リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:成功

リノベーション メリット デメリット


リノベーションは、既存の戸建て住宅を大規模に改装し、性能を向上することで、
建物の価値を高めることができると注目を集めています。

しかし、本当にリノベーションをすることは、メリットばかりの良いこと尽くめなのでしょうか?

リノベーションのデメリットもしっかりと理解した上で、
計画を進めることが、成功させる為に必要であると考えます。

そこで、リノベーションのメリットとデメリットをご紹介でしてみたいと思います。


■リノベーションのメリット

・住む人に合わせて住まいを変化させる。
そもそもリノベーションとは、自分の住まいに対してイメージを実現させるものです。
自分の好みや家族の生活に合わせて住まいを変化させることが出来ると言うメリット

・新築を建てるより安いコストで済む
同じ条件で、新築を購入する場合と中古戸建て住宅を購入してリノベーションをした場合の費用を比較すると、
中古住宅を購入する方が20~30%安く済むことがあります。

購入する中古住宅の価格にもよりますが、新築よりも安い費用で購入できる中古戸建て住宅で、
思いのままにリノベーションして、理想の住まいを手に入れることができます。

・物件購入の選択枠が広がる
都心部に居住エリアを求めると、新築物件のみを探していると物件数も少なく、
希望条件を妥協して購入すると言う事も起こります。

中古住宅でリノベーションをすることを選択枠に入れると、選択枠が広がりますね。
その上、コストが安く済むのならそれに越したことはありませんね。


■リノベーションのデメリット

・購入した戸建ての築年数による不安
中古の戸建て住宅を購入する場合に、築年数を注意しなければいけません。
現在の法律の耐震基準を満たしていな場合、耐震改修にたくさんの費用が掛かります。
コストを抑えるはずの中古購入のメリットが活かせなくなりますね。

・リノベーション工事に時間を要する
中古の戸建て住宅を購入して、理想の住まいにする為には、
リノベーション工事の時間が必要です。強いこだわりなどがあると完成までの時間が長く掛かりますね。

・その他費用が掛かる
リノベーション工事をしている間の生活する場所が必要です。
その為、工事期間中のお住まいの家賃などを払うことも資金計画に入れておく必要があります。


以上、メリットとデメリットを上げてみました。
是非参考にして頂き、理想のお住まいにするリノベーションを計画してみてください。


a2509d74e80f82f67edd7302996c16a2_l


水廻りリフォームを計画した時に、どのくらいの予算を考えるべきなのか、
どの様に進めて行けば良いのか分かり辛いことが多いですね。

そんな水廻りリフォームを成功させるための考え方について、ご紹介したいと思います。

まず、水廻りリフォームを検討する時期ですが、
もちろん設備機器の故障などが起こった場合は、入替えが必要です。

しかし、別に故障している訳でもなく、年数が経って汚れやカビが目立ち始めたり、
設備が古くなり使い勝手が悪くなった場合なども、リフォームを計画したくなりますね。
リフォームは快適さが必要になった時に検討してみることが多いと言うことです。

機能と性能を高めることが水廻りリフォームをするときのポイントだと言えます。

では、どこをリフォームするかを考えたとき、全面リフォームすると相当高額な費用になります。
水廻りだけでも予算内に納めてリフォームがしたい場合の考え方ですが、
どこを最初にリフォームをするかと言う優先順位を付ける必要があります。

どの水廻り箇所が一番劣化が激しく、早急にリフォームをするべきなのかを、
見極めて、満足のできるリフォームをしたいものですね。

それには、信頼のおけるリフォーム業者と相談の上、費用を抑えながら予算の中で、
納得のいく水廻りリフォームを行うことが大切です。
 

このページのトップヘ