ビル耐震補強工事

ビルの耐震を考えた場合、耐震診断を行い、耐震補強工事の内容や、
また、どのくらいの費用が掛かるのかが問題です。

耐震補強工事の費用が何億も掛かる場合、耐震補強ではなく、
建て替えてしまう方が良いのか、判断が難しいですね。

大きな地震が起こったとき、耐震性能が高いと考えられている
鉄筋コンクリート造のビルでも、大破や崩壊などの大きな被害を
もたらすことがあります。


1981年に導入された、建築法新耐震基準ですが、
震度6強~7クラスの大地震でも倒壊しないことが目標とされています。

今回起きた、熊本地震でも、旧耐震基準の建物に比べ、
新耐震基準の建物に被害が少なかったのではないでしょうか?

しかしながら、倒壊の危険性などが高いビルでも、
耐震診断や補強工事などが進んでいないのが実情です。

これは、補強工事の規模が大きくなり、費用面の負担が大きくなるためです。


また耐震診断を受けることで、耐震性が明らかになり、
資産価値が下がることを懸念している場合も多いようです。

例えば、5階建てのSRC造のビルの耐震診断を依頼する場合、
建てた当時の建築確認書や、設計図、構造計算所などがあると、
スムーズに行われます。


さて、耐震補強工事の費用ですが、一般的な計算方法として、
3~8万/㎡X延べ面積㎡となります。

そこへ、プラスの費用として、工事期間中に一時移転などの費用も
必要となりますので、しっかりと計画を練ってから進めて行くようにしましょう。