二世帯住宅リフォーム 基本



近年、二世帯住宅リフォームを考える方が増えてきています。
それは、どう言う理由からでしょうか?

子供世代の意見としては、共働きのために育児の支援を親に求める場合や、
住まいに掛かる家計費の負担を減らすことが出来て、経済的に助かるなどが理由にあげられています。


また、親の方の理由としては、何といっても、将来的に考えた場合、
介護が必要になったときに備えて二世帯住宅bにしていると、
何かと安心と言われる方が多いです。

しかし、元々一世帯で生活していた住まいを、二世帯で暮らすとすると、
そのままでは、どちらも息が詰まると言った状態に落ち入ります。

気を遣う、生活習慣が違うなど様々な問題が発生するのも二世帯住宅には有りがちです。
二世帯住宅リフォームを成功させるポイント考えてみましょう。


まず二世帯住宅リフォームをするときに考えたいのが、
ご家族に合わせて、リフォームを行う事です。

共有スペースを作らずに完全に分離するのか、一部のみ共有するのか、
寝室以外はすべて共有にするのか、3タイプが考えられます。

生活スタイルに合わせたタイプで、二世帯住宅リフォームを計画することが重要です。

その他に、登記や名義など、ローンや税金問題も考えておく方が良いでしょう。
光熱費の支払いも、どちらか一方が払うのか、折半にするのか、
それとも、個別にメーターをつけて支払うのかなど、お金の問題も、
揉めるもとになります。

最初の段階で、きっちりと取り決めておくことが、
二世帯住宅リフォームを成功させるカギを握ると言えるでしょう。