リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ:フルリフォーム > 窓増設リフォーム

窓増設リフォーム費用


窓増設リフォームする場合に、一番気になることが、そのリフォーム費用ですね。
まずは、費用を知ってから業者に依頼したいところですが、
窓増設リフォームをする時の窓のデザインや素材により大きく費用も変わってきます。

窓増設したい目的を明確にし、それに合った取付け場所や窓の種類を選ばなければなりません。

もちろん、取付け場所に寄っても費用が変わってきますので、
費用がいくらだとはっきりと答えるのは、中々難しいものがあります。

しかし、内容や条件により異なってきますが、おおよその窓増設リフォームは、
一カ所につき50万円以内が相場です。
50万あれば、窓増設リフォームができると考えましょう。


窓増設リフォームをする場合、増設する外壁の一部分を壊して窓を取り付けるので、
外壁工事も伴います。

その場合、メンテナンスを兼ねて一緒に外壁塗装をしてしまうと、
増設部分との境が分かりにくくなり、新しい窓が馴染み、綺麗な外観になります。
費用の面でも一緒にする方が割安になることが多いでしょう。


リフォームの中でも、窓増設リフォームは注意点が多く、
施工経験が多い窓リフォームに詳しい業者を見つける様にしたいものです。

窓増設リフォームを成功させるためには、
業者選びが一番重要なポイントと言っても過言ではありません。


お住まいの地域で、信頼できる優良工事店を探し出す方法はコチラのページをご覧ください。


⇒ 信頼できる優良工事店を探し出す方法とは?
 



窓の使い方次第で、光の入り方や風の通り抜け方が変わってきますし、
その家の外観を大きく左右するのが窓であることを忘れずに、
窓増設リフォームで、住みやすい家を作っていきたいですね。



窓増設リフォーム 注意点


お家の窓は、お部屋の換気や太陽光を取り込むの役割をしていますが、
その窓を増やしたいと窓増設リフォームを計画した場合、どの様な注意点があるでしょうか? 

窓の無い壁なら、どこにでも窓を設けて良いと言う訳ではありません。
ここでは、窓増設時の守らなければいけない注意点などをご紹介したいと思います。


リフォームの時に大きな窓を増設する場合、壁に穴を開けて窓サッシを取り付ければ、完了と言う訳にはいきません。
何故ならば、家には、家を支える柱や、家の揺れを軽減させる筋違いと言う部材が入っているからです。

まず、柱を取って窓を大きく増設することは、大変危険です。
柱を取って窓を増設することで、家の耐久性が下がってしまい、
地震や台風などの強風に耐えることができなくなります。

窓増設リフォームをするときの窓の幅は、柱と柱の間で1700㎜以下と決まっています。
それ以上の窓を増設する場合は、建物自体がゆがんでしまう場合もあります。

また、窓を増設できない壁があることも覚えておきましょう。
筋違いと言う部材は、柱と柱の間に斜め又は、バッテンに設けてあり、
この筋違いが入っている壁に窓を増設することはできません。

筋違いは、家を建てるときに計算された数だけ壁の中に盛り込まれているものです。
設計図を見ると、必ず筋違いの位置が記載されていますので確認してみましょう。

筋違いは一ヵ所を欠かすことでも、家の耐久性を弱めてしまいますので、
筋違いが入っている壁の窓増設リフォームをしない様に注意が必要です。



窓増設 種類


窓増設リフォームを計画するとき、何を目的として窓の増設を考えていますか?

例えば、数えきれないほど、窓はたくさんの種類があり、
増設にはどの窓を取り付けるのでしょうか?

外観のデザインだけでも、数え切れないくらいのデザインが有り、
形、断熱性、遮音性も非常に重要なポインドですね。

窓には、採光・風通しや換気・窓からの眺めである眺望などの三つの機能が有り、
その建物に適したものや、その窓の位置に何を求めているかを考えなければイケません。

そこで、窓の種類を紹介してみます。
窓はその種類によって、風の入り具合や、流れが全然違います。
一番風が入ってくるのが、「外開き窓」です。または「回転窓」も風が良く入ります。

日本の住宅にもっとも多いのが、「引違窓」です。
取り付ける場所により、掃き出し窓や腰高窓と呼ばれます。
掃き出し窓は、ベランダに出入りする窓で、面積が大きく開閉面積が大きいです。

「はめ殺し窓」は開閉が出来ない窓です。
主に明り取りが目的で付けられています。デメリットは掃除が出来ないことと言われます。

「滑り出し窓」はサッシの下側が外に向かって開くため、気密性に優れた窓です。
そしてルーバー窓は、非常に防犯性のある窓です。隣近所の目線を気にすることなく生活が出来ます。

また、窓の種類とは別にガラスの種類やサッシの素材にもより、そのメリットも価格が違ってきます。
窓増設リフォームをする時には、これら窓の種類を参考にして増設を計画して下さい。




内窓増設


最近、多くのお住まいで窓増設リフォームで、内窓を取り付けることに人気が出ています。
その内窓の人気の秘密とはどこにあるのでしょうか?
ここでは、窓増設リフォームの内窓を取り付けるメリットと費用について詳しくご紹介したいと思います。

内窓である二重窓は、各窓サッシメーカーそれぞれに発売されています。
人気のあるものでいうとLIXILトステムの「インプラス」、YKKアルミサッシの「エコ内窓プラマードU」と、
旭硝子が「窓窓」などがあります。

それぞれに特徴が違いますが、内窓を設置したときの効果は比較的同じです。
ではどの様なメリットがあるのでしょうか?



1.断熱・省エネ効果
二重窓にすると、窓から熱が逃げず気密性を高めます。
その為冷暖房費が節約できると言う省エネ効果が有ります。

2.防音対策
二重窓にすると気密性が向上し音を通しにくくなります。
外からのうるさい騒音にも対処できますので、防音になりますね。

3.防犯対策
空き巣などは、窓のガラスを破り入って来ます。
しかし二重窓になった窓では、割ることに時間がかかり、空き巣は敬遠してしまいます。

4.結露の発生
窓ガラスは、外と室内の温度差があるために起こることで、
二重窓にすると、既存の窓との間に空気の層が出来て、断熱効果がアップします。

 

この窓増設リフォームで、内窓を設置するときの工事時間は、
一窓あたり約60分の施工時間で取り付け可能です。

その、窓増設リフォームをするときに、選ぶガラスで遮熱断熱機能が違ってきます。
特にガラスの種類も変わってますね。

より高い遮熱断熱効果を求めておられる場合は、遮熱高断熱型Low-E複層ガラスを選ぶことができて、
快適なお住まいに近づけますね。
 

窓増設リフォーム 部屋を明るく


窓増設リフォームをして、暗かったお部屋を明るくしたはずが、
あまり変化が無かったなどと言うことがないように、
窓を増設リフォームをするときの窓の位置や採光の方法をご紹介したいと思います。

部屋の中を明るくするために、考えられることと言えば、
窓を大きくする。窓の数を増やす。窓を出窓にするなどがありますが、
これらのリフォームでは、お部屋を明るくすることができないことがあります。

お部屋を明るくするための窓の工夫とは、窓の高さを位置と面積がポイントとなります。
特にサッシの高さを高くすることで、お部屋の奥まで明るくなります。

これは窓の位置が高くなると部屋の奥まで太陽の光が届き、部屋全体が明るくなるからです。
窓を高くするのは、今ある窓サッシを全て交換する必要はありません。
今ある窓の上にランマ窓を増設リフォームするだけでも、見違えるほど明るいお部屋になります。

また大きな窓を増設しにくい場所は、窓を分割して増設すると良いでしょう。
それは、二つに窓を分割することで、両側の壁に太陽の光をあてて反射させることにより、
部屋を明るくする方法です。

また、お部屋のイメージを変える出窓も、とても素敵ですが、
出窓を増設してもお部屋全体の明るさを変えることはできません。

ガラスに囲まれた出窓は、確かに明るいイメージにはなりますが、
雨戸が庇が無いので、部屋全体が温室状態になる場合や、ガラス面が増えるために結露ができやすいので、
断熱性の高い窓を選ぶことが必要です。

同じ出窓でも窓の開き方によって採光や風通しが違いますので、
窓増設リフォームをするときは、デザインや好みだけでリフォームを進めるのではなく、
専門家に、よく相談して計画進めることが大切です。
 

このページのトップヘ