リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:寿命

トイレはコチラ


トイレにも寿命があることはご存知ですか?

便器は陶器製のため、寿命などないわと思われる方もおられますが、
一日に何度も使用するトイレは、便器の裏に、石灰化した尿石がごびりついていたり、
汚れがついて変色している場合もあります。

尿石がたまってくると、お掃除で取り除くことが出来にくくなり、臭いの原因にもなります。
また、尿石が溜まると排水の流れも悪くなり、排水管が詰まりやすくなる場合もあります。

これは、和式トイレ、洋式トイレに関わらずに起こりうることです。
そうなる前に、便器の交換を検討する必要があります。

最新式の洋式トイレには、汚れも付きにくく、節水効果もある便器が増えています。
和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合も、
この様な最新洋式トイレを取り入れることで、毎日のトイレ掃除などお手入れがとても楽になります。

また、節水型の洋式トイレでは、トイレの水量が少なくて済み、
水道代の節約ができるものが増えています。

10年以上前のトイレでは、1回流すたびに約13Lもの水を流していましたが、
最近のトイレでは、小で約3.5L、大で約4Lと大変節水となっています。

これは、節水タイプに入れ替える価値があると言うことですね。

その他、タンクが無いタンクレスで、トイレを広く使える型式のものや、
全自動洗浄などの多機能なタイプの洋式トイレも多くあります。

多機能になるほど、高額になりますが、
水道代の比較を見ると、長い使用期間では、
節水型を選ぶ方がお得になることもあるのではないでしょうか?


a00fcd33bf9d7a34a20ae17a24a03532_s


一般的に水廻りをリフォームしようと思う時期とは、いつ頃が多いでしょうか?
設備機器が故障したとき、古びて使い勝手が悪くなった、それとも家族の人数に変化が有ったときでしょうか?

水廻りリフォームの時期とは、早すぎてもせっかく使える設備機器を無駄にするわけですし、
遅すぎると、設備機器が完全に壊れていて、生活に支障が出たり、
費用の面で高いリフォーム代が掛かってしまうと言った場合もあります。

丁度良いタイミングを逃さずにリフォームをするには、遅すぎるよりも少し早めくらいと言う考え方で、
時期を見てみましょう。

キッチンリフォームの時期と言えば、設備機器は使おうと思えば使えているけれど、
油汚れも落ちなくなり、機能的にも不便さを感じだしたころではないでしょうか?

また浴室もカビが目立つようになると、お掃除も大変で、リフォームで新しくしたいと考えだします。
キッチンや浴室の設備機器の寿命的に見ても、約15年くらいが目安だと言われています。

最新の水廻り設備は、大変便利な機能が付いています。
収納力のたっぷりなものに人気が有り、どの機器も掃除がしやすく、
その上、省エネ効果の有るシステムバスは、光熱費の削減にもなります。

水廻りリフォームは、家族のみんなが、毎日快適に暮らしていくための手段です。
お掃除がしやすく、快適、便利に暮らせるように、水廻りリフォームを行いましょう。

このページのトップヘ