リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

修理費用の相場

今回起こった熊本地震のような大きな地震が起こった場合、
早急に屋根瓦の点検が必要です。

さて、その屋根の修理にはどれくらいの費用が掛かるのでしょうか?


屋根の瓦の状態も多種多様で、修理費用相場を出すのは大変難しく、
適正価格を知りたい場合は、複数の業者から相見積もりを取ることをおススメします。

そこで、ここでは、一般的な修理費用についてご紹介しましょう。


部分的に修理する場合の費用では、割れた瓦の取り換えが有りますが、
屋根の修理をする場合、足場が必要な場合もあり、足場を設置する費用を、
含めての費用となると、高額になる場合があります。

この場合、部分的な補修よりも、広範囲の修理を行うなど、
大きな修理工事を行う方が、長期的に見てお得な場合も有ります。

瓦修理工事の場合、工事の内容に寄りますが、
5~40万程度の費用を必要とします。
 
これが葺き替え工事となると、費用は、屋根の㎡数で変わりますが、
約70~150万です。


もし、現在雨漏りをしている場合、原因が屋根とは限りません。
 
雨漏りの原因には、屋根・外壁・窓や排気口からの原因の場合があり、
例えば、原因が屋根の場合、瓦の劣化や瓦のズレ・ひびや
漆喰の劣化などがあげられます。

瓦の劣化が原因の場合、修理ではなく葺き替え工事を行う場合がありますが、
葺き替えの目安として、築年数20年以上です。

瓦のズレや、ひび割れ、漆喰の劣化などの場合、瓦の締め直しと言う修理工事で、
雨漏りが改善されることが多いです。



水


家の中で何かをぶつけて窓ガラスが割れた場合、
状況が分かっているので、パニックになりませんが、
突然、窓ガラスが割れた場合驚きますね。

台風や強風の予報が出ているときに、何かが飛ばされて来て割れることもあります。

そんな場合、割れた窓ガラスがそこら中に散乱しているときは、
素足で近寄らないことが大切です。


窓ガラス割れの場合、ガラスの取り替えの修理になりますが、
窓ガラスには、大きさやガラスの厚さなどとガラスの種類により、
費用の相場が違い、分かりにくいと言う場合が多いです。

通常、窓ガラス割れの修理は、ガラス代+工事費+交通費+特殊経費で総額が決まります。
ガラス本体の値段は、種類で変わりますが、その他、特殊経費とは、
修理のために足場を設置したり、特殊な機器が必要であるなどです。

最近では、窓ガラスに安全性を求める人が増えています。
一般的なガラスより、強化ガラスがおススメです。

強化ガラスは、一般ガラスよりも雨風や衝撃に強いガラスです。
修理を依頼する場合、この際、しっかりと防犯と言うことも考えてみましょう。

また強化ガラスは、一般のガラスより雨風に強く、衝撃に大変強いです。

先日起こった熊本地震でも、多くの窓ガラスが割れました。
地震・台風に備えて、割れにくい強い窓ガラスでの修理を選ばれることをおススメします。



耐震補強工事見積もり

耐震改修工事に必要な費用は、建築物の構造や規模、改修工事の程度、
建築当時の図面や地盤の有無などで決まります。


あくまでも、一般的ではございますが、
東京都で、150~200万程度が相場と考えることが出来ます。


耐震補強工事の場合、耐震診断後、見積書を作成の依頼をしますが、
ここで、良い見積もり書のポイントをご紹介しましょう。

・工事の種類がしっかり特定できるか?
・工事内容の詳細が明記されているか?
・材料の数量や単位が分かる?


素人が見ても分かりやすい見積もりを作成してくれるのかは、
重要なポイントです。

大ざっぱに作られていて、工事内容が全く明確でないものや、
使用する材料の数が掛かれていない、よく見る「一式」と書かれた見積書には、
用心しましょう。

正確なしっかりとした見積書を作成する業者は、全てにおいて親切で丁寧なものです。

耐震補強工事の見積書には、補強の内容がしっかり明記されていることが大切です。


・基礎の補強
・足元補強
・壁の補強
・接合部の補強
・床面の補強
・屋根材の見直し

耐震補強工事には、施工部位ごとに様々な工法が用いられます。
 
複数の業者からの見積もりを比較検討することをおススメしたいです。


工事を依頼し、着工してから、見積もり内容と変更になる場合があります。
 
この場合、その都度変更箇所や内容、費用などをしっかりと確認する必要があることを、
心得ておきましょう。



このページのトップヘ