リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:ひび割れ

窯業系サイディングリフォーム


現在、新築住宅では窯業サイディングを使われることが多く
お住まいを雨風や紫外線などから守ってくれます。

しかし、当然のことながら、窯業系サイディングも経年と共に劣化が始まります。

その劣化を少しでも防ぎ、長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが必要です。
劣化状況にもよりますが、一般的に10年以内にはまずシーリング工事を行うようにします。


窯業系サイディングの目地に使用されているシーリングは、
外壁材より早く痛むと言うことは覚えておく必要があります。

しわ・ひび割れ・剥離など、シーリ ング材が傷んでくると、雨水が浸入したり、
外壁の揺れを緩和すると言う重要な役目も果たせなくなります。

必ずシーリング材を打ち替えた後に、塗装などの次の工程に移ることをお薦めします。

次に、窯業系サイディングのリフォームをする場合は、
塗替え・重ね張り・張替えの3つの方法があります。

・塗替え
窯業系サイディング材に塗装をする場合、そのまま一色で塗装をすると、
目地の模様がつぶれて、平坦なイメージになり、デザインが損なわれます。

できれば、日本ペイントのUVプロテクトクリアーで塗装を行えば、
透明な塗料の為、既存の模様が行かされます。

塗装時期ですが、劣化状況により違いますが、
一般的なシリコン塗装をした場合は、 10年ごと位の目安で塗装を行い、
張替え時期となると、10年ごとの塗装を3回し、4回目の40年後に考えれば良いでしょう。

定期的にしっかりとメンテナンスを行えば、この窯業系サイディングは、
丈夫で長持ちする外壁材だと言うことが分かって頂けたと思います。

是非、お家の寿命を延ばすメンテナンスを行うようにしましょう。

c632770bf3606d0b52dd490b8af3a618_s



お住まいの外壁や屋根を、日ごろ意識することは、ほとんど無いと言う人が多いのではないでしょうか?
しかし、外壁や屋根は毎日紫外線や酸性雨を受けたり、砂埃などにさらされて、
お家を守ってくれています。

例えば、外壁が薄汚れてきたとか、シミの様なものがあるなど、
目に見えた変化や、たくさんの雨が降った時に、お家の内部に水が浸みてきたなどの
変化が現れて慌てて、塗装や補修工事を考えると言うケースが多いようです。

では、そのまま外壁塗装をしないで放置しておくとどう言うことが起こるのでしょうか?

1.防水の効果が低下します。
外壁の耐久性が落ちて、雨な どの水分や湿気が侵入します。
2.ひび割れや剥がれが起きます。
外壁塗装が剥がれてきます。その後外壁にひび割れが起こります。
3.外壁の内部が劣化を起こします。
外壁のひび割れ部分から、湿気や雨などが外壁内に沁み込みます。
住居内部へ水分が入り雨漏りを起こします。
またその部分から、劣化や腐食などが起こり深刻な事態になります。


この様なことを起こらないようにするには、
日ごろから外壁のチェックをし、早めの対応が大切です。

外壁の傷みや劣化症状とは、どのようなものでしょうか?
1.ひび割れが塗装剥がれがありませんか?
3.外壁が色あせしていませんか?
4.カビや藻は発生していませんか?
5.塗装部分が膨れている箇所はありませんか?
6.腐食しているところはありませんか?
7.チョーキング現象はありませんか?

チョーキング現象とは、外壁を指で触ってみて白い粉の様なものが付くことを言います。
毎日の風雨や紫外線などを浴びて、塗料の成分が劣化し、チョークの様な粉状になっているのです。
このような状態が現れたら塗替えの時期が来ています。
そのまま放置していると、どんどん劣化が進みお住まいの寿命を縮めます。
外壁塗装工事をされることをお薦めします。

外壁塗装に適した季節と言えば、「春」だと言われてい
ます。
気温が高すぎず低すぎず外で働く塗装職人にとっても、お家の周りに足場を立てて、
飛散防止ネットを張り巡らせた中で、工事期間中窓の開け閉めを制限されることを考えても、気候の良い「春」が最適です。
ただ「春」が適していると言うことで、他の季節が駄目と言う訳ではありません。
季節を問わず一年中施工は可能ですし、耐久性に変わりはありませんのでご安心ください。

このページのトップヘ