リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:固定資産税

耐震補強工事


地震に備えて木造住宅を耐震補強工事をする場合、まず耐震診断を受けて、
補強の必要あるのか、補強に必要な場所を明らかにすることが大切です。

尚、耐震診断や耐震リフォームをする場合、自治体で費用の一部を助成しているところもあります。
まずは、役所などの問い合わせて確認をしてください。
また一定の条件を満たせば、税金の控除もされます。

所得税や固定資産税の控除ですが、こちらも所得税は税務署、
固定資産税は市町村役場にお問合せ下さい。


1981年以前に建てられた住居は耐震基準が古く、現在より耐震性能が劣る住居もあります。
耐震診断を行い、現状を把握して耐震補強などのリフォームを行う様にしましょう。

耐震診断は、専門の耐震診断を得意とする業者に依頼するのも良いですし、
自治体によっては、専門の診断士を派遣してくれる場合もあります。
まずは相談してみてください。

木造住宅の耐震診断で必要な一般的な費用は、約5~20万で行われます。
住居の設計図面があれば、作業がスムーズに行われます。

一般的な耐震補強工事をご紹介しましょう。

・耐震金物の取付
・壁の補強
・耐震パネルの取付
・屋根の軽量化

などが、あります。
鉄骨に比べて、木造住宅は弱いとお考えの方も多いと思いますが、
的確な耐震補強工事をすることで、木造住宅も優れた耐震性能を持つことが出来ます。

是非、お住まいの耐震についてお考えください。

古民家リノベーション メリット


日本の住まいの良さを味わえる古民家を再生して、現代の良さを取入れて暮らすと言う、
古民家のリノベーションが、注目を集めています。

先祖代々から受け継いだ家や、中にはわざわざリノベーションができる古民家を探してまで、
住居として機能を高める古民家リノベーションをすることのメリットとは、どんなことでしょうか?


では、メリットをご紹介しましょう。


1.古民家の材料は強度が良い

古い建物である古民家は、古いから強度対策を行うことを心配しますが、
実は、古民家の柱や梁はヒノキやケヤキは、樹齢100年でも強度が弱まりません。

弱まるどころか、ヒノキは伐採されてから100年後が最も強度が高くなり、
その後200~300年は強度が維持されます。
強度が落ちだすのは、1200年ほどからだと言うのには驚かされますね。

その為、現代では希少価値も高く入手が困難とも言われています。


2.固定資産税の軽減ができる

固定資産税は、築後年数により税額が決定します。
その為、新築を建てるよりも税金を減額できると言うメリットが有ります。

ただし、古民家を増築する場合は、評価の見直しが行われるので注意が必要となります。
古民家の有る自治体に相談又問い合わせるようにしましょう。


3.古民家独自のデザインができる

日本の木造建築が持つ懐かしさや温もりなど、伝統的な良さを生かしつつ、
リノベーションにより、現代の機能性を取入れて、独自のデザインを楽しむことが出来る。


もし中古住宅を購入考えている場合、昔ながらの古民家の雰囲気を壊さず、
現代の機能性をプラスすることで、おもむきのある住まいに変身できる古民家リノベーションを、
検討してみるのも良いのではないでしょうか。


フルリフォーム メリット デメリット


今お住まいのお家が、古くなり使い勝手も悪くなってきた場合に、
建て替えを考えますか?

建て替えをする場合は、建物をすべて解体し基礎の土台から作り変えます。
その為、お住まいの不満はほとんど解決することができます。

ただ、そのお住まいへの愛着などが有る場合、
建て替えよりもフルリフォームを選ばれる方が、良い場合も有ります。


そこで、ここではフルリフォームと建て替えのメリットとデメリットを比較してみましょう。


・工事にかかる期間
もちろん、基礎の土台から作り変える建て替えの方が工事期間が掛かります。
そこで、工事期間が短いフルリフォームにメリットがあります。


・工事にかかる費用
使用する設備や建具など材料により金額が変わるのは、
フルリフォームも建て替えも同じです。

建て替えには固定資産税や登録免許税など、各種税金が掛かりますが、
フルリフォームの場合は、各種税金が軽減できると言うメリットがあります。

しかし、フルリフォームには、工事に入ってから見つかるもので、
費用が掛かるものがあります。

その一例としては白蟻の被害です。被害の重さにもよりますが、
駆除の費用や補修費用が、余分に掛かってくることもあります。

白蟻被害で柱が腐っているなどの場合は、建て替えを選択される方が安心安全です。


・安心度
新しく建て替えをするのですから、構造上に問題はなく安心ですね。
フルリフォームの場合は、耐震などの構造補強の費用が掛かりますので、建て替えにメリットがあります。


どちらを選ぶかは、お住まいの現状の様子や、ご家庭の事情もあると思います。
最終的に決めてになるのは、如何に暮らしやすく安全な住まいに出来るかではないでしょうか?


このページのトップヘ