リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:問題点

窓

お住まいの窓をリフォームするとき、換気の問題や、採光の問題、
そして外観の問題などを考えて計画を進めることが大切です。

とくに、窓を大きくする場合ですが、柱を取外し、上部に梁を設けるなどの
工事になりますが、かなり難しい作業となります。

リフォームの際に増設できる窓の幅は、柱と柱の間の幅、1700mm以下となり、
これを間違えると、建物自体が歪んでしまうこともあります。

窓を大きくする場所の横にある柱が建物を支える骨格となる柱であれば、
抜いたりすることはできませんし、耐力壁である場合も、
耐力壁を壊すことはできません。

どうしても、窓を大きくする場合は、別の場所に柱や耐力壁を
別の場所に増やす必要が出てきます。
 
家全体の耐震性にも関わる工事となりますので、工事期間も長期化し、
工事費用も大きくなることを、心得ておきましょう。

その他、窓を大きくする工事を行う場合は、外壁の一部も撤去します。
 
窓枠ぎりぎりのところでの撤去工事はむずかしく、どうしても少し大きめの撤去となり、
新しい窓枠と古い外壁の間に、新しい外壁を張ることになり、
見た目が気になりますね。

そこで、外壁全体も新しくするとなると、工事費用がかさみます。
 
建物の重要な部分である柱や耐力壁をリフォーム工事をする場合、
建築確認申請も必要となりますので、注意しましょう。

窓を大きくする工事は簡単には進まないと言うことです。
 
 
そこで、考えられるのが、今ある窓サッシの上にランマ窓を作る方法です。
 
ランマ窓を作ることで、お部屋も明るくなり、換気も十分にできるようになりますね。


また、反対に窓を小さくする工事では、柱や梁、耐力壁をさわることがありませんので、
工事をすることでの問題点はありません。



4c97ec41b5a08e6ba5dfa7001837b23a_s


浴室のリフォーム期間中は、お風呂に入ることができないために、
どれくらいの期間が掛かるのかが気になりますね。

リフォームの工期とは、どのくらい掛かるものなのでしょうか?
また工期が延びると、日常生活に影響が出ますので、なるべく工期が遅れないように
注意して進めなければいけません。

まずは、契約前に工期に関する説明を受けるようにしておくことも大切です。
出来れば、事前に工事予定表の提出を依頼しておくと良いでしょう。

もちろん、リフォームが始まってから問題点が見つかる場合も有りますので、
少し余裕を持って工期を予定しておくことをお薦めします。

浴室には、タイル張り在来工法やユニットバスがあり、その内容によっても
工期は違ってきます。

例えば、マンションやアパートなどのユニットバスをリフォームで新しく交換する場合は、
平均3~4日間の工期です。しかしミスト機能つきなどの特殊な機能などを取りつける場合は、
もう少し工期が延びます。予め確認が必要ですね。

また戸建のお家のタイル張り在来浴室からユニットバスにリフォームする場合は、
土間の基礎工事をするため、時間が掛かります。

一般的に4~7日間の工期を考えておきましょう。
ただし、浴室の様な水廻りは、工事を始めてみたら当初の考えていたものより、
傷んでいたなどと言うこともよくあります。

その場合の工期の延長も必要となりますので、近くの銭湯などを探しておくなどの方法を考えておきましょう。

事前の打ち合わせをしっかりとして、リフォーム工事を進めてもらえるようにしておくと
安心してリフォーム工事を任せることができます。
 

このページのトップヘ