リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:家族

子供の足


築40年の建物のリフォームを考えた場合、まずは建物の現状を把握し、
その寿命を延ばすための施工が必要です。

ご家族と一緒に築40年の年月を過ごしてきたお住まいです。
快適に暮らせるように住宅の性能を高めて、
また、これからも、ご家族の生活を見守ってもらいましょう。


さてここでは、建物の性能を高める為の工事内容をご紹介します。

1.耐震性能を高めよう!
何と言っても、大事なのが耐震性能です。
建築士による耐震診断を受けて、現状を把握しましょう。
耐震診断の結果に基づき、基礎の補強な場合や、壁下地や床下地の補強工事を行います。

2.屋根を軽量化しよう!
できれば、屋根の軽量な素材に葺き替えることで、
重量が軽くなり、建物への負担が少なくなります。
屋根を軽量化することで、地震などの災害対策にもなりますね。

3.外壁の防水性を高めよう!
建物を守る一番大切なことは、建物内部に水を浸入させないことにです。
防水施工をしっかりと行い建物を守りましょう。

4.設備の配管も見てみよう!
築40年経つと経年劣化をしています。
新しくやりかえる必要があるかもしれません。

5.ベランダの耐久は大丈夫?
ベランダも築40年経つと劣化していて危険な場合もあります。
できれば、交換も考えてみましょう。

6.床下の除湿はできてる?
湿気が高くなりがちな、床下を一度見てもらうと良いでしょう。
湿気対策が必要な場合や、白蟻駆除が必要な場合もありますよ。

7.断熱性能を上げよう!
住まいに断熱材が入っていないお家の場合、
気密・断熱性能を上げる為にも、断熱材の施工をしましょう。

8.窓をペアガラスや二重窓にしてみよう!
複層ガラスに変えることで、断熱効果が上がります。
窓の性能を上げることで、外気からの影響を少なくできます。
二重窓の設置も、断熱効果や結露防止効果があり、性能を上げる方法の一つです。

以上、お住まいの寿命を延ばすリフォームをまとめてみました。
是非、信頼のおける専門家に相談し、築40年のお住まいをリフォームすることをお薦めします。

a00fcd33bf9d7a34a20ae17a24a03532_s


一般的に水廻りをリフォームしようと思う時期とは、いつ頃が多いでしょうか?
設備機器が故障したとき、古びて使い勝手が悪くなった、それとも家族の人数に変化が有ったときでしょうか?

水廻りリフォームの時期とは、早すぎてもせっかく使える設備機器を無駄にするわけですし、
遅すぎると、設備機器が完全に壊れていて、生活に支障が出たり、
費用の面で高いリフォーム代が掛かってしまうと言った場合もあります。

丁度良いタイミングを逃さずにリフォームをするには、遅すぎるよりも少し早めくらいと言う考え方で、
時期を見てみましょう。

キッチンリフォームの時期と言えば、設備機器は使おうと思えば使えているけれど、
油汚れも落ちなくなり、機能的にも不便さを感じだしたころではないでしょうか?

また浴室もカビが目立つようになると、お掃除も大変で、リフォームで新しくしたいと考えだします。
キッチンや浴室の設備機器の寿命的に見ても、約15年くらいが目安だと言われています。

最新の水廻り設備は、大変便利な機能が付いています。
収納力のたっぷりなものに人気が有り、どの機器も掃除がしやすく、
その上、省エネ効果の有るシステムバスは、光熱費の削減にもなります。

水廻りリフォームは、家族のみんなが、毎日快適に暮らしていくための手段です。
お掃除がしやすく、快適、便利に暮らせるように、水廻りリフォームを行いましょう。

このページのトップヘ