リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:便器

トイレの選び方


トイレリフォームをイメージするとき、どのようなことが浮かびますか?
清潔感、使い勝手、心地よさでしょうか。

せっかくトイレリフォームをするなら、使用する家族が納得できるトイレリフォームをしたいものですね。
そのためにも、まずトイレの基礎知識をご紹介したいと思います。
是非、トイレ選びに活用してください。

最近のトイレは、機能・性能・デザインとバリエーションが豊富になっています。
トイレリフォーム時に、トイレ選びに迷うと言うことも大いに有りえることです。

水洗トイレは、便器と便座とタンクで出来ていますが、
タンクに手洗い付きタイプと手洗いが無いタイプがあります。
トイレが狭い場合は、手洗い付きのトイレがおすすめです。

最近ではタンクレストイレと言うものもあります。
タンクが無い分、トイレが広く感じられます。

そして便器には、大型タイプと普通タイプがあるのをご存知ですか?
大型タイプの便器はゆったりと座り心地が良く魅力的ですが、トイレの広さは限られていますので、
選ぶときは注意しましょう。

そして便座ですが、通常何の機能も持たない普通便座や座面が暖かくなる暖房便座があります。
その上、温水洗浄機能のついた温水洗浄便座があります。
近年では、多くの方がこの温水洗浄便座を取り入れられています。

この便座の機能が増えるほど価格帯が上がります。
例えば、温風乾燥機能や、脱臭機能。
その他には、便蓋の自動開閉機能が付いたものも有ります。

各トイレメーカーが力を入れているのが節水型トイレです。
水流を工夫したり、便器内を特殊な形状にするなどで、従来の半分以下の水量で洗浄が可能なものも有ります。

メーカーのショールームで、実際に確認すると、選びやすいのではないでしょうか?
家族のライフスタイルに合わせて、必要な機能を選ぶようにしましょう。


介護リフォーム ポイント


介護リフォームをと言えば、ただ生活に支障が出ないようにすることだと考えがちですが、
忘れて行けないのが、介護が必要になったからと言って、世間から隔離した暮らしをする必要はないと言うことです。

たとえば、高齢の友人などが訪ねて来やすいお家にしてくことも大切なことですね。
玄関に腰かける場所があると、高齢の方の訪問にも役立つなどと言うこともあります。

介護疲れで不幸な事件が起こるニュースを見聞きすることもある昨今です。
是非、介護される方も介護する方も、楽しく暮らせる介護リフォームをすることをオススメします。


ここでは、介護リフォームをするときの、ちょっとしたポイントをご紹介したいと思います。
役立てて頂けると幸いです。

●トイレのリフォーム
トイレを介護リフォームするときは、できれば便器前または横にスペースを設けると良いでしょう。
車いすで入れるスペースが欲しいところですが、一般住宅では中々難しいことも考えて、
せめて、介助される方のスペースを確保すると大変楽に介助が出来ます。
もちろん、立つ・座るの動作には手すり設置が必須です。ドアも引戸にできると良いですね。

●浴室のリフォーム
ユニットバスを入れ替える場合などの選び方は、
・滑りにくい床であるか
・浴室のまたぐ高さの配慮
・入浴補助用に手すりの設置
・出入りは楽な引戸または折れ戸
などの点に注意しましょう。

●出入り口のドア
玄関や居室にかかわらず、開閉時に体を移動が少なくて済む引戸にすると良いでしょう。ドアの取っ手は、握りやすい物が良く棒状のものを選ぶことをオススメします。
もし、ドアの交換が難しい場合は、取っ手は丸いノブ状のものよりも、レバーハンドル形式が力を入れるのが少なくて良いでしょう。

●段差と手すり
家の中や玄関のアプローチは出来るだけ段差をなくしたいものです。解消が難しい場合は、滑りにくい材質の床材などに替えることや、スロープや手すりの設置も考えましょう。足元は必ず明るく見えやすいようにしておくことが事故を防ぎます。

どの介護リフォームも、一番大切なのは使う人が如何に楽に生活できるかを考えることです。
せっかく付けた手すりが、介護される人の背丈に合っていなければ意味が有りません。

是非、介護される方・介護する方の立場に立って、細かい心配りで介護リフォームの計画を立てるようにしてくださいね。


このページのトップヘ