リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:オール電化住宅

ポイント

オール電化にするメリットは、火を使わない安全性と、
二酸化炭素を出さないクリーンな環境です。
 
また、費用の面でも、割安な深夜割引を利用すれば、光熱費を抑えられます。

では、そのオール電化にするためのリフォームとは、どのようなものでしょうか?
 
またそのリフォーム費用はいくらかかるのでしょうか?
 
詳しく調べてみましたので、ご紹介したいと思います。


オール電化住宅にリフォームする場合、
IHクッキングヒーター・エコキュート設備を導入しますが、
その他に、床暖房・太陽光発電システムなどを設置する場合もあります。
 
その費用とポイントを見てみましょう。


・IHクッキングヒーター
ガスコンロに比べてお手入れのしやすさや、火力の調節が簡単と言う事で、
主婦の方には、嬉しい機能が豊富なIHクッキングヒーターです。

その導入費用は、システムキッチンにビルトインタイプで導入すると、
概算工事費用は、おおよそ20~45万位になります。


・エコキュート
大気の熱を圧縮してその熱で水を沸かすエコキュートは、省エネに性に優れており、
その日一日分使用するお湯を、電気代の安い深夜に作っておくことで、
電気料金を安くできると言うものです。

ガス給湯器と比べて、価格が高めであることと、貯湯ユニットの
設置スペースを考えて、導入する必要があります。

概算費用は、約55~90万円です。


・床暖房
せっかくオール電化にするのであれば、床暖房の設置も検討してみましょう。
 
足元から温まる床暖房は、体に優しいシステムです。

その導入概算費用は、約50~80万円です。


・太陽光発電システム
屋根に設置する太陽電池モジュールが発電した電力を利用します。
 
また余った電力を電力会社に売ることもできます。

屋根の形状や向きなどにより条件が異なりますが、
概算工事費用は約180~300万と高額です。


それぞれの概算費用を知った上で、信頼できる業者を探すことをおススメします。

メリット

オール電化のお住まいをガス使用に変更する場合には、
ガス管を引き込む工事が必要です。一般的な費用として、
約18万円くらいの費用と考えましょう。

その他、ガス給湯器の設置が必要となります。
 
キッチンのコンロもIHクッキングヒーターからガスコンロに変更します。
 
ガス給湯機設置が約20万円、ガスコンロの設置が約10万円です。


では、ガスに変更した場合のメリットを見てみましょう。

・火力
何といっても、調理時の火力はガスの方が熱量も高く、
味にも影響が有ると言われています。

・調理器具
IHクッキングヒーターの場合、専用の調理器具しか使えませんが、
ガスの場合、お鍋でもフライパンでも自由に使用できます。

・料金
電気料金のプランには、深夜料金を安く設定するプランがあります。
しかし、実際のところ昼間にも使用することが多い場合、
ガスとの併用の方がお得と言うことがあります。

メリットだけではなく、デメリットも紹介しておきます。
 
ガスの場合、火を使用するので安全面での不安はあります。

また火を使うガスは、おのずと二酸化炭素が発生します。
 
オール電化の場合、空気はいつもクリーンな状態のままです。

実際のところ、各ご家庭の事情により、一概にオール電化が良いとか、
ガス併用が良いとかは述べられません。


どちらを選べば、安い光熱費で済むのかなどを研究してみると良いのではないでしょうか?







このページのトップヘ