リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

カテゴリ:フルリフォーム > 築40年リフォーム

子供の足


築40年の建物のリフォームを考えた場合、まずは建物の現状を把握し、
その寿命を延ばすための施工が必要です。

ご家族と一緒に築40年の年月を過ごしてきたお住まいです。
快適に暮らせるように住宅の性能を高めて、
また、これからも、ご家族の生活を見守ってもらいましょう。


さてここでは、建物の性能を高める為の工事内容をご紹介します。

1.耐震性能を高めよう!
何と言っても、大事なのが耐震性能です。
建築士による耐震診断を受けて、現状を把握しましょう。
耐震診断の結果に基づき、基礎の補強な場合や、壁下地や床下地の補強工事を行います。

2.屋根を軽量化しよう!
できれば、屋根の軽量な素材に葺き替えることで、
重量が軽くなり、建物への負担が少なくなります。
屋根を軽量化することで、地震などの災害対策にもなりますね。

3.外壁の防水性を高めよう!
建物を守る一番大切なことは、建物内部に水を浸入させないことにです。
防水施工をしっかりと行い建物を守りましょう。

4.設備の配管も見てみよう!
築40年経つと経年劣化をしています。
新しくやりかえる必要があるかもしれません。

5.ベランダの耐久は大丈夫?
ベランダも築40年経つと劣化していて危険な場合もあります。
できれば、交換も考えてみましょう。

6.床下の除湿はできてる?
湿気が高くなりがちな、床下を一度見てもらうと良いでしょう。
湿気対策が必要な場合や、白蟻駆除が必要な場合もありますよ。

7.断熱性能を上げよう!
住まいに断熱材が入っていないお家の場合、
気密・断熱性能を上げる為にも、断熱材の施工をしましょう。

8.窓をペアガラスや二重窓にしてみよう!
複層ガラスに変えることで、断熱効果が上がります。
窓の性能を上げることで、外気からの影響を少なくできます。
二重窓の設置も、断熱効果や結露防止効果があり、性能を上げる方法の一つです。

以上、お住まいの寿命を延ばすリフォームをまとめてみました。
是非、信頼のおける専門家に相談し、築40年のお住まいをリフォームすることをお薦めします。

内装リフォーム


今お住まいのお家が、地震に耐えられるのかと悩みをお持ちの方は多いと思います。
まして、築40年となると、地震に対する備えを、建物自身が持っているのかも気になるところです。

今後の事も考えて耐震リフォームをする場合の工事の進め方や内容をご紹介したいと思います。

先ずは、耐震診断を受けてみることが一番です。
耐震診断は、実際に家や基礎部分を見るのですが、設計図面があると診断期間が短くなります。

診断費用ですが、約15~25万ですが、この場合の診断は床下や天井裏などを目視で調査をします。
自治体で補助金が出る場合もありますので、各自治体に問い合わせてみましょう。

耐震リフォームが必要な場合の工事の内容としては、

・梁や土台の間に筋違いを入れます。
・構造用合板を入れて壁の補強を行います。
・開口部を減らして壁面を増やします。
・柱や梁に白蟻の被害が有る場合は、その部分を入れ替えます。
・屋根部分を軽量化します。

以上の工事を行うことが多いです。

瓦屋根


築40年のお住まいをリフォームする場合、外せないのが屋根のリフォームです。

一般的な屋根材の耐用年数は、スレート材で20年程度、瓦棒と呼ばれるトタン材は10年程度、
ただし、トタン屋根の場合、塗装で耐用年数を引き延ばすことが出来ますので、
定期的に塗装を行っていれば、耐用年数は長くなっています。

しかし、トタン材が劣化して、錆が広がると、最終的には錆によって穴がくことも有り、
トタン屋根の拭き開けを検討することになります。

そして、瓦屋根ですが、耐用年数は非常に長く、50年から60年と言われています。
瓦が割れたり、ズレたりと言うことがあれば、その都度補修を行っておけば、瓦を取り替えることは、
必要ありません。

しかし、問題のなのは、この瓦屋根の重さです。
築40年を経過したお住まいの瓦屋根はちょうど、耐用年数を迎えるころです。

これを機に、軽い軽量屋根に葺き替えを行い、建物の負担を軽くしてあげることが、
寿命を延ばすことに繋がります。一般的なお住まいの瓦屋根の重さは、軽自動車7~8台分で、
建物にそうとうな負担を掛けています。


屋根が軽くなると、地震に強くなるのも、
住宅全体の重みの中心が低くなることから、
振り子の原理で、地震に対しての揺れが小さくなるからだと言われています。

是非、屋根の葺き替えを検討して頂き、築40年住宅に掛かる負担を軽くすることで、
安心安全のお住まいになるようにして頂くことをおススメします。



木造住宅の室内


築40年も経過していると、リフォームで大々的に直すのは、費用がかさみます。
いっそ建て直すほうが良いのだろうかと迷うところですね。

住宅をリフォーム計画するときに、建て替えた場合とどちらが得なんだろうか?と悩みがでてきます。
一番気になるところは、費用ですが、あらゆる面を総合的に考えて判断する必要がありますね。

そこで、どちらを選ぶべきか、ポイントをあげてみましょう。
是非、参考にしてください。


まず、リフォームを考えた場合、一概に築40年だからと年数だけで判断するのは、早計です。
構造体の状態が良ければ、基礎や土台の部分、柱や梁などをそのまま使うことができるので、
コスト面で、リフォームの方が有利です。

十分に使える部分が残っていても、建て替えをする場合は、全て解体をし、
廃棄物の量が多くでるため、処分費用も多く掛かることを念頭に置いておきましょう。

一般的な木造住宅の場合、建坪30坪3LDKで建て替えをする場合、
既存の建物の撤去解体をし、新しく家を建てる場合、約1,500万程度の予算が必要です。

もちろん建て替えをするわけですから、間取りの変更も可能ですね。

また、同じ条件で、リフォームをする場合ですが、これはリフォーム内容によって、
大きく差が出ますが、何といっても築40年のお住まいなので、
耐震補強工事と断熱材を入れるなどの、断熱リフォームを必要とします。

そこに、水廻りのリフォームをした場合、約1,200万程度の費用が掛かります。
ここでは、間取りを変えることは考えていません。

間取りを変更することになると、もっと費用は高くなります。

さて、この費用だけを比べてみると、リフォームの方が安上がりです。
しかし、リフォームで気を付けなければいけないことは、
いざ、壁や基礎をなどをあけてみたら、かなり劣化が進んでいたと言うこともあります。

その部分の補修費用が、加算されることを考えて予算を組んでおく必要がありますね。

どちらを選ぶにしても、一番重要なことは、今後の生活の変化を意識することです。
お住まいへの愛着が有る場合や、今ある建物を生かすことが出来るリフォームをお考えの時には、
是非、親身に相談が出来るリフォームのプロを見つけることが大切だと言えますね。



地元で本当に信頼できるリフォーム業者を選ぶにはポイントがあります。


⇒ 続きはコチラ 



木造骨組み


築40年のお住まいをリフォームをする場合、もっとも必要なのは、
耐震補強工事と断熱リフォームです。

しっかりと耐震補強をし地震が来ても安心なお住まいにし、
夏涼しく冬暖かいお住まいを目指して、断熱改修工事も行います。

もちろん、水まわりも、設備を最新のものに一新することで、
家ごと性能を高めることが出来て、大変快適なお住まいへとリフォームすることが出来ます。

・耐震リフォーム

現行の耐震基準に満たない場合、構造を補強するリフォームが必要です。
適切な耐震リフォームを行うためには、耐震診断を実施し、改修内容を決めることが必要です。

・断熱リフォーム

断熱リフォームを行うには、柱や梁だけを残してリフォームをする方法と、
外側に断熱材を追加する方法があります。

また、断熱性能の高い、複層ガラスの窓に取り替えるか、または二重窓の設置なども効果的です。

また、築40年も経つお家ですと、これからのことも考えてバリアフリーのリフォームもしておくことを、
おススメしたいです。
段差を失くす、階段の勾配を緩やかにする、手すりを取り付けるなど、
安全なお住まいにしておく必要があります。


耐震・断熱・バリアフリーのリフォームをする場合は、
単独で考えるよりも、一緒に工事をする方が合理的に施工できます。

是非、築40年リフォームを考えるときには、住宅の性能を向上させるリフォームを、計画して、
過ごしやすいお住まいに生まれ変わらせてください。

このページのトップヘ