リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:オール電化

注意点

近年、オール電化住宅として売り出される一戸建てが増えています。
 
しかし、オール電化での生活で、停電時に不便を感じたと言うご家庭では、
オール電化をやめたいと考え、電気とガス併用に変更することを
検討しています。

オール電化の住宅から、都市ガスを使える様にするのは、
不可能ではないですが、費用が多く掛かることがあります。

都市ガスの本管から自宅にガス管を引き込むだけでも、
20~30万掛かると考えましょう。
 
家の外構をコンクリートで固めている場合は、それを一度壊す作業が必要になりますし、
外壁の一部を壊して、ガス管を入れる工事をしなければなりません。
 
また、その費用は大変高額になります。

工事としては、ガスの引き込みと、給湯器やガスコンロの入れ替えが行われます。

またマンションの場合は、オール電化からガス併用型に変更することは、
不可能と考える方が良いです。

マンション全体が改修工事を行い、オール電化型から、ガス型に変更するのであれば、
膨大な費用が掛かりますが可能です。


しかし、マンションの一部屋のみをオール電化から都市ガス併用型に
切り替えることは、現実的に無理な工事です。


オール電化のままで暮らすのか、ガス併用型に変更するのか、
切り替えの工事費用を見ると迷うところであります。


人それぞれ、考え方や暮らし方が違いますので、 
ご自分の生活を考えた上で、どちらがライフスタイルに合っているのかを、
充分に検討した結果、どちらが良いかを選択するようにしましょう。



-徹底比較


オール電化にすれば、光熱費が下がると言われていますが、
本当にそうでしょうか?

実は、オール電化にしても使い方次第では、ガスを利用していた時よりも、
高くなることも有ります。

そこでオール電化にする場合のメリットとデメリットをよく理解した上で
オール電化にするか、ガスと併用して使用するかを

決めることが重要ではないでしょうか?

ここでは、オール電化のメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。


・オール電化のメリット
経済面でのメリットは、それまでに必要であったガスの基本料が不要になり、
光熱費を抑えることが出来ます。
 
エコキュートを使用する場合、夜間に電力を使用するので、
安い電気料金で利用が可能となります。

安全面でのメリットは、ガスの使用で起こる、ガス漏れや、
一酸化中毒、火を使うことでの家事や火傷などを、
オール電化にすることで、回避できます。

その他のメリットとしては、火を使わないオール電化は、
室内に二酸化炭素が発生せず、非常にクリーンなお部屋になります。

またIHクッキングヒーターは、大変お掃除がしやすく、
毎日のお手入れが楽になります。


・オール電化のデメリット
オール電化にするには、エコキュートやIHクッキングヒーターを購入する費用
と工事費が必要です。
 
一般的な機器の場合、おおよそ約40~70万円くらいの費用が執拗です。


オール電化は、すべて電気で動くシステムです。

そのため、停電すると使えなくなることを、
覚えておきましょう。ただし、太陽光発電を同時に導入している場合は、
停電時にも心配はありません。

その他のIHクッキングヒーターの切り替えた場合、これまでの
鍋やフライパンなどが使用できない場合があります。
 
そのため、調理器具の買い替えが必要なので、費用がかさみます。


メリット・デメリットをよく調べて、お住まいに合った方法での
オール電化導入をお考えください。

オール電化
オール電化と言う言葉は、最近では当たり前のように耳にしますが、
実際、オール電化にすれば、お住まいの状況はどの様に変わるのでしょうか?


またオール電化にする場合の価格や、補助金など費用面も気になるところですね。

そこで、オール電化の基本的な内容から補助金までを詳しくご紹介したいと思います。


まず、オール電化とは、家で使用するエネルギー=熱源を全て電気にすることです。

その為には、都市ガスやプロパンガス、灯油などと言った他の熱源を使わないように、
キッチンのガスコンロをIHクッキングヒーターに切り替えたり、
ガス給湯器をエコキュートに切り替えます。

もちろん、暖房器具も灯油ストーブなどを使用せず、エアコンの使用にします。

この切り替えをオール電化と言います。

オール電化に切り替えた場合のメリットとしては、 火を使わないので安全であることや、
ガスなどと比べてお部屋の空気をクリーンに保つことが出来ます。

そしてなんと言っても、家庭内で使用する給湯を、電気料金の安い深夜電力でまかない、
ランニングコストを安く抑えることができます。

そこで、このオール電化で大切な給湯をまかなう、エコキュートには、
補助金が出ると言う話があります。

しかし、国が補助金を出していた時期は終了していますし、 残念ながら、
この自治体別の補助金は、予算に達して終了している地域が多いので、
まずは、お住まいの自治体に問い合わせてみることをオススメします。

耐震補強工事のポイント

オール電化と都市ガスは、どちらがお得なのでしょうか?
 
比較するのには、同じ単位で値段を見る必要があります。
 
それぞれ1kWh(消費電量量)あたりのエネルギーコストを比較してみました。

都市ガスでは、1kWhあたりのエネルギーのコストは、12.10円
オール電化(夜間) 1kWhあたりのエネルギーのコストは、12.16円

以上の様な、結果が発表されています。

 
この結果を見ると、さほど差が無いように感じますが、
オール電化の住宅の場合は、基本料金は電気ひとつなのに対し、
都市ガス利用の場合、ガスと電気のふたつの基本使用料がかかってきます。


また安全性での比較をするならば、ガスを使用する場合、
火を発生させることが必要で、ガス漏れや、不完全燃焼と言うことが起こる場合もあります。
 
そのため、安全性で比較するのであれば、火を使わないオール電化が有利でしょう。


では、使い勝手はどうでしょう?
 
暖房器具などの場合、部屋を暖める即効性は、素早く部屋が温まるガスが、断然有利です。
 
しかし、調理器具となると、オール電化にすると、IHクッキングヒーターを利用して、
調理をするのですが、直接火を起こさないため、大変安全です。

ただし、ガスからオール電化に切り替えた場合、鍋などの材質によっては、
使用できなくなります。その点都市ガスは、鍋の選択の広さがあります。


ここまでを総合的に見て、オール電化の方がメリットが多くあります。
 
しかし、それぞれのご家庭によって、使用形態が違うため、
比較は難しいかもしれませんが、オール電化も都市ガスも、
メリットやデメリットをシッカリと把握して、じっくりと検討されることをおススメします。



-比較

近年、ご家庭での熱源をガスからオール電化に切り替えるおうちが増えてきました。
 
もちろん、都市ガスやプロパンガスを活用されているケースも多くありますが、
電力の全面自由化が始まり、オール電化にすることを考える方も
おられるのではないでしょうか?

今後、オール電化にするべきか、ガスの使用を続けるのかでどのような違いがあるのか、
また料金などの比較をして、検討していくことが必要です。


まず、ガスを熱源として使用する場合、ガスのみではなく電気との併用することになります。
 
しかし、オール電化にする場合は、家庭で使用する全エネルギーは、電気で賄うこととなります。

オール電化にすれば、光熱費の管理は一本化することができると言うメリットがあります。

では、その費用の差はどのくらいあるのでしょうか?
 
この算出は非常にむずかしく、光熱費は各家庭により使用頻度が違いますし、
もちろん使用する機器も様々です。

一般的に公開されている情報から比較してみると、
1時間当たり1kwhで電気とガスのエネルギーを揃えてコストを比較してみると、

プロパンガス 20.60円/1kwh
都市ガス 15.27/1kwh
電気 昼間 31.90/1kwh
電気 夜間 13.18/kwh

以上のように、電気の場合昼間のコストが高くつくことが目につきます。

 
オール電化で主に夜間に電気を活用するような方法を取れば、プロパンガスと比較して、
かなり安いコストとなることがわかります。

また、安全面で考えた場合、ガス漏れなどリスクがあることも注意が必要です。
安全面を比較すると、オール電化が断然安全であることは言うまでも有りませんね。

すべてにおいて、オール電化が良いのかと言えば、
オール電化にも弱点はあります。
 
それは、停電時には熱源がまったくない状態になることがあると心得ておきましょう。


プロパンガスでもオール電化を選ぶ場合でも、メリットデメリットはあります。
 
重要なのは、各ご家庭の熱源の活用の仕方に合わせることが一番大切な事ではないでしょうか?









-悩む



住宅のエネルギーをまかなうのに、オール電化かエネファームかと迷った場合、
そのメリットとデメリットを知った上で、しっかり検討することが大切です。

そもそも、オール電化とは?エネファームとは?一体どう言うしくみなのでしょうか?
詳しくご紹介したいと思います。


まず、オール電化は、ガスを使わずにお住まいのエネルギーを全て、
電力でまかなうことと言います。

オール電化住宅は、ガスを全く使用しませんので、ガスの基本料金・ガス代が不要になります。
 
消費エネルギーが少なくて済む電化製品を使用しますので、電気代が節約できるメリットもあります。

ガスを使用する場合、「火」をつかいますので、安全性に不安があります。
 
そのため小さなお子様や、高齢者がおられるご家庭では、
安心安全のオール電化を導入される場合が多いです。


オール電化はかなり浸透してきていますので、耳慣れた言葉になってきていますが、
それでは、エネファームとはどんなものかご存知でしょうか?


エネファームは、家庭用燃料電池と言い、エネルギーとファーム=農場を組み合わせて、
作られた造語です。

エネファームは都市ガスやLPガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて、
電気を作りだすシステムです。
 
発電の際に発生する熱を捨てることなく、お湯を作り出して給湯に利用します。

現状では、まだまだ課題も多くあります。
給湯と発電を兼ねている機器のため、高額であることです。

標準設置コストは300万円程度ですが、補助金制度を活用することが出来ますが、
オール電化と比較しても初期費用の設置コストが倍以上かかるのが、エネファームです。

またオール電化にする場合の費用は、まずガス調理器具やガス給湯器をなどを、
電気で使えるIHクッキングヒーターやエコキュートに交換する費用が必要です。
 
必要な費用は、50~100万円前後となります。

このようにエネファームは、まだまだ経済的にはメリットがあるとは言えない状況です。

どちらを導入するかは、ご家庭の状況に合わせて考えることが重要ですね。




ポイント



お住まいの熱源を全て、電気で賄うオール電化にした場合、
エコキュートを利用される場合が多いのですが、そのエコキュートとは、
どう言ったものでしょうか?

エコキュートとは、ヒートポンプ技術を利用して、空気の熱でお湯を沸かす、
電気給湯器のことを、そう呼びます。
 
電気料金の安い深夜にお湯を沸かして、貯湯タンクに貯めておきます。

日中に使うお湯をそれでまかなうことで、電気代が安くなると言う事ですが、
実は、デメリットとして、貯湯タンクの容量や、使用頻度によっては、
深夜に沸かすお湯が足らずに、昼間の高い電気料金を使うことになると言うことが起こります。


では、エコキュートを導入する場合、いくらくらいの費用が必要になるでしょうか?
 
 
エコキュートの導入費用は、本体の値段とその設置工事費用が必要です。

本体のタンク容量によって、その値段は変わってきますが、
一般的な家族として、3~5人に対応できるもので、本体価格が約60万円です。

通常、この本体価格から大きく値引きされて安くなることが多く、
本体価格の50~70%引きされることが多いです。
 
そこに工事費用が約15万円で、おおよその合計金額が、約30~60万が目安の金額です。


本格的に導入を考える場合、きっちりと見積もりを取ることが大切です。

悩む主婦
オール電化は一般的に光熱費がお得になると考えられています。
 
しかし、それも各ご家庭によっては、必ずしも毎回お得にならない
ケースもあります。

使い方によっては、ガスと併用にする方が、お得に光熱費を安く抑えることが
出来る場合もあります。

では、オール電化にした場合のメリットを見てみましょう。

 
オール電化にした場合、お得な優遇プランを利用ですることができます。

この優遇プランは、オール電化を対象に、早朝や深夜などの
一定の時間帯に電気料金が安くなると言うもので、
オール電化ではないプランと比べると、圧倒的にお得な料金になっています。

この優遇プランを最大限に活用すれば、ガス併用を比べて、
大きく光熱費を節約することができると言うメリットになります。


しかし、使い方によっては、結果的には安くないと言うことが起こります。
 
それは、オール電化を対象にしたプランの落し穴とでも言う部分は、
ガス併用のプランと比べて、昼間の電気代が
若干高めの設定になっていることです。


昼間がお留守のご家庭でしたら、昼間の電気利用が少なく、
オール電化のお得なプランで、安い光熱費となりますが、
昼間に電気利用が多いと、この早朝深夜にのみ安い言うお得なプランが、
役に立たないデメリットとなります。

この場合、ガス併用の方がお得だと考える方がよいでしょう。
 
費用の面のみを考えれば、各ご家庭の使い方次第で、どちらかを選ぶ方が良いようです。

しかし、安全面や利便性を考えたとき、オール電化の方が、
火災の不安が無いことや、空気を汚さないなどでは、断然有利です。
 
また、災害時の復旧は、ガスより電気の方がはるかに早いと
言うことも覚えておくと良い知識です。


毎月の光熱費は家計の負担になり、少しでも安い方を選びがちですが、
ご家庭の使用の仕方によって、慎重に選ばれることをオススメします。




このページのトップヘ