リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:シリコン樹脂系塗料

屋根塗装
外壁の傷み具合は、目に見える為に、そろそろ塗装時期だと
気づきやすいですが、普段、目にふれない屋根の傷み具合は、
中々分かりにくいものです。

しかし、見えない屋根は、日々の紫外線や雨風で相当なダメージを
受けている場合があります。

外壁よりも早く傷むと言うことを心得ておきましょう。

屋根のメンテナンスこそが、家の寿命に延ばすことになり、
外壁塗装をするのであれば、同時に屋根塗装をすることを
オススメします。


通常、外壁塗装をする場合は、足場を組んで工事を行います。
 
屋根のみを塗装する場合も足場を組みますので、同時に工事を行う方が、
足場代が一回分で済みお得です。

足場代の相場は、一般的な住宅で15~20万ほど掛かります。

もし、外壁塗装工事をして数年後に屋根塗装工事をする場合、
また足場代が必要になりますので、是非、同時に
工事をオススメします。


その他の、付帯工事として、雨樋や軒天の塗装や補修工事も一緒に行う様にしましょう。


屋根は、外壁よりも過酷な条件にあるので、外壁より傷みが
激しく耐久年数も短いため、できれば、屋根塗装の塗料のランクを上げて、
工事を行えば、外壁とメンテナンス時期を合わすことが出来ます。

一般的な住宅で、約30坪とした場合の工事の相場をご紹介しましょう。
 
外壁と屋根共にシリコン樹脂系塗料で塗装工事を行った場合、
足場代も含めて、約80~100万です。

この場合の耐用年数ですが、屋根をシリコン樹脂系塗料で粗糖した場合、約10~13年です。
 
これをフッ素樹脂系や遮熱塗料などを使用すると、価格は上がりますが、
耐用年数が約15~20年と長くなり、外壁のと同じ塗り替え時期に
合わすことが可能になります。


予算に余裕がある場合は考えてみましょう。



小銭


家の外壁塗装を考える時、一番気になることはその工事の値段です。
外壁は、外から劣化状況が分かるため、塗装を薦める営業マンなどが頻繁に訪れることも多く、
業者によって、値段もまちまちなので、どれが相場なのかわからなくなります。

この値段の差は、塗料の種類が要因のひとつです。
塗料は種類によって、大きく値段が変わってきます。
そこで、塗料別の外壁塗装工事の値段を比較してみましょう。


工事の工程は全て同じと考えて、一般的な2階建ての家での外壁塗装工事の値段です。


・塗料の種類別の工事値段

アクリル樹脂軽塗料は、60~110万
モルタル壁など適しているが、耐用年数が5~8年と短いです。

ウレタン樹脂系塗料は、70~120万
紫外線に強く、水はじきも良い。耐用年数は6~8年です。

シリコン樹脂系塗料は、80~140万
近年では、このシリコン塗料を使用されることが多いです。耐用年数は8~15年です。

フッ素系塗料は、150~250万
もっとも耐久性に優れている塗料です。耐用年数も長く、12~20年です。


長い耐久性を持った塗料を使用しての外壁塗装でも、ひび割れの対処や、
コーキングの劣化の補修などを怠ると効果が半減します。

そう言った点もしっかりと提案してくれる信頼できる業者を選ぶことが、
値段に相当した外壁工事を施工しれくれるのではないでしょうか?

安い値段だけに惑わされずに、業者選びをするようにしましょう。


失敗しない外壁塗装業者 選びはコチラのサイトをご覧ください。


⇒ 12の自己防衛知識 


 

このページのトップヘ