リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:合理的

木造骨組み


築40年のお住まいをリフォームをする場合、もっとも必要なのは、
耐震補強工事と断熱リフォームです。

しっかりと耐震補強をし地震が来ても安心なお住まいにし、
夏涼しく冬暖かいお住まいを目指して、断熱改修工事も行います。

もちろん、水まわりも、設備を最新のものに一新することで、
家ごと性能を高めることが出来て、大変快適なお住まいへとリフォームすることが出来ます。

・耐震リフォーム

現行の耐震基準に満たない場合、構造を補強するリフォームが必要です。
適切な耐震リフォームを行うためには、耐震診断を実施し、改修内容を決めることが必要です。

・断熱リフォーム

断熱リフォームを行うには、柱や梁だけを残してリフォームをする方法と、
外側に断熱材を追加する方法があります。

また、断熱性能の高い、複層ガラスの窓に取り替えるか、または二重窓の設置なども効果的です。

また、築40年も経つお家ですと、これからのことも考えてバリアフリーのリフォームもしておくことを、
おススメしたいです。
段差を失くす、階段の勾配を緩やかにする、手すりを取り付けるなど、
安全なお住まいにしておく必要があります。


耐震・断熱・バリアフリーのリフォームをする場合は、
単独で考えるよりも、一緒に工事をする方が合理的に施工できます。

是非、築40年リフォームを考えるときには、住宅の性能を向上させるリフォームを、計画して、
過ごしやすいお住まいに生まれ変わらせてください。

耐震補強工事 オススメ


耐震補強を工事をする場合、壁をはがしたり壊すと言う作業が必要です。
部分的であっても、壊して耐震補強を行えば、また元の状態に戻すと言う復旧工事をします。

復旧後の見栄えなども気になるところですね。
そこで、耐震補強工事を行うときに、別のリフォーム工事も同時に行うと、
手間も、費用も無駄を省くことが出来て合理的ですね。

たとえば、バリアフリー工事を同時に行う場合、
耐震補強工事である壁補強は、バリアフリーの手すりや、
家具転倒防止の金具を取り付けるための下地となります。

また床を補強する耐震補強の時には、バリアフリー工事あたる、
床の段差解消工事と同時することができます。

また、水廻りリフォームや間取りの改修なども、
耐震補強工事をと同時に行うと合理的です。

水廻りや間取り替えなどは、必然的に配管や配線などが絡む工事です。
費用との相談もありますが、キッチン・浴室・トイレ・洗面所のリフォームを、
一度に済ませることで割安にもなります。

水廻りや間取り改修のリフォーム工事を施工中に、
腐朽たり劣化した基礎などの部分を取り替えたり、白アリの駆除処理や、
耐震に影響ある間仕切り壁の改修も同時に行うと良いでしょう。

そして外装面の耐震改修工事と言えば、屋根材を軽くしたり、外壁を補強したりの工事ですが、
屋根の葺き替え工事では、断熱性を向上することができますし、
屋根工事で足場を掛けることが多いので、外壁塗装や補修などを同時に行うと良いでしょう。


このように、耐震補強工事を合理的に利用して、日頃気になっているお住まいのリフォーム工事を、
同時に行う方法を計画してみることをおススメします。

 

このページのトップヘ