リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ: 窓リフォーム

窓ガラスの取り替え相場

既存の窓ガラスを取り除き、新しい窓ガラスに取り替える場合、
ガラス代+工事費+交通費と考えられますが、
小さな窓ガラスで、3,000円位から取り替えることがあるでしょうか?

ガラス代の料金と言いますと、
ワイヤー入りや防犯ガラスなどの特別なものは高く、
15,000~25,000が相場です。

窓ガラスを取り替える場合の理由としては、
割れたりヒビが入ってしまった等の時が多いです。


窓ガラスの種類には、一般的なシングルガラスとペアガラスが有り、
防犯用のガラスなどもあります。

また、ペアガラスに取り替える場合、
どのようなメリットがあるのでしょうか?


そもそも、ペアガラスは、ガラスの間にアルゴンガスを封入して、
断熱・遮熱効果を上げた窓ガラスのことで、結露の発生も抑えます。

現状の窓ガラスを、ペアガラスにを入れ替える場合、
アタッチメントフレームろ一体化したもので、今お使いのサッシをそのままで、
ガラスだけを一枚ガラスから、複層ガラスに取り替えることができます。

このペアガラスは、引違窓サイズで、約3万円となります。


また、窓ガラスを取り替える窓ですが、部屋の外に外すタイプと、
部屋内に外すタイプが有り、タイプによっては、作業をする人の人数が変わります。


窓ガラス取り換えの場合も、相見積もりを取り、取り換えを依頼することを、
おススメします。


窓ガラスの修理

窓ガラスの種類は、大きさや厚さとガラスの種類により、
修理料金や相場は違ってきます。

物をぶつけて割ってしまった、空き巣に入られて割られてしまったなどと言う、
窓ガラスの修理や、ヒビが入った修理など、安全面からも、
早急に修理が必要です。

インターネットで、一括見積などのサービスも普及していますが、
あまり遠方から来る場合、ガソリン代や高速代などを、見積もりに上乗せされて、
割高な修理料金になってしまい、相場以上の修理代金になる場合もあります。


窓ガラスの修理の緊急を要する場合、電話一本で駆けつけてくれる
近場の業者に依頼したいものです。

窓ガラスがヒビや割れた場合の応急処置を覚えておくと便利です。
 
ヒビが入っている場合、非常に窓ガラスが弱くなっています。
 
触れるといきなり割れると言う可能性もありますので、
ヒビを被う大きさのガムテープを、上からソッと押さえつけない程度に貼ります。


後は、窓ガラスに負担が掛からないように段ボールなどで、
風よけを作り、そのまま触らずに、業者の到着を待ちましょう。


また、窓ガラスが割れてしまっている場合は、
近づかないことが一番です。

割れている場合は、破片に十分注意が必要です。
 
絶対に周りを素足で歩かないことと、素手で触らないことが重要です。

そのまま割れた窓ガラスを放置していると、危険だと言う場合は、
周囲を確認して、長い棒などを利用して、残っている窓ガラスを落としてしまいましょう。

その後、その周りに人が近づかないように、囲いをしておきましょう。








窓ガラス

窓ガラスが割れるときとはどんな時でしょうか?
 
何かものをぶつけた時でしょうか?
 
空き巣に入られたときでしょうか?

どちらにしても、窓ガラスが割れた時には、
一番最初にするべきことは何なのか?

どれくらいの修理費用が掛かるのかをご紹介したいと思います。


窓ガラスが割れたら、まず行うことは、窓ガラスの修理や交換をしてくれる業者の手配です。
 
先にその段取りをしておいてから、壊れたガラスの処理をしましょう。


ガラス屋さんには、2種類のガラス屋さんがあることはご存知でしょうか?

その2種類のガラス屋さんとは、昔からあるガラス屋さんと、
出張ガラス屋さんです。

昔ながらのガラス屋さんは、割れたガラスのサッシを取りに来て、持って帰り、
修理して、夕方、ガラスがはまったサッシを持ってきて取付けをしてくれます。

また、出張ガラス屋さんは、その場でガラス交換を行います。
 
出張ガラス屋さんの車には修理道具や、様々なサイズのガラスを積んでいます。

そのため、その場でピッタリなガラスにカットして交換することが可能なのです。


ガラスには、一般的な透明なガラスや、複層ガラスと言われる断熱性を
向上させるガラスです。
 
その他に、高断熱ガラスと遮熱ガラス、などがあります。


ガラスの交換費用の相場として、透明のガラスで、腰窓の場合、
サイズが900x900mでおおよそ1万円で、ベランダなどの掃き出し窓で、
サイズが900x1800mおおよそ1万9千円です。

ガラスのサイズや厚みなどで相場は変わってきます。

 
是非、行きつけのガラス屋さんなどで、費用の確認をしておくことをおススメします。






水


家の中で何かをぶつけて窓ガラスが割れた場合、
状況が分かっているので、パニックになりませんが、
突然、窓ガラスが割れた場合驚きますね。

台風や強風の予報が出ているときに、何かが飛ばされて来て割れることもあります。

そんな場合、割れた窓ガラスがそこら中に散乱しているときは、
素足で近寄らないことが大切です。


窓ガラス割れの場合、ガラスの取り替えの修理になりますが、
窓ガラスには、大きさやガラスの厚さなどとガラスの種類により、
費用の相場が違い、分かりにくいと言う場合が多いです。

通常、窓ガラス割れの修理は、ガラス代+工事費+交通費+特殊経費で総額が決まります。
ガラス本体の値段は、種類で変わりますが、その他、特殊経費とは、
修理のために足場を設置したり、特殊な機器が必要であるなどです。

最近では、窓ガラスに安全性を求める人が増えています。
一般的なガラスより、強化ガラスがおススメです。

強化ガラスは、一般ガラスよりも雨風や衝撃に強いガラスです。
修理を依頼する場合、この際、しっかりと防犯と言うことも考えてみましょう。

また強化ガラスは、一般のガラスより雨風に強く、衝撃に大変強いです。

先日起こった熊本地震でも、多くの窓ガラスが割れました。
地震・台風に備えて、割れにくい強い窓ガラスでの修理を選ばれることをおススメします。



窓

お住まいの窓をリフォームするとき、換気の問題や、採光の問題、
そして外観の問題などを考えて計画を進めることが大切です。

とくに、窓を大きくする場合ですが、柱を取外し、上部に梁を設けるなどの
工事になりますが、かなり難しい作業となります。

リフォームの際に増設できる窓の幅は、柱と柱の間の幅、1700mm以下となり、
これを間違えると、建物自体が歪んでしまうこともあります。

窓を大きくする場所の横にある柱が建物を支える骨格となる柱であれば、
抜いたりすることはできませんし、耐力壁である場合も、
耐力壁を壊すことはできません。

どうしても、窓を大きくする場合は、別の場所に柱や耐力壁を
別の場所に増やす必要が出てきます。
 
家全体の耐震性にも関わる工事となりますので、工事期間も長期化し、
工事費用も大きくなることを、心得ておきましょう。

その他、窓を大きくする工事を行う場合は、外壁の一部も撤去します。
 
窓枠ぎりぎりのところでの撤去工事はむずかしく、どうしても少し大きめの撤去となり、
新しい窓枠と古い外壁の間に、新しい外壁を張ることになり、
見た目が気になりますね。

そこで、外壁全体も新しくするとなると、工事費用がかさみます。
 
建物の重要な部分である柱や耐力壁をリフォーム工事をする場合、
建築確認申請も必要となりますので、注意しましょう。

窓を大きくする工事は簡単には進まないと言うことです。
 
 
そこで、考えられるのが、今ある窓サッシの上にランマ窓を作る方法です。
 
ランマ窓を作ることで、お部屋も明るくなり、換気も十分にできるようになりますね。


また、反対に窓を小さくする工事では、柱や梁、耐力壁をさわることがありませんので、
工事をすることでの問題点はありません。



このページのトップヘ