リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:リフォーム

窓

お住まいの窓をリフォームするとき、換気の問題や、採光の問題、
そして外観の問題などを考えて計画を進めることが大切です。

とくに、窓を大きくする場合ですが、柱を取外し、上部に梁を設けるなどの
工事になりますが、かなり難しい作業となります。

リフォームの際に増設できる窓の幅は、柱と柱の間の幅、1700mm以下となり、
これを間違えると、建物自体が歪んでしまうこともあります。

窓を大きくする場所の横にある柱が建物を支える骨格となる柱であれば、
抜いたりすることはできませんし、耐力壁である場合も、
耐力壁を壊すことはできません。

どうしても、窓を大きくする場合は、別の場所に柱や耐力壁を
別の場所に増やす必要が出てきます。
 
家全体の耐震性にも関わる工事となりますので、工事期間も長期化し、
工事費用も大きくなることを、心得ておきましょう。

その他、窓を大きくする工事を行う場合は、外壁の一部も撤去します。
 
窓枠ぎりぎりのところでの撤去工事はむずかしく、どうしても少し大きめの撤去となり、
新しい窓枠と古い外壁の間に、新しい外壁を張ることになり、
見た目が気になりますね。

そこで、外壁全体も新しくするとなると、工事費用がかさみます。
 
建物の重要な部分である柱や耐力壁をリフォーム工事をする場合、
建築確認申請も必要となりますので、注意しましょう。

窓を大きくする工事は簡単には進まないと言うことです。
 
 
そこで、考えられるのが、今ある窓サッシの上にランマ窓を作る方法です。
 
ランマ窓を作ることで、お部屋も明るくなり、換気も十分にできるようになりますね。


また、反対に窓を小さくする工事では、柱や梁、耐力壁をさわることがありませんので、
工事をすることでの問題点はありません。



予算オーバー

お住まいのリフォームを考えた時、さていくら位の費用が掛かるのか、
相場がさっぱりわからないと、言われる方は多いです。

リフォームの工事の多くは、実際に工事を始めてから、
当初見積もった予定より、状態が悪く、予定外の追加費用を
請求される場合があります。

見積もり段階で400万と言う金額で契約書を交わし、終わってみれば
400万円プラス追加料金を払うとなると、予算を大幅にオーバーしてしまいますね。


そこで、最近人気があるリフォームの方法で、定額制リフォームという方法があります。
 
この定額制リフォームは、必ず予算の範囲の中で工事を終了するので、
予算オーバーの不安を抱えることもなく、リフォーム工事を進めることができます。

この定額制リフォームの予算の算出方法は、各部分での計算方式ではなく、
お住まいのリフォーム面積X坪単価での計算になります。

例えば20坪のリフォームであれば、坪単価が20万だとすると400万円で、
リフォームが出来ると言うシステムです。

この坪単価の中に、標準仕様の設備機器・壁紙・フローリング材などが決められていて、
設備の取り換え・内装工事などを含んだ金額になっています。

もちろん、もし標準仕様のものより、グレードを上げたい場合は、
400万の定額にプラス費用が掛かるのは心得ておきましょう。


では、予定外の傷みが見つかった場合には、その工事費用はどうなるのでしょうか?
 
ここが問題なのですが、想定外に劣化している箇所が見つかった場合は、
やはり追加料金が発生すると言う事です。


どこまでが定額制リフォームの中に含まれているのかを、しっかりと確認した上で、
工事を進めて行くことが重要です。


定額制でも、定額制でない場合も、あとで多額な請求が来ることの無いようにするためには、
最初の段階から、リフォーム業者としっかりとした打ち合わせが
不可欠と言う事ですね。



ポイント

オール電化にするメリットは、火を使わない安全性と、
二酸化炭素を出さないクリーンな環境です。
 
また、費用の面でも、割安な深夜割引を利用すれば、光熱費を抑えられます。

では、そのオール電化にするためのリフォームとは、どのようなものでしょうか?
 
またそのリフォーム費用はいくらかかるのでしょうか?
 
詳しく調べてみましたので、ご紹介したいと思います。


オール電化住宅にリフォームする場合、
IHクッキングヒーター・エコキュート設備を導入しますが、
その他に、床暖房・太陽光発電システムなどを設置する場合もあります。
 
その費用とポイントを見てみましょう。


・IHクッキングヒーター
ガスコンロに比べてお手入れのしやすさや、火力の調節が簡単と言う事で、
主婦の方には、嬉しい機能が豊富なIHクッキングヒーターです。

その導入費用は、システムキッチンにビルトインタイプで導入すると、
概算工事費用は、おおよそ20~45万位になります。


・エコキュート
大気の熱を圧縮してその熱で水を沸かすエコキュートは、省エネに性に優れており、
その日一日分使用するお湯を、電気代の安い深夜に作っておくことで、
電気料金を安くできると言うものです。

ガス給湯器と比べて、価格が高めであることと、貯湯ユニットの
設置スペースを考えて、導入する必要があります。

概算費用は、約55~90万円です。


・床暖房
せっかくオール電化にするのであれば、床暖房の設置も検討してみましょう。
 
足元から温まる床暖房は、体に優しいシステムです。

その導入概算費用は、約50~80万円です。


・太陽光発電システム
屋根に設置する太陽電池モジュールが発電した電力を利用します。
 
また余った電力を電力会社に売ることもできます。

屋根の形状や向きなどにより条件が異なりますが、
概算工事費用は約180~300万と高額です。


それぞれの概算費用を知った上で、信頼できる業者を探すことをおススメします。

マンション水廻り


中古マンションを購入してリフォームをする場合の費用はどのくらいでしょうか?

中古マンションは、新築のマンションに比べて、価格がお手頃なことから、
購入して、リフォームをすると言う人は多いです。

ただ、リフォームの内容やリフォームをどこまでにするのかで、価格は変わってきます。
そこで、今回はもっとも多い水廻りリフォームを内容ごとで、おおよその費用を見てみましょう。

1.水廻り

水廻りのリフォームは、キッチン・浴室・洗面・トイレの4カ所で、
リフォーム会社によっては、「水廻り4点パック」などの名称で、
安いリフォーム価格を提示していることが多いです。

・キッチン 
システムキッチンを入れかえる場合、現状の仕様のままでの入れ替えと、
壁つけから対面キッチンにするのでは、大きく費用に差が出ます。

一般的なシステムキッチンの入れ替えは、約40万から100万で、グレードを上げれば、
もっと価格は高くなります。

また壁つけキッチンから対面式に変更での
キッチン入れ替えの場合は、約180万から250万前後です。

・浴室
マンションの浴室は、現状ユニットバスがほとんどで、
そのユニットバスの入れ替え価格は、約65万~130万です。

マンションのユニットバスのサイズは、1216・1316・1418サイズが多く、
この1216とは、1.2mX1.6mと言う、浴室のサイズを指します。


・トイレ
近年、トイレはタンクレスのものや、収納がたっぷりあるものなど、
豊富な商品があり、おおよそ約9万から28万くらいの工事費用です。

ただ、グレードの高いトイレを選ぶと費用は増額になります。
また、トイレの交換の場合、トイレの床張り換えや壁紙の張替えなども同時に行うことが多く、
その費用は、約5万から15万です。


・洗面化粧台
毎日使用する洗面化粧台です。最近では収納力のある洗面化粧台も発売されています.
洗面化粧台を入れかえて、脱衣場のクロスやクッションフロアを張り替えると良いでしょう。
その費用は、約15万から20万です。


水廻りリフォームはまとめて依頼すると、割引き価格になる場合があります。
是非、少しでも賢く、マンションの水廻りリフォームを計画してください。




このページのトップヘ