リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:タンクレストイレ

外壁コーキング費用


和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合の相場は、25~50万です。
費用に大きく差があるのはなぜでしょうか?

和式トイレから洋式トイレリフォームの費用の内容を詳しく見てみましょう。



・現状の和式トイレによって差が出る
現状の和式トイレに段差がある場合、
段差が必要のない洋式トイレを設置する為には、段差を解消することが必要です。

この段差ですが木枠で出来ている場合と、コンクリートで固めてある場合とでは、
工事内容が変わり、工事費用も変わります。

また、和式トイレの場合、狭いスペースの場合があり
選ぶ洋式トイレによっては、トイレの増築の必要があります。

もし、現状の和式トイレのスペースが狭い場合、
タンク付き洋式トイレのコーナータイプを選ぶか、
小さな手洗いが設置できるスペースがあれば、タンクレストイレを選択することもできます。

文字通り、タンクレストイレはタンクが無い分、通常のトイレより小さくなっており、
狭い場所への設置も可能です。


・入れ替える洋式トイレのグレードの差
洋式トイレには、節水タイプやお掃除がしやすいものなど、
色々なタイプがあり、選ぶのに迷うほどです。

機能が多くあるほど、価格も高くなりますので、
本当に必要な機能なのかを、よく検討してみる必要があります。

できれば、メーカーのショールームなどに足を運び、
トイレ選びをしてみることをお薦めします。


・電気工事が必要の場合の差
洋式トイレには、通常の便器に便座を組み合わせた物ですが、
暖房洗浄便座を別に組み合わせることもできます。

もちろん、最初からセット価格となっているものもありますし、
別に設定することもできます。
こちらも、洗浄機能のほかに、乾燥や消臭機能が付いたものなど、
たくさんの種類が有り迷いますね。


こう言った、暖房洗浄便座を新たに設置する場合、
和式トイレの時には必要なかった電気工事が必要なりますので、
電気工事の費用が必要となります。


出来れば、複数の業者から見積りを取り寄せて、
比べてみることで、適正価格を知り、工事を依頼することをお薦めします。




トイレの選び方


トイレリフォームをイメージするとき、どのようなことが浮かびますか?
清潔感、使い勝手、心地よさでしょうか。

せっかくトイレリフォームをするなら、使用する家族が納得できるトイレリフォームをしたいものですね。
そのためにも、まずトイレの基礎知識をご紹介したいと思います。
是非、トイレ選びに活用してください。

最近のトイレは、機能・性能・デザインとバリエーションが豊富になっています。
トイレリフォーム時に、トイレ選びに迷うと言うことも大いに有りえることです。

水洗トイレは、便器と便座とタンクで出来ていますが、
タンクに手洗い付きタイプと手洗いが無いタイプがあります。
トイレが狭い場合は、手洗い付きのトイレがおすすめです。

最近ではタンクレストイレと言うものもあります。
タンクが無い分、トイレが広く感じられます。

そして便器には、大型タイプと普通タイプがあるのをご存知ですか?
大型タイプの便器はゆったりと座り心地が良く魅力的ですが、トイレの広さは限られていますので、
選ぶときは注意しましょう。

そして便座ですが、通常何の機能も持たない普通便座や座面が暖かくなる暖房便座があります。
その上、温水洗浄機能のついた温水洗浄便座があります。
近年では、多くの方がこの温水洗浄便座を取り入れられています。

この便座の機能が増えるほど価格帯が上がります。
例えば、温風乾燥機能や、脱臭機能。
その他には、便蓋の自動開閉機能が付いたものも有ります。

各トイレメーカーが力を入れているのが節水型トイレです。
水流を工夫したり、便器内を特殊な形状にするなどで、従来の半分以下の水量で洗浄が可能なものも有ります。

メーカーのショールームで、実際に確認すると、選びやすいのではないでしょうか?
家族のライフスタイルに合わせて、必要な機能を選ぶようにしましょう。


このページのトップヘ