フローリングとソファ


在来木造住宅の床は、根太(ねだ)工法で施工をされていることが多く、
表面の床材を支える下地材。その下地材を支える根太。
そして根太を支えるために大引きと言う順序で、床を支えています。

長い年月の間には、地震や建物そのものの重みで、水平で失くなっているが多くあります。
また床下は大変湿気が多く、これも長い年月の間に部材が腐ってきたり、
白アリに食害にあっていたりします。

そのため、畳からフローリングにするケースなどのときは、床下の部材を部分的に交換することもあり、
その交換分、別途費用が嵩むこともあります。


下地の調整をしないで、フローリングを施工してしまうと、床がきしんだり、沈んだりと、
思わぬトラブルに繋がります。

また隣室や廊下との段差が生じる場合がありますので、充分注意が必要です。


畳からフローリングへのリフォーム工事をする場合も、業者で相見積もりを取り、
一番安い業者に依頼したはずが、下地の傷みが見つかり、追加工事費を請求されて、
結局は他の業者より高くなってしまった等の失敗例も多くあります。

リフォーム工事の場合、見積もり時点では予測不能なことがあるのは、確かです。
キッチンや浴室なども、既存の設備を撤去したら、下地材のやり直しが必要であったなど、
致し方ないことも多いです。


見積り前の現地調査をしっかり行ってくれる業者を選ぶこと、失敗しないリフォームに繋がります。
特に畳からフローリングへの張替えの場合は、下地までしっかりと確認して見積もりをしてもらうことを、
おススメします。


床をリフォームする業者 を選ぶポイントとして、一番重要なのは、地元の業者を選ぶという事です。

業者によって得意な分野が違ったりすることもあるので、こちらの業者の選び方を参考に業者を選ぶようにしてください。


⇒ リフォーム業界の3つの非常識