広い部屋


リフォームで部屋を広げる場合、部屋と部屋の間仕切りを取り払い、
2つの部屋を1つにすることで、部屋を広げる方法と、
庭などの空いたスペースに増築して部屋を広げる方法があります。

どちらも、一番重要なのは、お住まいの耐震性や耐久性です。
耐震性能をしっかり確認のできるリフォーム業者に依頼することが重要です。



また、壁を撤去しての増築の場合、増築部分が10㎡以上になると、
建築確認申請が必要となりますので、注意が必要です。

建物の構造上、撤去できない壁がもありますので、
どこでも、部屋を広げることが出来る訳ではないことを、
心得ておく必要があります。

お住まいの耐力壁と言う建物を支えている壁の撤去や移動は、補強に費用が大きく掛かりますので、
できれば避けることをおススメします。

耐力壁を動かすことで、以前より耐震性が下がることもありますので、
専門家である業者に相談して十分な検討を行う様にしましょう。



また、建物の工法によっては、ハウスメーカなどで建てたものは。
そのメーカで行うことが原則です。

では、部屋を広げるリフォームをする場合の工事費用を、
見てみましょう。

部屋を広げるリフォーム工事の費用は、
例えば、マンションのリビングと隣の和室の壁を撤去して繋げる場合、
相場は、15万~24万です。

また、戸建て住宅のリビングを増築する場合の相場は、
20㎡で200万前後です。

1階部分を増築して部屋を広げる場合は、
土地さえあれば可能ですが、2階部分の場合は、1階部分が土台となるので、
1階部分の補強も必要になり、費用も大きくなります。

工夫次第では部屋を広く見せる方法もあります。
本当に部屋を広げる必要があるのか、再度検討し、
リフォーム工事の計画を立てることをおススメします。