リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:光熱費

オール電化 メリットデメリット



オール電化に変えたからと言って、メリットばかりでは無く、
デメリットも有ることを知った上で、オール電化を導入するかを判断する必要があります。

デメリットも工夫次第では、メリットに転じる場合もありますので、
ここでは、オール電化のメリットとデメリットをご紹介したいと思います。
是非、参考にしてください。


オール電化のメリット

・安全面
何といっても、火を使用しないオール電化は安全と言えます。
火事や火傷の心配もなく、ガス漏れによる一酸化炭素の発生などもありません。

・経済面
オール電化にした場合、ガス代の基本料金を支払うこともありません。
エコキュートを導入している場合は、電気料金が安くなる夜間電力を活用することで、
光熱費を抑えることが出来ます。

太陽光発電システムとの組み合わせで、昼間の電気料金も抑えることができます。
その場合、大幅な光熱費節約ができます。

・その他
オール電化のIHクッキングヒーターは、ガスコンロに比べると、
大変お掃除がしやすく、お手入れが楽です。

また、火を使用しないオール電化では、二酸化炭素も発生せず空気が汚れません。

 オール電化のデメリット

・導入費用が高額になる。
IHクッキングヒーターやエコキュートを導入する費用と工事費が必要です。
各機器のグレードにより、価格差は有ります。

・停電の時に使用できない。
オール電化は言うまでもなく、すべて電力で賄っています。
その為、停電になると全て使用できなくなります。
この場合、太陽光発電システムと併用している場合は問題ありません。

・その他
慣れないIHクッキングヒーターでの調理がしづらいと言う場合が有ります。
火加減の調節などは慣れることが先決です。
ガスでの調理していた、鍋やフライパンが、使用できないものになります。


その他、導入してみることで気付く事もあります。
特に、電気だけで生活するのですから、電気料金の値上げが有った場合は、
影響を受けてしまいます。

太陽光発電との併用や、お得な電気料金割引などを、
活用することも考えておきましょう。

オール電化導入


一般的にご家庭で使用するエネルギーと言えば、都市ガス・プロパンガス・灯油の3点です。

光熱費と言えば、ガスや電気、灯油を使用するのに掛かる費用のことですが、
これらを電気に一本化することをオール電化と言います。


では、オール電化にするためには、どのようなシステムが必要なのでしょうか?

・IHクッキングヒーター
ガスコロロでに調理を電気の使用しての調理をするもの

・電気給湯器
ガス給湯器ではなく、電力を使用してお湯を沸かすシステムです。

・エコキュート
ヒートポンプシステムによって大気中の熱を汲み上げ、熱エネルギーとして使用します。

・電気暖房機
灯油やガスではなく、電気で温度をあげる家電製品

・床暖房
床に電熱を引き詰めて温める暖房システム 

これらを組み合わせることで、お住まいにオール電化を導入できます。


では、オール電化にした場合のメリットとはどの様なものでしょうか?

・ガスを全く使用しなくなるので、ガスの基本料金さえも支払うことが無くなる。
・火を使用しないことによる、火事の心配が無くなる。
・深夜電力を使用することにより、お湯を沸かす効率が良くなる。


ガスを使用せずに、オール電化での電気料金は安いものと考えて良いでしょうか?

普通に使用している場合、高いとも安いとも言い難く、
オール電化は、割引プランの利用や、太陽光発電との併用まど、
工夫次第で安くすることが出来ると言うことを覚えておきましょう。

床暖房種類


後付できる床暖房には、大きく電気式と温水式があります。

電気式とは、電気ヒーターを用いた床暖房です。
最近では、蓄熱材を使用する方式も増えてます。

電気式は施工が比較的簡単と言われ、スイッチを入れると、直ぐに温かくなると言う魅力があります。
メンテナンスもほとんど必要が無いため、電気式を選ぶ方も多いです。


しかし、時間あたりに換算すると、光熱費は温水式より高めと考えましょう。


施工の方法としては。既存の床材を剥がして張る方法や、
剥がさずに、その床の上からヒーターと専用フローリングを重ね張りする方法があります。

この重ね張りの場合、工事中に騒音やホコリなどで室内が汚れず、
工期の期間も短く、住みながらのリフォームができます。


もし、既存の下地板や床組の劣化が激しい場合は、交換または補修を行います。
床下地などの状況に応じて、工事内容の変更になることは、覚えておきましょう。


一方、温水式の場合、床材の施工のみでは床暖房としての機能が働きません。
温水を作りだす熱源機の設置工事と、床材とつなぐ配線工事を行って、
床暖房としての機能が働きます。

工事は大掛かりで、初期費用は高くなります。また通常1年に1回程度のメンテナンスが必要です。
しかし、ガス又は灯油を使用して温めたお湯を使用する温水式の方が、
日々の光熱費は安く済みます。


シーズン中は、長期間使用する暖房器具の床暖房です。
どの方式を選ぶのか迷うところですが、やはり選ぶ基準としては、設置費用が余りかからずに、
維持費用も安く上がることが望ましいですが、一番は生活スタイルで選ぶことが大切です。

長時間つけっぱなしにする部屋の場合は、温水式が適していますし、
朝夕程度の使用でしたら、電気式でお手軽に使用することを考えましょう。


a00fcd33bf9d7a34a20ae17a24a03532_s


一般的に水廻りをリフォームしようと思う時期とは、いつ頃が多いでしょうか?
設備機器が故障したとき、古びて使い勝手が悪くなった、それとも家族の人数に変化が有ったときでしょうか?

水廻りリフォームの時期とは、早すぎてもせっかく使える設備機器を無駄にするわけですし、
遅すぎると、設備機器が完全に壊れていて、生活に支障が出たり、
費用の面で高いリフォーム代が掛かってしまうと言った場合もあります。

丁度良いタイミングを逃さずにリフォームをするには、遅すぎるよりも少し早めくらいと言う考え方で、
時期を見てみましょう。

キッチンリフォームの時期と言えば、設備機器は使おうと思えば使えているけれど、
油汚れも落ちなくなり、機能的にも不便さを感じだしたころではないでしょうか?

また浴室もカビが目立つようになると、お掃除も大変で、リフォームで新しくしたいと考えだします。
キッチンや浴室の設備機器の寿命的に見ても、約15年くらいが目安だと言われています。

最新の水廻り設備は、大変便利な機能が付いています。
収納力のたっぷりなものに人気が有り、どの機器も掃除がしやすく、
その上、省エネ効果の有るシステムバスは、光熱費の削減にもなります。

水廻りリフォームは、家族のみんなが、毎日快適に暮らしていくための手段です。
お掃除がしやすく、快適、便利に暮らせるように、水廻りリフォームを行いましょう。

このページのトップヘ