窓ガラスの修理

窓ガラスの種類は、大きさや厚さとガラスの種類により、
修理料金や相場は違ってきます。

物をぶつけて割ってしまった、空き巣に入られて割られてしまったなどと言う、
窓ガラスの修理や、ヒビが入った修理など、安全面からも、
早急に修理が必要です。

インターネットで、一括見積などのサービスも普及していますが、
あまり遠方から来る場合、ガソリン代や高速代などを、見積もりに上乗せされて、
割高な修理料金になってしまい、相場以上の修理代金になる場合もあります。


窓ガラスの修理の緊急を要する場合、電話一本で駆けつけてくれる
近場の業者に依頼したいものです。

窓ガラスがヒビや割れた場合の応急処置を覚えておくと便利です。
 
ヒビが入っている場合、非常に窓ガラスが弱くなっています。
 
触れるといきなり割れると言う可能性もありますので、
ヒビを被う大きさのガムテープを、上からソッと押さえつけない程度に貼ります。


後は、窓ガラスに負担が掛からないように段ボールなどで、
風よけを作り、そのまま触らずに、業者の到着を待ちましょう。


また、窓ガラスが割れてしまっている場合は、
近づかないことが一番です。

割れている場合は、破片に十分注意が必要です。
 
絶対に周りを素足で歩かないことと、素手で触らないことが重要です。

そのまま割れた窓ガラスを放置していると、危険だと言う場合は、
周囲を確認して、長い棒などを利用して、残っている窓ガラスを落としてしまいましょう。

その後、その周りに人が近づかないように、囲いをしておきましょう。