リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:グレード

f835ded4666cb9e979d9fea322d653da_s


戸建て住宅をリノベーションする際にかかる費用とは、
どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

中古の戸建て住宅を購入して、理想の住まいにリノベーションをしたいけれど、
物件購入時にかかる費用とリノベーションにかかる費用を考えれば、大きな費用が掛かりますので、
計画的に進めて行く必要がありますね。

さて、リノベーションは建物をスケルトン状態にして完全に工事をすすめて行く大きな規模のものですと、
500万から1,000万規模の費用が掛かってきます。

もちろん、こだわりの設備でグレードを挙げたり、素材にこだわったりすると、
もっと費用は上がることになります。

建物をスケルトン状態にすると言うのは、建物の壁や柱・天井のみの状態を言います。
スケルトンからリノベーションをするのは、内装や設備などを自由に設計して、
住まいの機能性を向上することです。

例えば、一般的な戸建て住宅で、500万の費用でリノベーションする場合ですが、
スケルトン状態にして、間取りの大半を変更し、最新式の水廻り設備を入れて、
給排水管の工事までが行うことが可能です。

もちろん各部屋好みのクロス張り替えや、和室を洋室に変更することも可能です。


では少し価格帯を上げて、600~800万の費用ですと、増改築工事まですることが可能です。
間取り変更をしたり、増築をして空間を広げると言った計画も立てることができますね。

デザインを重視して、ドアや建具などもこだわりにもので仕上げることができますので、
ご自分の好みのお住まいに仕上がります。自然素材である無垢材のフローリングなどを使用するなど、
健康志向のある方でも、リノベーションで思いのままに設計できますね。


800~1,000万の費用を掛けてのリノベーションとなると、戸建て住宅の場合、
内装の工事ばかりではなく、本格的に耐震補強工事をしたり、
外壁や屋根など外装でも耐久性が高く、住み心地の良いお住まいにする工事ができます。


リノベーション費用の見積もりを、複数の業者から取る場合注意点があります。
どのようにリノベーションをしたいのか、リノベーション後のイメージをシッカリと作り、
採用したい設備や建材などを整理して伝えることが大切です。

そのようにすれば、費用の差が大きく開くことなく見積もりを取ることができて、
比較検討しやすいと言う事を、踏まえて計画を立てて行くようにしましょう。

7adddeaf0c92ad5f81ad5c407a7eb416_s


水廻りリフォームを計画するためには、そのリフォーム費用の相場などを、
知った上で、検討したいと思いますね。

しかし、リフォーム工事は工事価格の相場が分かりにくいのが実情です。
各お住まいの住宅の事情などで、費用も一定しませんので、比較もしにくいのですが、
まずは、目安になる金額を知り、自己資金などの検討をしてみましょう。


水廻りリフォームで、システムキッチンを入れ替えるには、
まずどの様な出来上がりにしたいかを、考えてみる必要があります。

現在の形状が壁つけのI型キッチンであり、新しくシステムキッチンをそのままのI型に、
入れ替えるのであれば、工事費用もさほど高くなく、リフォームすることができるでしょう。

ただし、設備機器のシステムキッチンのグレードを高価なものに決めると、それだけ費用は上がりますので、
注意が必要です。予算内に収まる様に、グレードを決定しなければいけません。


またサイズ変える、壁つけのI型から対面キッチンに変えるなど、
水道設備・給排水や、やガス配管などの移動が伴う場合の工事費用は、高くなりますので注意しましょう。


浴室リフォームは、現状により工事の内容、工事費用がかなり変わってきます。
現状がシステムバスで、システムバスの入れ替えを検討するのであれば、工事費用は高くありませんが、
タイル張りの在来浴室からシステムバスに変更の場合、タイルや既存浴槽の撤去・処分などが、
掛かってきますので、工事費用は高額になります。

マンション用、戸建て用のシステムバスがありますので、注文してもらう場合注意が必要です。
システムバスをそっくり入れ替える場合、設備のグレードにより変わってきますが、
一般的に、100万前後のリフォーム費用となります。

トイレ、洗面所のリフォームは、設備機器の入れ替えだけではなく、壁紙や床材などを張り替える必要が出てきます。
設備費用+撤去と設置工事代+壁紙、床材の張替え費用が掛かります。

和式から洋式トイレに変更の場合、一般的に約30~50万のリフォーム費用が掛かります。
実際に契約するときは、設備機器に間違いが無いか、
工事期間中に工事以外の場所を傷つけていないかなどのチェックもしましょう。


水廻りリフォームの場合、選んだ設備機器の値段で大きく費用が異なります。
見積もり時の金額に、間違いがないかよく確認しましょう。

 

このページのトップヘ