リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ:フルリフォーム > 築30年リフォーム

フルリフォーム築30年



お住まいも築30年になると、そろそろリフォームか建て替えかを、
考える始める時期になります。

もちろん、日ごろ小まめなメンテナンスをされている場合は、
少し時期を延ばすことも、可能かもしれません。

しかし、築30年経過している建物のなかには、
現在の様な、高い耐震基準で建てられた家であることは少なく、
安全の為にも、しっかりとした耐震診断を受けることも検討する項目の中に入れるべきです。

新築時に、耐震までを考えて丈夫な家にと考えて建てられたものであれば、
築30年以上経っていても、充分安全な数値が出るケースもあります。

1981年に、「新建築基準法」が施行されており、
建てた時期が、その年より前なのか後なのかと言うことも、判断基準になります。


お子さんが大きくなった為など、お住まいになる人の生活状況も大きく変わってくるのも、
この時期です。一度間取りを見直したい、将来の為にバリアフリーにしておきたいなど、
色々、希望も出てきます。

リフォームなのか建て直しなのか、迷うところですね。
この場合に大きく左右するのが、お住まいに対するこだわりではないでしょうか?

長年住んできた思い出があるおうちです。
できれば、残しておきたいと言う愛着も湧きます。

後の暮らしを考えながら、安心安全なお住まいにリフォームをお考えの場合は、
是非、専門家建築士などに相談の上、適格なアドバイスをもらうようにしましょう。



木造家屋


築30年でリフォームを行う場合、どこをリフォームするのか?
リフォームをどこに頼むのか?
その業者探しはどうすれば良いのか?と迷うことが多いと思います。

昨今、よく聞くリフォーム悪徳業者のニュースも心配ですね。
まずリフォームを考えるので有れば、建てた時点のことを思い出してみましょう。

そのお家は、建築家に依頼して建てたお住まいでしょうか?
築30年経っていようとも、良心的な建築家は、自分の携わったお家を定期的に訪問したり、
不具合がないかと、見に来てくれることもあります。

リフォーム時期になれば、その建物のことを良く知る建築家に、
相談してみるのが、一番良い判断を聞けるのではないでしょうか?

また、家を建てた業者が、どの業者か分からない言った場合は、
直接リフォーム業者に見積もりを依頼してみましょう。

リフォーム業者に見積もり依頼をする場合、必ず複数の業者に依頼をしましょう。

リフォームは建物の築年数が長くなるほど、リフォームで手を入れる場所は、増えてきます。
どこをリフォームしたいのか、よく考えて決めておくとスムーズです。

はっきりとした料金が見えにくいのリフォームです。
何社かの見積もりを比較検討してみてください。

見積もり内容で、分からないことは分からないと、はっきりと話を聞くことが大切です。

築30年ですから、何が起きるのか、実際にリフォーム工事が進まないとわかりません、
キッチンなどを外した場合の廃材は、空けてみたら、思わぬ場所が傷んでいたりと、
追加料金が発生することも。覚えておきたいものですね。

f835ded4666cb9e979d9fea322d653da_s


築30年のお住まいをリフォームする場合には、
まず、耐震性と断熱性を改善することが必要になるのではないでしょうか?

耐震リフォームは、まず耐震診断をするところから始めます。
耐震補強工事が必要と判断された場合、約30坪のおうちの全体を耐震補強をする場合、
約200万くらいの予算が必要です。

補足にはなりますが、耐震補強工事をした場合、自治体から補助金が出ることも有りますので、
忘れずに自治体に問い合わせてから、耐震補強工事を計画しましょう。

また、断熱性を高めるリフォームの場合、
壁の内部に断熱材を充填する方法を取る場合は、先の耐震リフォームと同時に行うことができますので、
同時に施工することをお薦めします。

この場合、壁を実際に剥がしてみると、柱や梁が思いのほか傷んでいたと言うケースが多く、
こちらの補修工事も必要になってくることもあります。

その他のリフォームをするとすれば、水廻りのリフォームですね。
最近では、システムキッチン・システムバス・トイレ・洗面化粧台の水廻り4点で、
セット価格で安く提供している会社もありますし、規格さえあれば利用すると、費用が安くできます。

ここまでの耐震工事・断熱工事・水廻りのリフォーム費用は、最低でも約1,200万円ほどは掛かります。
もちろん、選ぶ商品のグレードにも寄って変わってきますので、予算との相談が必要ですね。

この他に、間取りを変えるとなる場合、別途費用が必要です。
大掛かりなリフォームの場合は、工事中に仮住まいが必要で、
その仮住まいの費用や、往復の引越し代なども予算に加えておく必要がありますので、心得ておくようにしましょう。


水回り 築30年



築30年のお住まいをリフォームをする場合、ただ単に設備器具や建具を新しく変えるだけではなく、
使い勝手の向上をさせることを考えましょう。

現状生活する上で、困っていることや不便なことは、古いと言うことだけでしょうか?
その不便さを解消するリフォームを考えることが、
生活の質の向上にもつながりますね。

また、築30年以上経っているお住まいの為、水廻りを入れ替えるときには、
床下などの基礎もしっかりと点検して、基礎や下地の補修や補強を行う様にしましょう。

この先、また何十年と使用する住まいの寿命を延ばすリフォームにすることを念頭に置いて、
水廻りリフォームの計画を立てましょう。

では、各水廻りリフォームの一般的な費用を挙げてみましょう。


1.浴室

現状の浴室によって工事内容費用が変わります。

・タイル張りの在来工法浴室からユニットバスの場合は約100~150万円
・ユニットバスからユニットバスへ入替えは、約40~60万円

ただし、現状のものを撤去した時に見つかる劣化などから床下の補修工事や補強工事が、
発生したり、給排水管を新しくしたりする追加費用が発生する場合があります。


2.トイレ

トイレも和式から洋式と、洋式から洋式へのリフォームで費用が変わります。
もちろん、内装も新たにリフォームする場合にも追加の予算が必要です。

・和式から洋式トイレへのリフォームは約100万円
・洋式から洋式は約20~50万円(多機能洋式トイレに変更の場合はもう少し高くなります)
・床材・クロスの張替えに約10万円
・トイレを増設する場合は約50万円

和式を洋式トイレにする場合、段差の解消工事が必要な場合があります。
この場合は、費用が上がります。


3.キッチン
キッチンのリフォームが女性には大変楽しみなリフォームになります。
ご希望で、壁付けのキッチンから対面キッチンに変えたり、ガスからIHに変更したりと、
リフォーム内容も変わります。

・キッチンだけを取り換える場合は約50~100万円
・IHクッキングヒーターへ変更は約30~50万円
・壁付けから対面キッチンやアイランドキッチンへ変更は約100~400万円


システムキッチンをタイプ変更や移動する場合は、給排水管の移設や排気ダクトを設置と共に、
元あったキッチンの撤去や、壁にも工事が必要になり、工事費が高額になります。


4.洗面所
・システムタイプの洗面台へ変更は約30万から100万円
・一般的な洗面台への入替えは約20万円

以上、水廻りに掛かる費用を挙げてみました。
水廻りをリフォームしただけで、築30年のお住まいが一気に新しくなった様になります。
是非、住みよいお家になります様にリフォームを計画してみてください。

このページのトップヘ