リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:共有部分

マンションリフォームで喜ぶ女性



マンションのリフォームを行う際に気を付けたいのが、
専有部分の確認です。

ご承知のように、マンションはひとつの建物を区切って、
多くの家族が住むように設計されているものです。

そのため、一戸建てのように好きなように好きな部分を、
自由にリフォームをすると言う訳にはいきません。

実は、マンションのリフォームは、「建物の区分所有等に関する法律」と言う、
法律に従い工事を行わなければイケません。

専有部分と共有部分に区別されているため、共有部分はリフォームできないことを、
心得ておきましょう。

では、ここでマンションリフォームで、できることを考えていきましょう。
また反対にできない部分についてもご紹介します。


・住居の内部
天井や壁・床材の張り替えはは自由にできます。
ただし、フローリング材は規制が有る場合もありますので注意が必要です。

水廻りの移動や交換は可能です。
壁の撤去ですが、建物の強度に関係のない壁の撤去です。


・玄関
玄関のドアですが、内部の塗装はできますが、ドアの交換や、外側の塗装はできません。

・窓サッシ
窓サッシの交換はできません。そのため断熱性能をあげるには、二重窓の設置がおススメです。

・ベランダ
避難の邪魔になるものを設置するのは禁止です。また、ベランダの構造を変更することも許されていません。

以上のように、マンションリフォームには、規制があります。
各、マンションの管理組合で規制をチェックしておくようにしましょう。


マンション フルリフォーム


マンションをリフォームする場合は、
配管の位置を変更できないなどの構造上の成約があります。

その為、大きく間取り変更はできませんが、スケルトンでフルリフォームをする場合は、
既存の間取りを気にせずに、変更が可能になります。

一旦、骨組みのみにするフルリフォームでは、内装をすべて新たに作り直すのですから、
新築同様の仕上がりになります。

ただし、玄関のドアや窓のサッシなどは、共有部分になるため、
自由にフルリフォームできないことは、覚えておきましょう。

購入するマンションによっては、使用する床材の基準が決まっている場合もあります。
確認後に床材を選ぶようにしましょう。


では、そのマンションフルリフォームをする場合の費用はいくらくらい掛かるのでしょうか?
目安としては、100~600万ですが、通常のものであれば、約300~400万で出来る言われています。
選ぶ設備品のグレードによっては、これ以上になる場合もあります。

せっかくフルリフォームをするのですから、思い切って良い設備や建具などを使用して、
フルリフォームをしたいと言う思いは理解できますが、
あらかじめ考えていた予算を、できるだけオーバーしないようしたいものですね。

費用も大きく、工事も大掛かりなものになるフルリフォームをする場合は、
納得できるまで相談のできる信頼できる業者を選ぶことが大切です。
業者えらびは慎重にするようにしましょう。


このページのトップヘ