リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:建築基準法

古い民家


再建築不可の建物とは、どのような建物のことを言うのでしょうか?
おおむね、この再建築不可の建物は築年数が古い物件が多いのですが、
建築基準法の接道義務を満たしていない建物のことを言います。

この接道義務とは、土地に接している道が4m以上あって、
なおかつ2m以上接している必要があるのですが、住宅などの密集地域には、
そのような物件が多くあります。

建て替えができないとなると、リフォームや修繕をして活用して行く方法しかありません。
しかし、リフォームと言っても、この再建築不可の建物は、
基本的に増築や改築は認められませんので、間取りや広さの変更をしないフルリフォームで、
新築同様にすることなどを考えましょう。

尚、この再建築不可の建物は、接道している道が狭く、資材の搬入などや、足場を設置することが、
むずかしい場合が多く、フルリフォームする場合は、
相場よりも高くなると考えておくとようにしましょう。

業者によっては、このような再建築不可の建物をリフォームすることに難色を示す場合があります。
複数の業者から見積もりを取り、事情を理解してくれる業者を選ぶようにしましょう。

ただし、見積もり時にはわからない場所での劣化や腐食など、補修が必要な場所が、
後から見つかることも多く、工事代金の追加が発生することが多いと心得ておきましょう。

建て替えた方が、断然安いの建て替えることが出来ないのが、
この再建築不可物件です。


車庫リフォームの注意点


戸建てのお住まいにおける車庫を新たに作る場合ですが、
まず駐車スペースを確保しなければいけません。

屋根を設けずにスペースだけを確保するオープンタイプの車庫は、
建ぺい率などの規制を受けずに、リフォーム工事ができます。

敷地さえあれば、車庫リフォーム工事は簡単にできます。
できれば、防犯のために、ゲートや跳ね上げ門扉や伸縮門扉を設けると良いでしょう。

また独立型やビルトインガレージ車庫は、車の保護に適していますし、
防犯面に非常に優れています。

ただし、建築基準法の対象になる場合もありますので、
施工業者に確認をしてから、工事をすすめて行きましょう。


どのタイプの車庫にする場合も、玄関から近い所に作ることが大切です。
玄関から離れていると使い勝手が悪くなるので注意しましょう。

その他の注意点としては、前面道路からの出入りのしやすさや安全面を考量して、
設置しなければいけません。


車庫の床の仕上げですが、コンクリートのままでも良いですが、
車が出た後の、デザイン性を考えると、タイル張りやインターロッキングにすると
お洒落な仕上がりになります。

インターロッキングは、舗装に用いるコンクリートのブロックで、
雨水が地面にしみ込み易い特徴を持ちます。

また芝生張りしておくのも良いのですが、雑草などの処理に手間が掛かりますので注意しましょう。

車庫リフォームは、できれば法規制などに詳しい、エクステリア専門の業者に相談することをおススメします。


自分の地域で法規制に詳しいエクステリア業者やリフォーム業者を見つけるためには
絶対に外せないポイントがあるので、これだけはチェックしておくようにしてください。


⇒ リフォーム業界3つの非常識 

 

このページのトップヘ