リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:床下

内装リフォーム


今お住まいのお家が、地震に耐えられるのかと悩みをお持ちの方は多いと思います。
まして、築40年となると、地震に対する備えを、建物自身が持っているのかも気になるところです。

今後の事も考えて耐震リフォームをする場合の工事の進め方や内容をご紹介したいと思います。

先ずは、耐震診断を受けてみることが一番です。
耐震診断は、実際に家や基礎部分を見るのですが、設計図面があると診断期間が短くなります。

診断費用ですが、約15~25万ですが、この場合の診断は床下や天井裏などを目視で調査をします。
自治体で補助金が出る場合もありますので、各自治体に問い合わせてみましょう。

耐震リフォームが必要な場合の工事の内容としては、

・梁や土台の間に筋違いを入れます。
・構造用合板を入れて壁の補強を行います。
・開口部を減らして壁面を増やします。
・柱や梁に白蟻の被害が有る場合は、その部分を入れ替えます。
・屋根部分を軽量化します。

以上の工事を行うことが多いです。

スケルトンリフォーム費用


スケルトンリフォームをする場合、一番気になるのは、
何と言っても、費用がどれくらい掛かるのかと言うことではないでしょうか?

スケルトンリフォームは、壁・天井・床や、設備などを全て取り払って、新しいものを入れるので、
費用はそれなりに掛かってきます。

掛かる費用はお部屋の広さや間取りで変わります。
また使用する設備や部材などのグレードによっても大きく変わります。

たとえばギリギリ予算を抑えても、60㎡のお住まいで700万くらいの費用が目安となります。
一般の水廻りリフォームでも、既存の設備を撤去して床下開けてみたら、補修箇所などが見つかり、
工事費用が上がったなどと言うことも、実際にあります。

スケルトンリフォームになると、それ以上に思いもよらない費用が掛かる場合もあります。
まして、基礎部分の補修などをしなければならない場合は、
費用を抑え過ぎると、かえって損をする場合もあります。

むやみな値引き交渉で、工事自体の質が落ちることは避けたいものですね。

スケルトンリフォームでは、見えないところの改善も出てくると言うことを心得て置き、
最初の見積金額より、ある程度予算を多く考えておく必要が有りますので、
充分注意をしましょう!

最初の計画のクオリティを下げずに、工事価格を抑えるには、
必要のない無駄な工事は出来るだけ減らすこと。
業者のアドバイスをしっかりと聞き、効率の良い工法を選択すると、
費用を抑えることができます。

費用の面でも、工事作業の面でも、かなり大きな工事になるスケルトンリフォーム工事です。
是非、信頼できるリフォーム業者選びを間違えないように注意しましょう!

信頼できる業者選びの参考のページはコチラをご覧ください。


⇒ リフォーム業界の3つの非常識 

 

このページのトップヘ