二世帯住宅リフォーム 成功


二世帯住宅リフォームで完全同居にする場合の注意点は、
それぞれの世帯ごとのプライバシーを守れるスペースを作ることです。

家族全員がどこの部屋も自由に出入りできるのは、家族であれば当然と考えますか?
たしかに、親と子供の1世帯ではそれで良いのかもしれません。

しかし、二世帯住宅の場合は、親世代と子世代プラス孫も一緒に、
家族として暮らして行きます。

家事や孫の子育て、また介護などお互いが助け合って生活できる利点はありますが、
せめて、寝室のプライバシーは守ることが成功の秘訣です。

それぞれの世帯ごとのプライバシーを守ると言った点では、夫婦水入らずで過ごす部屋は大切です。
そこに、余裕が有れば、もう一部屋世帯専用のリビングまたは居間があれば、
友人を招待するときも、お互いの世帯に遠慮しないで、招くことができます。


二世帯住宅リフォームを考えるうえで、大切なことは、
各ご家庭の状況に変わります。

夫との親との同居と妻の親との同居だけでも、ずいぶん内容が変わるはずです。
おもわぬストレスやトラブルを招かないように、慎重に計画を立てて行くようにしましょう。