リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:メリット

メリット

オール電化のお住まいをガス使用に変更する場合には、
ガス管を引き込む工事が必要です。一般的な費用として、
約18万円くらいの費用と考えましょう。

その他、ガス給湯器の設置が必要となります。
 
キッチンのコンロもIHクッキングヒーターからガスコンロに変更します。
 
ガス給湯機設置が約20万円、ガスコンロの設置が約10万円です。


では、ガスに変更した場合のメリットを見てみましょう。

・火力
何といっても、調理時の火力はガスの方が熱量も高く、
味にも影響が有ると言われています。

・調理器具
IHクッキングヒーターの場合、専用の調理器具しか使えませんが、
ガスの場合、お鍋でもフライパンでも自由に使用できます。

・料金
電気料金のプランには、深夜料金を安く設定するプランがあります。
しかし、実際のところ昼間にも使用することが多い場合、
ガスとの併用の方がお得と言うことがあります。

メリットだけではなく、デメリットも紹介しておきます。
 
ガスの場合、火を使用するので安全面での不安はあります。

また火を使うガスは、おのずと二酸化炭素が発生します。
 
オール電化の場合、空気はいつもクリーンな状態のままです。

実際のところ、各ご家庭の事情により、一概にオール電化が良いとか、
ガス併用が良いとかは述べられません。


どちらを選べば、安い光熱費で済むのかなどを研究してみると良いのではないでしょうか?







完全分離二世帯住宅


二世帯住宅リフォームのプランを考えるとき、3種類のタイプが考えられます。
完全に分離型、半分は同居の部分同居型、そして大家族スタイルで完全共有型です。

どれもメリットとデメリットがありますし、ご家族の生活スタイルによっても、
タイプが変わってきます。

しっかりと特徴を見極めて、楽しく暮らせるように、
二世帯住宅リフォームを成功させましょう。

ここでは、完全分離型タイプの二世帯住宅へのリフォームのご紹介をします。


・完全分離型のメリットとデミリット

完全分離型は、一切共有スペースを作らずに、完全にプライバシーを確保できる環境です。
具体的に説明すると、建物は横同士や上下で繋がっているけれど、
住環境は別々と言う、言うなればアパートやハイツのようなイメージです。

もちろん光熱費なども別々にする場合が多く、
メリットは暮らし方の違いでのトラブルが少ないと言う事です。

デメリットとして考えられるのが、面積とそれに伴う費用です。
元々一軒のお家を二軒にリフォームするのですから、狭いところに無理な間取りを考えることになります。

敷地が狭い場合3階建てにしたり、設備機器を2軒分必要になると言った費用面もかさむことを心得ておきましょう。


・臭いと音対策はしっかりと

完全分離型の場合、上下また横に並ぶ方法を取りますが、
元々2階建てをリフォームする場合、上下のほうが、間取りの変更が少なくて済みます。

しかし、上下で分ける場合、階下へ音が響いたり、、下の生活臭が2階に上がってくるなど、
問題が発生します。

防音と臭い対策をシッカリと考えた上で、リフォームを行いましょう。

スケルトンリフォームのメリット


通常のリフォームに比べ、多くのメリットがあるスケルトンリフォームですが、
どのようなメリットを生み出すのでしょうか?

気になるスケルトンリフォームのメリットをご紹介して行きましょう!

・住む人の好みや、家族構成により、自由な間取りに変更できます。

・配管の位置変更が可能なため、水廻りも自由に間取り変更ができます。
ただし、ご利用のマンションにより、配管の位置を変えることが出来無い場合もあります。

・スケルトンリフォームなら、結露やカビ対策を打つことができます。

・床下や天井裏の古い配管、配線などの傷み具合を確認し、
新しく取り換えることが出来るので、安全性が向上します。


・骨組みまで戻すため、壁や床などの断熱材を新たに設置できて、
高い断熱効果を得ることができます。

・バリアフリーとしまして、床をすべて剥がして、段差のないフルフラットにする事ができます。


上記の他にも、各ご家庭でメリットが見つかることと思います。
是非、スケルトンリフォームを計画してみてください。

実際、大きな費用を掛けての工事です。
できるだけ、低コストで希望を叶えられることが理想ですね。

予算の範囲内で様々提案などをしてくれる良い業者選びこそが、
スケルトンリフォームを成功させることに繋がりますので、是非信頼できる業者選びから、
初めてみるのはいかがでしょうか?



信頼できるリフォーム業者を選ぶポイントをまとめているページはコチラをご覧ください。


⇒  リフォーム業界3つの非常識



 

オール電化 メリットデメリット



オール電化に変えたからと言って、メリットばかりでは無く、
デメリットも有ることを知った上で、オール電化を導入するかを判断する必要があります。

デメリットも工夫次第では、メリットに転じる場合もありますので、
ここでは、オール電化のメリットとデメリットをご紹介したいと思います。
是非、参考にしてください。


オール電化のメリット

・安全面
何といっても、火を使用しないオール電化は安全と言えます。
火事や火傷の心配もなく、ガス漏れによる一酸化炭素の発生などもありません。

・経済面
オール電化にした場合、ガス代の基本料金を支払うこともありません。
エコキュートを導入している場合は、電気料金が安くなる夜間電力を活用することで、
光熱費を抑えることが出来ます。

太陽光発電システムとの組み合わせで、昼間の電気料金も抑えることができます。
その場合、大幅な光熱費節約ができます。

・その他
オール電化のIHクッキングヒーターは、ガスコンロに比べると、
大変お掃除がしやすく、お手入れが楽です。

また、火を使用しないオール電化では、二酸化炭素も発生せず空気が汚れません。

 オール電化のデメリット

・導入費用が高額になる。
IHクッキングヒーターやエコキュートを導入する費用と工事費が必要です。
各機器のグレードにより、価格差は有ります。

・停電の時に使用できない。
オール電化は言うまでもなく、すべて電力で賄っています。
その為、停電になると全て使用できなくなります。
この場合、太陽光発電システムと併用している場合は問題ありません。

・その他
慣れないIHクッキングヒーターでの調理がしづらいと言う場合が有ります。
火加減の調節などは慣れることが先決です。
ガスでの調理していた、鍋やフライパンが、使用できないものになります。


その他、導入してみることで気付く事もあります。
特に、電気だけで生活するのですから、電気料金の値上げが有った場合は、
影響を受けてしまいます。

太陽光発電との併用や、お得な電気料金割引などを、
活用することも考えておきましょう。

リノベーション メリット デメリット


リノベーションは、既存の戸建て住宅を大規模に改装し、性能を向上することで、
建物の価値を高めることができると注目を集めています。

しかし、本当にリノベーションをすることは、メリットばかりの良いこと尽くめなのでしょうか?

リノベーションのデメリットもしっかりと理解した上で、
計画を進めることが、成功させる為に必要であると考えます。

そこで、リノベーションのメリットとデメリットをご紹介でしてみたいと思います。


■リノベーションのメリット

・住む人に合わせて住まいを変化させる。
そもそもリノベーションとは、自分の住まいに対してイメージを実現させるものです。
自分の好みや家族の生活に合わせて住まいを変化させることが出来ると言うメリット

・新築を建てるより安いコストで済む
同じ条件で、新築を購入する場合と中古戸建て住宅を購入してリノベーションをした場合の費用を比較すると、
中古住宅を購入する方が20~30%安く済むことがあります。

購入する中古住宅の価格にもよりますが、新築よりも安い費用で購入できる中古戸建て住宅で、
思いのままにリノベーションして、理想の住まいを手に入れることができます。

・物件購入の選択枠が広がる
都心部に居住エリアを求めると、新築物件のみを探していると物件数も少なく、
希望条件を妥協して購入すると言う事も起こります。

中古住宅でリノベーションをすることを選択枠に入れると、選択枠が広がりますね。
その上、コストが安く済むのならそれに越したことはありませんね。


■リノベーションのデメリット

・購入した戸建ての築年数による不安
中古の戸建て住宅を購入する場合に、築年数を注意しなければいけません。
現在の法律の耐震基準を満たしていな場合、耐震改修にたくさんの費用が掛かります。
コストを抑えるはずの中古購入のメリットが活かせなくなりますね。

・リノベーション工事に時間を要する
中古の戸建て住宅を購入して、理想の住まいにする為には、
リノベーション工事の時間が必要です。強いこだわりなどがあると完成までの時間が長く掛かりますね。

・その他費用が掛かる
リノベーション工事をしている間の生活する場所が必要です。
その為、工事期間中のお住まいの家賃などを払うことも資金計画に入れておく必要があります。


以上、メリットとデメリットを上げてみました。
是非参考にして頂き、理想のお住まいにするリノベーションを計画してみてください。


このページのトップヘ