リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:タイル張り

車庫リフォームの注意点


戸建てのお住まいにおける車庫を新たに作る場合ですが、
まず駐車スペースを確保しなければいけません。

屋根を設けずにスペースだけを確保するオープンタイプの車庫は、
建ぺい率などの規制を受けずに、リフォーム工事ができます。

敷地さえあれば、車庫リフォーム工事は簡単にできます。
できれば、防犯のために、ゲートや跳ね上げ門扉や伸縮門扉を設けると良いでしょう。

また独立型やビルトインガレージ車庫は、車の保護に適していますし、
防犯面に非常に優れています。

ただし、建築基準法の対象になる場合もありますので、
施工業者に確認をしてから、工事をすすめて行きましょう。


どのタイプの車庫にする場合も、玄関から近い所に作ることが大切です。
玄関から離れていると使い勝手が悪くなるので注意しましょう。

その他の注意点としては、前面道路からの出入りのしやすさや安全面を考量して、
設置しなければいけません。


車庫の床の仕上げですが、コンクリートのままでも良いですが、
車が出た後の、デザイン性を考えると、タイル張りやインターロッキングにすると
お洒落な仕上がりになります。

インターロッキングは、舗装に用いるコンクリートのブロックで、
雨水が地面にしみ込み易い特徴を持ちます。

また芝生張りしておくのも良いのですが、雑草などの処理に手間が掛かりますので注意しましょう。

車庫リフォームは、できれば法規制などに詳しい、エクステリア専門の業者に相談することをおススメします。


自分の地域で法規制に詳しいエクステリア業者やリフォーム業者を見つけるためには
絶対に外せないポイントがあるので、これだけはチェックしておくようにしてください。


⇒ リフォーム業界3つの非常識 

 

b3c32792cc2cae542ab379ede43f0ec8_s


一日の疲れを取るのに、お風呂は必要不可欠です。
しかし、昔ながらのタイル張り在来浴室の場合、断熱性が低く大変寒いと言った悩みがあります。

浴室は毎日水を使用することから、劣化しやすく、タイルの隙間から水が浸みて、
内部の柱まで傷んでいると言ったことも起こります。
実際に解体してみないと分からない部分なので、柱や土台などの補修の工事費が追加になる場合も有ります。

その為、断熱性が高く、機能も備わったユニットバスに
浴室リフォームをするお家が増えています。

ユニットバスのメリットと言えば、水漏れが起こりにくいこと。
断熱性が高く寒 くないこと。工場で生産したユニットを取り付ける為工期が短くて済むこと。
そして、費用の面でも在来浴室よりも安く済むと言うメリットがあります。

ユニットバスに入れ替える場合は、現状の浴室内の壁や床を解体した後に、
ユニットバスを組み立てます。壁を壊さないで工事をするので、現状の浴室に入る大きさのユニットバスを、
選びことが重要です。しかし、その場合は浴槽そのものが小さいサイズになる場合もあります。

ユニットバスの出入り口と既存浴室の入り口サイズが違う事が多く、
その場合は出入り口周辺の壁や床を修繕を行います。

浴槽を大きくしたいなどの希望がある場合は、間取り変更や増築などの工事が必要になりますので、
費用も高額になって きます。

通常、ユニットバスを入れる場合は、選ぶグレードにより金額が変わりますが、
一般的なユニットバス本体は、50~200万で、それにプラス工事費が30~100万になります。

決してお安くない浴室リフォームですし、一度行うと何年も使用するものですから、
工事前にしっかりとした打合せをして、後悔のないリフォームをしたいですね。

7adddeaf0c92ad5f81ad5c407a7eb416_s


水廻りリフォームを計画するためには、そのリフォーム費用の相場などを、
知った上で、検討したいと思いますね。

しかし、リフォーム工事は工事価格の相場が分かりにくいのが実情です。
各お住まいの住宅の事情などで、費用も一定しませんので、比較もしにくいのですが、
まずは、目安になる金額を知り、自己資金などの検討をしてみましょう。


水廻りリフォームで、システムキッチンを入れ替えるには、
まずどの様な出来上がりにしたいかを、考えてみる必要があります。

現在の形状が壁つけのI型キッチンであり、新しくシステムキッチンをそのままのI型に、
入れ替えるのであれば、工事費用もさほど高くなく、リフォームすることができるでしょう。

ただし、設備機器のシステムキッチンのグレードを高価なものに決めると、それだけ費用は上がりますので、
注意が必要です。予算内に収まる様に、グレードを決定しなければいけません。


またサイズ変える、壁つけのI型から対面キッチンに変えるなど、
水道設備・給排水や、やガス配管などの移動が伴う場合の工事費用は、高くなりますので注意しましょう。


浴室リフォームは、現状により工事の内容、工事費用がかなり変わってきます。
現状がシステムバスで、システムバスの入れ替えを検討するのであれば、工事費用は高くありませんが、
タイル張りの在来浴室からシステムバスに変更の場合、タイルや既存浴槽の撤去・処分などが、
掛かってきますので、工事費用は高額になります。

マンション用、戸建て用のシステムバスがありますので、注文してもらう場合注意が必要です。
システムバスをそっくり入れ替える場合、設備のグレードにより変わってきますが、
一般的に、100万前後のリフォーム費用となります。

トイレ、洗面所のリフォームは、設備機器の入れ替えだけではなく、壁紙や床材などを張り替える必要が出てきます。
設備費用+撤去と設置工事代+壁紙、床材の張替え費用が掛かります。

和式から洋式トイレに変更の場合、一般的に約30~50万のリフォーム費用が掛かります。
実際に契約するときは、設備機器に間違いが無いか、
工事期間中に工事以外の場所を傷つけていないかなどのチェックもしましょう。


水廻りリフォームの場合、選んだ設備機器の値段で大きく費用が異なります。
見積もり時の金額に、間違いがないかよく確認しましょう。

 

このページのトップヘ