リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:住まいへの愛着

木造住宅の室内


築40年も経過していると、リフォームで大々的に直すのは、費用がかさみます。
いっそ建て直すほうが良いのだろうかと迷うところですね。

住宅をリフォーム計画するときに、建て替えた場合とどちらが得なんだろうか?と悩みがでてきます。
一番気になるところは、費用ですが、あらゆる面を総合的に考えて判断する必要がありますね。

そこで、どちらを選ぶべきか、ポイントをあげてみましょう。
是非、参考にしてください。


まず、リフォームを考えた場合、一概に築40年だからと年数だけで判断するのは、早計です。
構造体の状態が良ければ、基礎や土台の部分、柱や梁などをそのまま使うことができるので、
コスト面で、リフォームの方が有利です。

十分に使える部分が残っていても、建て替えをする場合は、全て解体をし、
廃棄物の量が多くでるため、処分費用も多く掛かることを念頭に置いておきましょう。

一般的な木造住宅の場合、建坪30坪3LDKで建て替えをする場合、
既存の建物の撤去解体をし、新しく家を建てる場合、約1,500万程度の予算が必要です。

もちろん建て替えをするわけですから、間取りの変更も可能ですね。

また、同じ条件で、リフォームをする場合ですが、これはリフォーム内容によって、
大きく差が出ますが、何といっても築40年のお住まいなので、
耐震補強工事と断熱材を入れるなどの、断熱リフォームを必要とします。

そこに、水廻りのリフォームをした場合、約1,200万程度の費用が掛かります。
ここでは、間取りを変えることは考えていません。

間取りを変更することになると、もっと費用は高くなります。

さて、この費用だけを比べてみると、リフォームの方が安上がりです。
しかし、リフォームで気を付けなければいけないことは、
いざ、壁や基礎をなどをあけてみたら、かなり劣化が進んでいたと言うこともあります。

その部分の補修費用が、加算されることを考えて予算を組んでおく必要がありますね。

どちらを選ぶにしても、一番重要なことは、今後の生活の変化を意識することです。
お住まいへの愛着が有る場合や、今ある建物を生かすことが出来るリフォームをお考えの時には、
是非、親身に相談が出来るリフォームのプロを見つけることが大切だと言えますね。



地元で本当に信頼できるリフォーム業者を選ぶにはポイントがあります。


⇒ 続きはコチラ 



フルリフォーム メリット デメリット


今お住まいのお家が、古くなり使い勝手も悪くなってきた場合に、
建て替えを考えますか?

建て替えをする場合は、建物をすべて解体し基礎の土台から作り変えます。
その為、お住まいの不満はほとんど解決することができます。

ただ、そのお住まいへの愛着などが有る場合、
建て替えよりもフルリフォームを選ばれる方が、良い場合も有ります。


そこで、ここではフルリフォームと建て替えのメリットとデメリットを比較してみましょう。


・工事にかかる期間
もちろん、基礎の土台から作り変える建て替えの方が工事期間が掛かります。
そこで、工事期間が短いフルリフォームにメリットがあります。


・工事にかかる費用
使用する設備や建具など材料により金額が変わるのは、
フルリフォームも建て替えも同じです。

建て替えには固定資産税や登録免許税など、各種税金が掛かりますが、
フルリフォームの場合は、各種税金が軽減できると言うメリットがあります。

しかし、フルリフォームには、工事に入ってから見つかるもので、
費用が掛かるものがあります。

その一例としては白蟻の被害です。被害の重さにもよりますが、
駆除の費用や補修費用が、余分に掛かってくることもあります。

白蟻被害で柱が腐っているなどの場合は、建て替えを選択される方が安心安全です。


・安心度
新しく建て替えをするのですから、構造上に問題はなく安心ですね。
フルリフォームの場合は、耐震などの構造補強の費用が掛かりますので、建て替えにメリットがあります。


どちらを選ぶかは、お住まいの現状の様子や、ご家庭の事情もあると思います。
最終的に決めてになるのは、如何に暮らしやすく安全な住まいに出来るかではないでしょうか?


このページのトップヘ