さまざまな機能が装備されているものもありますが、
ミストサウナや、浴室乾燥機また浴室暖房乾燥機など、オプションを別に付ける場合は、
別途費用が掛かりますので、予算に入れておく必要があります。


浴室リフォームをする機会に、新しい機能が装備すると、入浴タイムがより楽しくなりますね。
お掃除がしやすい、乾きやすい素材を使用した壁や床などはとても魅力的です。

リフォーム業者に依頼をすると、ユニットバス本体の値段が3割から半額近く値引きされる場合もあります。
ユニットバス本体にこだわりが、無ければリフォーム業者のおすすめするメーカーのユニットバスを
選ぶと割引率が高い場合もあります。

工事日数は、最短で一日で長くても2日程度で終わります。
工事の日数が短くて済むのが、浴室リフォームのユニットバスの入れ替えの最大のメリットです。


浴室に限らず、リフォームの費用だけではなく、信頼できる 業者を選ぶ事がとても大事になります。

地元で信頼できる業者はご存じでしょうか?
知っていても本当に信頼できる業者かどうかははっきりはわからないという事もあると思います。

リフォームや外壁塗装工事を依頼するには予備知識が必要です。


こちらをご覧ください。


⇒  リフォーム会社選びの必読書



b3c32792cc2cae542ab379ede43f0ec8_s


一日の疲れを取るのに、お風呂は必要不可欠です。
しかし、昔ながらのタイル張り在来浴室の場合、断熱性が低く大変寒いと言った悩みがあります。

浴室は毎日水を使用することから、劣化しやすく、タイルの隙間から水が浸みて、
内部の柱まで傷んでいると言ったことも起こります。
実際に解体してみないと分からない部分なので、柱や土台などの補修の工事費が追加になる場合も有ります。

その為、断熱性が高く、機能も備わったユニットバスに
浴室リフォームをするお家が増えています。

ユニットバスのメリットと言えば、水漏れが起こりにくいこと。
断熱性が高く寒 くないこと。工場で生産したユニットを取り付ける為工期が短くて済むこと。
そして、費用の面でも在来浴室よりも安く済むと言うメリットがあります。

ユニットバスに入れ替える場合は、現状の浴室内の壁や床を解体した後に、
ユニットバスを組み立てます。壁を壊さないで工事をするので、現状の浴室に入る大きさのユニットバスを、
選びことが重要です。しかし、その場合は浴槽そのものが小さいサイズになる場合もあります。

ユニットバスの出入り口と既存浴室の入り口サイズが違う事が多く、
その場合は出入り口周辺の壁や床を修繕を行います。

浴槽を大きくしたいなどの希望がある場合は、間取り変更や増築などの工事が必要になりますので、
費用も高額になって きます。

通常、ユニットバスを入れる場合は、選ぶグレードにより金額が変わりますが、
一般的なユニットバス本体は、50~200万で、それにプラス工事費が30~100万になります。

決してお安くない浴室リフォームですし、一度行うと何年も使用するものですから、
工事前にしっかりとした打合せをして、後悔のないリフォームをしたいですね。

206f8e4c6c089e90fac08f0fb7f10e5e_s


水廻りのリフォームとは、キッチン・浴室・トイレ・洗面所リフォームと給湯器の入替えなどのことを言います。

例えば、キッチンのリフォームを計画した場合ですが、予算に余裕が有る場合は、
他の水廻りリフォームも一緒にまとめてすると、お得になります。

その理由は、施工をする職人が共通であるために、
バラバラで工事をするより、効率が上がるため、費用が安くなる場合があるからです。



また、設備機器もまとめて購入することで、値引きなど割安になることが多いなども理由のひとつです。

水廻りに関らず、リフォームの工事は大きくなれば、その分工事費用の調整がしやすいと言うことが有り、
値引きなどで、見積金額が安くなる傾向にあります。



リフォーム会社の折込チラシを見ると、水廻り4点パックのプランが多く掲載されていることが多いのも
上記のような理由があるからです。

とは言え、大きな費用が掛かる水廻り工事ですので、全て一緒には無理だと言う場合は、
せめて、工事の絡みが多い浴室・洗面所・給湯器は一緒にされると良いでしょう。

少しでもお得なプランで、毎日使用する水廻りを、使い勝手良くリフォームしましょう。

7adddeaf0c92ad5f81ad5c407a7eb416_s


水廻りリフォームを計画するためには、そのリフォーム費用の相場などを、
知った上で、検討したいと思いますね。

しかし、リフォーム工事は工事価格の相場が分かりにくいのが実情です。
各お住まいの住宅の事情などで、費用も一定しませんので、比較もしにくいのですが、
まずは、目安になる金額を知り、自己資金などの検討をしてみましょう。


水廻りリフォームで、システムキッチンを入れ替えるには、
まずどの様な出来上がりにしたいかを、考えてみる必要があります。

現在の形状が壁つけのI型キッチンであり、新しくシステムキッチンをそのままのI型に、
入れ替えるのであれば、工事費用もさほど高くなく、リフォームすることができるでしょう。

ただし、設備機器のシステムキッチンのグレードを高価なものに決めると、それだけ費用は上がりますので、
注意が必要です。予算内に収まる様に、グレードを決定しなければいけません。


またサイズ変える、壁つけのI型から対面キッチンに変えるなど、
水道設備・給排水や、やガス配管などの移動が伴う場合の工事費用は、高くなりますので注意しましょう。


浴室リフォームは、現状により工事の内容、工事費用がかなり変わってきます。
現状がシステムバスで、システムバスの入れ替えを検討するのであれば、工事費用は高くありませんが、
タイル張りの在来浴室からシステムバスに変更の場合、タイルや既存浴槽の撤去・処分などが、
掛かってきますので、工事費用は高額になります。

マンション用、戸建て用のシステムバスがありますので、注文してもらう場合注意が必要です。
システムバスをそっくり入れ替える場合、設備のグレードにより変わってきますが、
一般的に、100万前後のリフォーム費用となります。

トイレ、洗面所のリフォームは、設備機器の入れ替えだけではなく、壁紙や床材などを張り替える必要が出てきます。
設備費用+撤去と設置工事代+壁紙、床材の張替え費用が掛かります。

和式から洋式トイレに変更の場合、一般的に約30~50万のリフォーム費用が掛かります。
実際に契約するときは、設備機器に間違いが無いか、
工事期間中に工事以外の場所を傷つけていないかなどのチェックもしましょう。


水廻りリフォームの場合、選んだ設備機器の値段で大きく費用が異なります。
見積もり時の金額に、間違いがないかよく確認しましょう。

 

a00fcd33bf9d7a34a20ae17a24a03532_s


一般的に水廻りをリフォームしようと思う時期とは、いつ頃が多いでしょうか?
設備機器が故障したとき、古びて使い勝手が悪くなった、それとも家族の人数に変化が有ったときでしょうか?

水廻りリフォームの時期とは、早すぎてもせっかく使える設備機器を無駄にするわけですし、
遅すぎると、設備機器が完全に壊れていて、生活に支障が出たり、
費用の面で高いリフォーム代が掛かってしまうと言った場合もあります。

丁度良いタイミングを逃さずにリフォームをするには、遅すぎるよりも少し早めくらいと言う考え方で、
時期を見てみましょう。

キッチンリフォームの時期と言えば、設備機器は使おうと思えば使えているけれど、
油汚れも落ちなくなり、機能的にも不便さを感じだしたころではないでしょうか?

また浴室もカビが目立つようになると、お掃除も大変で、リフォームで新しくしたいと考えだします。
キッチンや浴室の設備機器の寿命的に見ても、約15年くらいが目安だと言われています。

最新の水廻り設備は、大変便利な機能が付いています。
収納力のたっぷりなものに人気が有り、どの機器も掃除がしやすく、
その上、省エネ効果の有るシステムバスは、光熱費の削減にもなります。

水廻りリフォームは、家族のみんなが、毎日快適に暮らしていくための手段です。
お掃除がしやすく、快適、便利に暮らせるように、水廻りリフォームを行いましょう。

このページのトップヘ