リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:予算オーバー

予算オーバー

お住まいのリフォームを考えた時、さていくら位の費用が掛かるのか、
相場がさっぱりわからないと、言われる方は多いです。

リフォームの工事の多くは、実際に工事を始めてから、
当初見積もった予定より、状態が悪く、予定外の追加費用を
請求される場合があります。

見積もり段階で400万と言う金額で契約書を交わし、終わってみれば
400万円プラス追加料金を払うとなると、予算を大幅にオーバーしてしまいますね。


そこで、最近人気があるリフォームの方法で、定額制リフォームという方法があります。
 
この定額制リフォームは、必ず予算の範囲の中で工事を終了するので、
予算オーバーの不安を抱えることもなく、リフォーム工事を進めることができます。

この定額制リフォームの予算の算出方法は、各部分での計算方式ではなく、
お住まいのリフォーム面積X坪単価での計算になります。

例えば20坪のリフォームであれば、坪単価が20万だとすると400万円で、
リフォームが出来ると言うシステムです。

この坪単価の中に、標準仕様の設備機器・壁紙・フローリング材などが決められていて、
設備の取り換え・内装工事などを含んだ金額になっています。

もちろん、もし標準仕様のものより、グレードを上げたい場合は、
400万の定額にプラス費用が掛かるのは心得ておきましょう。


では、予定外の傷みが見つかった場合には、その工事費用はどうなるのでしょうか?
 
ここが問題なのですが、想定外に劣化している箇所が見つかった場合は、
やはり追加料金が発生すると言う事です。


どこまでが定額制リフォームの中に含まれているのかを、しっかりと確認した上で、
工事を進めて行くことが重要です。


定額制でも、定額制でない場合も、あとで多額な請求が来ることの無いようにするためには、
最初の段階から、リフォーム業者としっかりとした打ち合わせが
不可欠と言う事ですね。



フルリフォーム工事


フルリフォームを考えるとき、現状のお住まいは賃貸でしょうか?
それとも、現在のお住まいをフルリフォームするのでしょうか?
その場合、工事中の仮住まいは考えていますか?

何故この質問をしたかと言いますと。
フルリフォームは工事に時間が掛かることを理解していないと、
予算オーバーになることが間違いないからです。


現在、賃貸に住んでいながら、新しく中古戸建て住宅を購入した、、
もしくはマンションを購入した場合、そのフルリフォームをしている工事中にも、
購入したお住まいの購入代金の請求が来ると言うことを承知しないといけません。

その上に、現状住んでいる賃貸の家賃とダブルの支払いが発生することを、
覚えておいてもらいたいです。


また、今住んでいる場所をフルリ フォームする場合は、施工期間中は仮住まいが必要です。
引っ越し費用も2重3重になってしまうことも忘れないように、予算に入れておかなければいけませんね。

では、フルリフォームをするときの工事の日数はどのくらい掛かるのでしょうか?
一般的な100㎡のお住まいですと、工事着工日より1か月半が目安と言われています。

しかし、フルリフォームは工事の規模が大きくなるほど、
日にちが掛かると言うことを念頭においておきましょう。

また、工事期間だけが掛かる日数ではなく、契約前や工事前の打ち合わせ期間なども、
必要であることや、特注で設備や建具などを依頼するものが有る場合は、工期が長引くこともあります。

新生活を始めたい希望の日にちが有る場合、日にちに余裕を持って計画を進めるようにしましょう。



このページのトップヘ