完全分離二世帯住宅


二世帯住宅リフォームのプランを考えるとき、3種類のタイプが考えられます。
完全に分離型、半分は同居の部分同居型、そして大家族スタイルで完全共有型です。

どれもメリットとデメリットがありますし、ご家族の生活スタイルによっても、
タイプが変わってきます。

しっかりと特徴を見極めて、楽しく暮らせるように、
二世帯住宅リフォームを成功させましょう。

ここでは、完全分離型タイプの二世帯住宅へのリフォームのご紹介をします。


・完全分離型のメリットとデミリット

完全分離型は、一切共有スペースを作らずに、完全にプライバシーを確保できる環境です。
具体的に説明すると、建物は横同士や上下で繋がっているけれど、
住環境は別々と言う、言うなればアパートやハイツのようなイメージです。

もちろん光熱費なども別々にする場合が多く、
メリットは暮らし方の違いでのトラブルが少ないと言う事です。

デメリットとして考えられるのが、面積とそれに伴う費用です。
元々一軒のお家を二軒にリフォームするのですから、狭いところに無理な間取りを考えることになります。

敷地が狭い場合3階建てにしたり、設備機器を2軒分必要になると言った費用面もかさむことを心得ておきましょう。


・臭いと音対策はしっかりと

完全分離型の場合、上下また横に並ぶ方法を取りますが、
元々2階建てをリフォームする場合、上下のほうが、間取りの変更が少なくて済みます。

しかし、上下で分ける場合、階下へ音が響いたり、、下の生活臭が2階に上がってくるなど、
問題が発生します。

防音と臭い対策をシッカリと考えた上で、リフォームを行いましょう。