リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ:水廻りリフォーム > 浴室リフォーム

4c97ec41b5a08e6ba5dfa7001837b23a_s


浴室のリフォーム期間中は、お風呂に入ることができないために、
どれくらいの期間が掛かるのかが気になりますね。

リフォームの工期とは、どのくらい掛かるものなのでしょうか?
また工期が延びると、日常生活に影響が出ますので、なるべく工期が遅れないように
注意して進めなければいけません。

まずは、契約前に工期に関する説明を受けるようにしておくことも大切です。
出来れば、事前に工事予定表の提出を依頼しておくと良いでしょう。

もちろん、リフォームが始まってから問題点が見つかる場合も有りますので、
少し余裕を持って工期を予定しておくことをお薦めします。

浴室には、タイル張り在来工法やユニットバスがあり、その内容によっても
工期は違ってきます。

例えば、マンションやアパートなどのユニットバスをリフォームで新しく交換する場合は、
平均3~4日間の工期です。しかしミスト機能つきなどの特殊な機能などを取りつける場合は、
もう少し工期が延びます。予め確認が必要ですね。

また戸建のお家のタイル張り在来浴室からユニットバスにリフォームする場合は、
土間の基礎工事をするため、時間が掛かります。

一般的に4~7日間の工期を考えておきましょう。
ただし、浴室の様な水廻りは、工事を始めてみたら当初の考えていたものより、
傷んでいたなどと言うこともよくあります。

その場合の工期の延長も必要となりますので、近くの銭湯などを探しておくなどの方法を考えておきましょう。

事前の打ち合わせをしっかりとして、リフォーム工事を進めてもらえるようにしておくと
安心してリフォーム工事を任せることができます。
 

bc2034fd963a355633d66b6d409e64a6_s


浴室リフォームをする場合に、一番気になるのは費用ですね!
実際どのくらいの費用が掛かるものなのか、どのくらいが相場なのかを知っておくと、
ある程度の予算を立てて、リフォーム業者に見積もりを依頼ができます。

全くの知識が無く、業者の言いなりになって高い費用が掛かることの無いように、
賢く浴室リフォームをしましょう。


マンションなど現在の浴室がユニットバスの場合、
ユニットバスからユニットバスへの入れ替えになりますので、
工事費用などは、あまり大きく掛かることはありません。

しかし、機能が多いユニットバスや、オプションで好みの機能を付けたい場合などは、
設備費用が大きくなることもあります。


まず、シンプルに浴室の古さを改善したいと言うリフォームでしたら、
新しいユニットバスの設備費用に、30~60万、ユニットバス取付け工事費用が20~40万です。
給湯器に交換や、配管の工事が必要な場合は、それに10~30万上乗せがあります。

選ぶユニットバスのグレードが高い物であると、さまざまな機能が装備されているものもありますが、
ミストサウナや、浴室乾燥機また浴室暖房乾燥機など、オプションを別に付ける場合は、
別途費用が掛かりますので、予算に入れておく必要があります。


浴室リフォームをする機会に、新しい機能が装備すると、入浴タイムがより楽しくなりますね。
お掃除がしやすい、乾きやすい素材を使用した壁や床などはとても魅力的です。

リフォーム業者に依頼をすると、ユニットバス本体の値段が3割から半額近く値引きされる場合もあります。
ユニットバス本体にこだわりが、無ければリフォーム業者のおすすめするメーカーのユニットバスを
選ぶと割引率が高い場合もあります。

工事日数は、最短で一日で長くても2日程度で終わります。
工事の日数が短くて済むのが、浴室リフォームのユニットバスの入れ替えの最大のメリットです。


浴室に限らず、リフォームの費用だけではなく、信頼できる 業者を選ぶ事がとても大事になります。

地元で信頼できる業者はご存じでしょうか?
知っていても本当に信頼できる業者かどうかははっきりはわからないという事もあると思います。

リフォームや外壁塗装工事を依頼するには予備知識が必要です。


こちらをご覧ください。


⇒  リフォーム会社選びの必読書



b3c32792cc2cae542ab379ede43f0ec8_s


一日の疲れを取るのに、お風呂は必要不可欠です。
しかし、昔ながらのタイル張り在来浴室の場合、断熱性が低く大変寒いと言った悩みがあります。

浴室は毎日水を使用することから、劣化しやすく、タイルの隙間から水が浸みて、
内部の柱まで傷んでいると言ったことも起こります。
実際に解体してみないと分からない部分なので、柱や土台などの補修の工事費が追加になる場合も有ります。

その為、断熱性が高く、機能も備わったユニットバスに
浴室リフォームをするお家が増えています。

ユニットバスのメリットと言えば、水漏れが起こりにくいこと。
断熱性が高く寒 くないこと。工場で生産したユニットを取り付ける為工期が短くて済むこと。
そして、費用の面でも在来浴室よりも安く済むと言うメリットがあります。

ユニットバスに入れ替える場合は、現状の浴室内の壁や床を解体した後に、
ユニットバスを組み立てます。壁を壊さないで工事をするので、現状の浴室に入る大きさのユニットバスを、
選びことが重要です。しかし、その場合は浴槽そのものが小さいサイズになる場合もあります。

ユニットバスの出入り口と既存浴室の入り口サイズが違う事が多く、
その場合は出入り口周辺の壁や床を修繕を行います。

浴槽を大きくしたいなどの希望がある場合は、間取り変更や増築などの工事が必要になりますので、
費用も高額になって きます。

通常、ユニットバスを入れる場合は、選ぶグレードにより金額が変わりますが、
一般的なユニットバス本体は、50~200万で、それにプラス工事費が30~100万になります。

決してお安くない浴室リフォームですし、一度行うと何年も使用するものですから、
工事前にしっかりとした打合せをして、後悔のないリフォームをしたいですね。

このページのトップヘ