窓

お住まいの窓をリフォームするとき、換気の問題や、採光の問題、
そして外観の問題などを考えて計画を進めることが大切です。

とくに、窓を大きくする場合ですが、柱を取外し、上部に梁を設けるなどの
工事になりますが、かなり難しい作業となります。

リフォームの際に増設できる窓の幅は、柱と柱の間の幅、1700mm以下となり、
これを間違えると、建物自体が歪んでしまうこともあります。

窓を大きくする場所の横にある柱が建物を支える骨格となる柱であれば、
抜いたりすることはできませんし、耐力壁である場合も、
耐力壁を壊すことはできません。

どうしても、窓を大きくする場合は、別の場所に柱や耐力壁を
別の場所に増やす必要が出てきます。
 
家全体の耐震性にも関わる工事となりますので、工事期間も長期化し、
工事費用も大きくなることを、心得ておきましょう。

その他、窓を大きくする工事を行う場合は、外壁の一部も撤去します。
 
窓枠ぎりぎりのところでの撤去工事はむずかしく、どうしても少し大きめの撤去となり、
新しい窓枠と古い外壁の間に、新しい外壁を張ることになり、
見た目が気になりますね。

そこで、外壁全体も新しくするとなると、工事費用がかさみます。
 
建物の重要な部分である柱や耐力壁をリフォーム工事をする場合、
建築確認申請も必要となりますので、注意しましょう。

窓を大きくする工事は簡単には進まないと言うことです。
 
 
そこで、考えられるのが、今ある窓サッシの上にランマ窓を作る方法です。
 
ランマ窓を作ることで、お部屋も明るくなり、換気も十分にできるようになりますね。


また、反対に窓を小さくする工事では、柱や梁、耐力壁をさわることがありませんので、
工事をすることでの問題点はありません。