リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:全面リフォーム

リフォーム費用

マンションのリフォームをする時期ですが、一般的に築年数によって変わってきます。

築10年以内のマンションのリフォームであれば、小規模なリフォームをする場合が多く、
20~30年となると、そろそろ水廻りの設備も古くなり、取り換え時期もきますから、
そこそこ大規模なリフォーム工事になることが多いです。


そこで、全面リフォームをするのであれば、
スケルトンリフォームで、骨組みだけにして、キッチン・浴室・洗面所・
トイレの4カ所の水廻りや、すべての部屋の壁紙や床材を張り替えたり、
ドアなどの建具も交換。


この際、間取りも変えてしまおうなどと考えると、400万円の予算ではむずかしく、
一般的な3LDKのマンションのスケルトンリフォームの相場は
800万円前後掛かります。


それでは、400万の費用であれば、どこまでのリフォームが可能でしょうか?
 
各部分別に金額を見てみましょう。

・システムキッチンの入れ替え:60~200万
・ユニットバス入れ替え:60~100万
・給湯器の入れ替え:20万
・洗面台の交換及びクロスと床材の張り替え:30万
・トイレ入れ替え:20~50万

水廻りの費用だけで、これくらいの予算は必要です。
 
しかしこの金額に幅があるのは、選ぶ設備の仕様やグレードでの大きな差があるからです。


また、リフォーム業者によっては、水廻り4点パックとしての、
お安い価格で提供をしているところも見受けられます。


まず見積もりをする段階でおおよその予算を伝えておくことも、
ひとつの方法です。


賢い選択をして、お得に400万円でリフォームが出来る様に、
信頼のおけるリフォーム業者選びをしてください。

マンション


長年住んでいたマンションを、新たに全面リフォームする場合や、
中古マンションを購入して、自由にスケルトンでリフォームする場合の基礎知識を、
ご紹介します。


まず、スケルトンリフォームとはどんなものでしょうか?
スケルトンリフォームとは、建物の構造以外を撤去して、家を造り直すことを言います。

通常のリフォームでは、給排水の配管を移動することは難しく、
キッチンなどの水廻りの移動ができません。

しかし、スケルトンリフォームで有れば、キッチンの移動も可能です。
壁つけキッチンから、対面やアイランドキッチンにもできますね。

スケルトンリフォームにすると、自由性が出来て、
自分の好きなように部屋内のデザインにすることができます。

もちろん大規模な間取り変更も可能です。
ただし、通常のマンションリフォームよりも費用は高くなることは承知しておきましょう。

マンションスケルトンリフォームをする場合の費用としては、
60㎡のお住まいで、500~800万円で相場となります。

新築マンションを購入するよりも、安いお値段でリフォームできる中古マンション購入に人気があるもの頷けます。
ただし、機器や設備材料のグレードでも価格に大きく差が出来てきます。

何度もリフォームをするわけにはいかないので、後で後悔の無いように、
慎重に計画を立てることが重要ですね。



スケルトンリフォーム NGポイント


住居を外壁や柱だけのスケルトンにして行うリフォームは、
中身を新しく作り直す全面リフォームです。

外観は新築時より見劣りするものの、中に入れば、
自分好みの空間が広がる魅力的な工事と成る、スケルトンリフォームですが、
工事を行う際に、制約があると言うことも心得ておきましょう。


例えば、マンションの場合は、所有者である人が持つ所有権がある専用部分のみの、
スケルトンリフォームになります。

制約のある個所としては、共有部分の廊下・玄関ドア・外壁や、
構造体の柱や梁などはリフォームができません。

廊下などのあるメーターボックスや、パイプスペースの移動ももちろんNGです。
既存のバルコニーをガラス張りのサンルームにすることもできません。

スケルトンリフォームを計画時に、各マンションごとに定められている管理規約などの内容を、
確認することをお薦めします。

また、戸建住宅の場合も建築基準法の基準を守らなくてはいけません。
例えば、建物には、耐力壁という壁があります。
これは、建物を支えているのですがこの耐力壁を壊したり、大きな窓を新設することはできません。

壁は住居を支える重要な役割を持っているので、むやみに壁を取り除いての間取り変更などはNGです。

戸建住宅の場合、建て替えならば、解体を機械で行い、新たに新築で立て直すことが出来ます。
しかし、スケルトンリフォームの場合、骨組みを残すので解体は機械ではなく手作業で行うことが多く、
建て替えよりも費用が掛かることも有るので注意してください。

できれば、見積もりを取る際に、建て替えの見積りも含めて相見積を取ると、
比較検討に役立ちますので、工事NGの内容も含めてリフォーム業者に相談しましょう。


リフォーム業者の選び方は重要なポイントになりますので、
コチラのページを参考にしてください。


⇒ リフォーム業界の3つの非常識 


 

a2509d74e80f82f67edd7302996c16a2_l


水廻りリフォームを計画した時に、どのくらいの予算を考えるべきなのか、
どの様に進めて行けば良いのか分かり辛いことが多いですね。

そんな水廻りリフォームを成功させるための考え方について、ご紹介したいと思います。

まず、水廻りリフォームを検討する時期ですが、
もちろん設備機器の故障などが起こった場合は、入替えが必要です。

しかし、別に故障している訳でもなく、年数が経って汚れやカビが目立ち始めたり、
設備が古くなり使い勝手が悪くなった場合なども、リフォームを計画したくなりますね。
リフォームは快適さが必要になった時に検討してみることが多いと言うことです。

機能と性能を高めることが水廻りリフォームをするときのポイントだと言えます。

では、どこをリフォームするかを考えたとき、全面リフォームすると相当高額な費用になります。
水廻りだけでも予算内に納めてリフォームがしたい場合の考え方ですが、
どこを最初にリフォームをするかと言う優先順位を付ける必要があります。

どの水廻り箇所が一番劣化が激しく、早急にリフォームをするべきなのかを、
見極めて、満足のできるリフォームをしたいものですね。

それには、信頼のおけるリフォーム業者と相談の上、費用を抑えながら予算の中で、
納得のいく水廻りリフォームを行うことが大切です。
 

このページのトップヘ