リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:ウレタン防水

屋上防水工事相場

屋上の防水工事を考えたとき、その建物に適した防水工事を選ぶことが必要です。
 
ただ、どの工法が適しているのか、その見積り金額が相場なのか、
分かりにくいと言うことが多くあります。

そこで、屋上防水の基礎知識と相場をわかりやすくご紹介しますので、
お役立て頂ければと思います。


防水工事は、大きく分けると4種類の工法で、それぞれ特徴があります。


その4つの中で、FRP防水工法は、プラスチックの素材で伸縮性が無いため、
ひび割れなどを起こしやすいと言う特徴があり、あまり屋上防水には適していませんので、
ウレタン防水・シート防水・アスファルト防水の3種類の工法をご紹介します。


1.ウレタン防水の特徴
防水施工の中では、最も古くから行われている工法で、
最近でも需要は増えています。

防水層が軽量で、建物に負担を掛けないことと、ウレタン塗膜のため
形状が複雑な場所でも、対応できるます。

定期的にトップコートを塗り替えることで、長期に渡り、
紫外線劣化から守ることが出来ます。

50㎡の屋上で、おおよそ20~35万が一般的な相場です。


2.シート防水の特徴
シート防水には2種類の工法があり、それぞれに特徴があります。

・ゴムシート防水は、ゴムシートを接着剤を用いて、下地に固定する工法です。
 
・塩ビシート防水は、ゴムシートに比べて耐久性があり、長期間施工時の鮮やかな色彩を保ちます。

どちらも比較的に安価で、工事時間も短いのが特徴です。

50㎡の屋上で、おおよそ20~40万が相場です。


3.アスファルト防水の特徴
アスファルト防水とは、合成繊維不織布にアスファルトを含ませコーティングされた、
シート状のルーフィングを張り重ねて行く工法で、防水層が厚く、
大変、信頼のできる工法です。

50㎡の屋上で、約25~50万が一般的な相場です。


どの防水でも、一般的な塗装と同じように、経年により劣化していきます。
 
シートを使用しての防水も、シートが劣化して行きます。

できるだけ定期的なメンテナンスをすることが必要です。

屋上防水

住宅の屋上防水を検討するとき、詳しく防水工事のことがわからずに、
決めかねてはいませんか?

屋上防水工事は大きく分けて3つの種類がありますが、
それぞれに特徴や耐用年数などが違い、工事代金も違ってきます。


屋上部分は、毎日、直接太陽光を浴び、雨風にもさらされています。
 
その結果、劣化が進み、雨漏りが起こることがあります。

そのため定期的にメンテナンスをすることで、結果、費用を
抑えることに繋がります。
 
ここでは、屋上防水工事の種類とその耐用年数について詳しく
ご紹介したいと思います。


防水工事には、ウレタン防水・シート防水・アスファルト防水などがあり、
それぞれの耐用年数を比較してみましょう。

・ウレタン防水
比較的、低予算で施工できる工法です。
 
ニオイも発生せず熱の発生も無いので、周辺環境に優しい工法と言えます。
 
耐用年数は12年前後で、定期的にトップの塗り替え等のメンテナンスを行うことことが必要で す。


・シート防水
シート防水には、ゴムシート防水と塩ビシート防水工事があります。
 
ゴムシート防水は、シート状に成形した合成ゴム系シートを、
接着剤で下地に貼りつける防水工事で、塩ビシート防水は、
塩化ビニール樹脂をベースにした防水シートを使用する工法です。

どちらも、耐用年数は約13年です。
 
ゴムシート防水の方は、下地が平らである必要がありますので、
複雑な形状の屋上には不向きなため、注意が必要です。


・アスファルト防水
アスファルト防水は、屋根の下地に使用されるルーフィングと言う防水シートを使用して、
屋上に防水層を作り、その上をコンクリートで抑える工法です。
 
耐用年数は非常に長く約20年です。

ア スファルトで強度がありますので、耐用年数は長いですが、
重量があるため、木造の住宅には不向きです。


防水工事を行う場合、既存の防水の状態や面積などによって、
工法も変わります。

費用にも違いがありますので、専門業者に相談して、
お住まいに適した工法での防水工事を行うことをお薦めします。

屋上防水

屋上防水には、3種類の工法があります。
 
既存の防水の状態や、面積などにより、施工する工法は違ってきます。

それぞれの工法により、耐用年数やコストに違いがあります。
 
種類別の特徴とその長所と短所についてご紹介します。


・アスファルト防水
歴史が古く、大変信頼できる防水工法です。
 
防水層が厚く、施工のばらつきも見られません。

耐用年数も約20年と長く安心ですが、
高熱で溶かす作業があるため、工事中に臭いが発生することと、
工事の手間が多いため、工事日数が掛かると言う短所があります。

また重量が重くなるため木造建築には向きません。

・シート防水
比較的安価な工 法で、工期も短くすむので、お手軽な工法と言えます。
 
しかし、厚みが薄いため損傷しやすいと言う短所があります。
 
また、下地が平らであることが必要で、複雑な形状の屋上には不向きと言う特徴があります。


・ウレタン防水
液体のウレタンを塗膜して防水層を形成する工法で、下地の形状に馴染みやすい特徴があります。
 
工事も簡単で短期間で終わり、安価であると言う長所があります。

定期的にトップを塗り替えるなどのメンテナンスが必要で、耐用年数は10年ほどです。

屋上部分は、日常、太陽光・紫外線・雨水を直接受けています。
 
そのため、劣化なども起こりやすく、適切な防水工事や、定期的なメンテナンスが必要です。
 
 
定期的なメンテナンスをすることで 、雨漏り被害を防ぐことができて、
結果的に費用を抑えることに繋がると言うことを心得ておきましょう。

後付け床暖房費用


既存のバルコニーの床を防水工事をする場合、防水塗装の種類は3つあります。
ウレタン防水・FRP防水・シート防水が一般的です。

価格的には大きな差はありませんが、適しているバルコニーの床や、
耐久性に違いがありますので、
既存の状態を確認しておく必要があります。

ではここで、各防水工事の種類別に内容と費用をご紹介しましょう。


・ウレタン防水
ウレタン防水は、一般的なバルコニーならほとんど対応できます。
工事内容としては、ウレタン塗料を塗る工法で、2回塗布+トップコートを塗ります。

耐久年数は約10~15年ですが、5年ごとにトップコートのみを、
再塗装しておくことで長持ちします。

工事費用としては、平米単価で4,000円から7,000円です。


・FRP防水
FRP防水は、耐熱性にも耐久性にも優れていて、大変丈夫な工法です。
施工も簡単なので、リフォーム工事には多く使用されます。

ガラス繊維にポリエステル樹脂を含ませたマットを張り付けて行く工法で、
工事費用は、平米単価で5,000円~7,000円です。


・シート防水
シート防水は、ゴムや塩ビなどのシートを貼りつけて行く工法で、
シートなので、複雑な形のバルコニーの場合には、向いていません。

工事費用は、平米単価で3,500円~4,000円で、比較的安価です。
経年などで劣化した場合、シートごとの交換が必要であるため、
既存のシートの撤去費用が掛かることから、工事費用が高額になる場合があります。


防水は、その効力が切れてしまうと、雨漏りなどが起こります。
雨漏りまで始まると、防水工事の手間も費用も多くなります。

バルコニーの防水工事をするときに、同時に手すりや柵などのサビ止め塗装をすることも、
安全面からも必要になってきます。腐食がひどい場合には、交換工事も必要です。


小まめなメンテナンスで、バルコニーを安全な場所にしておきましょう。


屋根防水工事 種類


お住まいの屋根防水や屋上防水は、雨から建物を守る大変重要な工事です。
防水機能が低下すると、建物の内部にまで雨水などが浸透し、
建物の劣化を早めることになります。

ここでは、大切なお住まいを守る屋根防水をお考えの方に、
防水工事の種類と特徴についてご紹介したいと思います。


まず、屋根の防水工事には、大きく3つの種類があります。
その3つの中でも、主に使用されている塗膜防水とシート防水について、
特長をご紹介しましょう。



1.塗膜防水
塗膜防水とは、防水塗料を塗る工法ですが、主に2種類の防水塗料が有ります。

・ウレタン防水
屋根の防水工事でもっとも多く使われる工法で、液体のウレタンを複数回塗装します。
液体状なので、複雑な形状の陸屋根でもしっかり防水膜を形成できます。

耐久年数はおおよそ12年くらいで、工程に時間が掛からない為、工事 日数が短くて済みます。
工事日数が短いため、人件費や材料費が安く比較的安価に工事が出来ます。

・FRP防水
FRPとは、耐久性にもっとも優れたガラス繊維強化プラスチックのことで、
このFRPを使用する工法をFRP防水と言います。

耐久年数は短く10年で、主にベランダの防水に向いています。



2.シート防水
防水シートを貼る工法ですが、使用される防水シートは主に2種類あります。

・塩化ビニールシート防水
塩化ビニール樹脂をベースにした防水シートで施工をします。
長所は、紫外線・熱・オゾン層に優れた耐久性を持ちます。
短所は、シートを使用しますので、下地が平らである必要があります。
耐久年数は10~15年と比較的長いのが特徴です。

・ゴムシート防水
シート状に成型した合成ゴム系の防水シートを用いて施工します。
コスト面で比較的安価であるとところから、応急処置として使用されることが多いようです。
接着剤や素材自体に化学物質を使用するところから、シックハウスに注意が必要です。


防水工事は、状態をしっかりと判断し、最適な方法で防水工事を行う必要があります。
決して安いと言うだけでの業者選びをしては、イケないのが屋根の防水工事です。
先々のことまでのことを考えて、工事を計画してください。


リフォーム業者選びで失敗しないための方法はコチラのページをご覧ください。


⇒ リフォーム業界の3つの非常識 


 

このページのトップヘ